ウインターシーズン真っ盛り?(3/28)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

26日の夜半から降り出した雪は27日丸一日降り続き、今日の午前中は青空が広がったものの午後にはまた雪となりました。

スノーシューシーズン真っ盛りです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂も雪に覆われて、スノーシューでないと楽しめないくらいの新雪フィールドが広がっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コハダも新雪を楽しんで?いました。

コハダとスノーシューハイク
#マナスル山荘本館

マナスル山荘本館さんの投稿 2017年3月28日

今週平日は水源の水量が乏しくてやむを得なく休館にしていますが、スノーシューがまだまだ楽しめる入笠山、お出かけの際はスノーシューをお忘れなく。

大阿原湿原から八ヶ岳ビューポイント間はGWに合わせて道路の除雪が始まっています。除雪車のそばを歩く際は運転手に自分の存在をアピールしてから運転手の合図に従って通行してください。

明日は買い出しと洗濯に出かけて留守になります。ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません。

グリーンシーズンの予約始まってます(3/23)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日も気温が上がらず、水源の水量も乏しいまま。明日のランチも休館にして週末に備えたいと思いますので悪しからずご了承ください。

まだまだ雪はいい感じで積もってます

今日のお散歩
#マナスル山荘本館

マナスル山荘本館さんの投稿 2017年3月23日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は休館をいいことに、誰も足を踏み入れていない大阿原湿原に出かけようとスノーシューを装着。コハダをおともに歩き出しましたが、10分もしないところでスマホを雪の中に落としてしまいました。捜索に難儀し大阿原湿原はあきらめて山荘でたまった仕事に手を付けました。コハダはあきれて先に帰っていましたが。

いよいよウィンターシーズンもあと2週間ちょっと、4月9日が最終日です。グリーンシーズンは4月29日からグリーンシーズンの営業スタート。富士見パノラマのゴンドラも同じ日からグリーンシーズンの運行が始まります。

グリーンシーズンの準備も始めなくてはいけない時期ですが、とりあえずウェブサイトの予約フォームを8月までアップしました。すでに満室の日もあります、休館日もありますのでどうぞご確認のうえご宿泊の計画をご検討ください。

グリーンシーズンもイベントをいろいろ予定しています。年間行事は今月中にはご案内したいと思いますのでお楽しみに。

グリーンシーズンからワンちゃんと一緒に泊まれるプランもスタートします。室内犬であればお部屋で一緒にお泊りいただけます。こちらも詳細は近日中にご案内いたします。

ウェブサイトの予約フォームのアップされていない9月〜12月のご予約お問い合わせも増えてきています。クリスマスフェスタ(12/23予定)や大晦日のご予約はすでに入り始めています!

ランチのメニューも一部改変し、入笠山を楽しみに登ってくる皆様が満足いただける料理をご提供いたします。もちろんビーフシチューは今まで通りの味と価格で頑張って販売いたします。

冒頭のお話に戻りますが、雪に落としたスマホはなかなか見つかりません。どのように探したかというと・・・ハンズフリーのヘッドセットを装着していたので

  1. 歩いていてヘッドセットの接続が切れた音声通知でスマホを落したことが発覚
  2. 足跡を戻りながらヘッドセットの接続が再開された場所にスノーシューを一足設置
  3. そのまま戻り再び接続が切れた場所にもう一足のスノーシューを設置
  4. その間に落としている可能性が高いので雪を掘り探す

という手順で無事に発見されました。

冬はスマホや保温ボトルを落す方が多く、山荘にもたくさん問い合わせがきますが本人のものであるという確認ができないとお返しできません。ポットはデザインが同じものが多いのでモデルやカラーだけでは本人確認できませんし、スマホも勝手に個人情報を見るわけにいかないので本人確認に苦労します。ストックも落とし物や忘れ物が多いアイテムでこれもなかなか本人確認ができません。

どうか自分のものには名前やサインなどの目印をつけてください。ザックのサイドポケットに入っているものは思っている以上に歩行中に落としやすいので十分注意してください。

3月になってやっと2日連続でブログの更新ができました。

3月の連休も賑やかでした(3/22)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

昨日は一日雪が降り続いて・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

誰も踏んでないきれいな新雪が残っています。

3月のブログはこれで3回目の更新。ほんとにほんとに回数が少なくて申し訳ありませんでした。忙しいのは理由にしたくなかったのですが・・・こんなに回数が少なくては言い訳のしようがありありません。

その代わりと言っては心苦しいのですが、フェイスブックやインスタグラムで入笠山のリアルタイムの情報をアップしていますのでどうぞご覧ください。

重いけどたくさん積もりました。誰も踏んでない新雪がたっぷり楽しめます。
#マナスル山荘本館

マナスル山荘本館さんの投稿 2017年3月21日

おかげさまで、3月の連休は宿泊もランチもたくさんのお客様に山荘をご利用くださいました。絶品ビーフシチューも100食仕込んだのにご宿泊のお客様のご予約で連休中はほぼ売り切れ。優先してご宿泊のお客様にご提供していますのでビーフシチューご希望の方はどうぞご宿泊くださいませ(笑)。

3月18日はウニの命日でした。

先代の墓参り
#マナスル山荘本館

マナスル山荘本館さんの投稿 2017年3月17日

コハダと一緒に墓参りをしてきました。

連休中の18日にはジャズライブのイベントもありました。

先日のジャズナイトの一曲。
“死んだ男の残したものは”
YouTube でも見られます‼️

https://www.youtube.com/watch?v=d8SIo5j3hi0&feature=youtu.be

マナスル山荘本館さんの投稿 2017年3月21日

山荘の女将見習い・飯倉聖子さんもセッションに加わりとっても楽しいイベントでした。山荘で聖子さんを見かけたら『歌のお姉さん』と声をかけてくださいね。

スノーシューLITE ハイクも春の雪質になったもののまだまだ楽しめました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3連休は何とか水源の水を集めて営業に間に合わせることができました。今週平日はまた週末に向けて水源の水を貯水槽にためているところです。雪解け水が山にしみこみ水量が増す時期なのに・・・先週までの冷え込みが例年になく厳しかったということですね。今週平日はランチをお休みしますが、水量が回復次第再開しますのでよろしくお願いします。週末に間に合うようにビーフシチューも仕込みます。

この冬のシーズンは4月8日の宿泊と4月9日のランチで締めくくります。グリーンシーズンの営業再開は4月29日から。グリーンシーズンの宿泊ご予約も受け付けていますのでどうぞご連絡ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

では最後に、今日新雪のルート付けのラッセルを頑張ったコハダのサービスショット。

冬ですからいろいろあります(3/12)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

3月になりブログの更新回数がめっきり減ってしまってごめんなさい。これにはいろいろ理由がありまして・・・。

この冬は雪降りの日も多く、三月になっても冬山らしい入笠山を楽しめます。おかげさまで、宿泊・ランチにご利用されるお客様も増えました。ビーフシチューも毎週売り切れてしまう人気メニューになりました。本当にありがとうございます。

そのために、いろいろ足りなくなってしまったものもあります。ビーフシチューの仕込み回数が増えたせいかプロパンガスが足りなくなり、運搬車の『まさお』を導入して雪道を運び上げました。

50kgボンベは1本約100kg、さすがに歩荷は無理ですね。

これが3月第一週、他にもお米、生ビール、食用油、灯油・・・食材もいろいろ足りなくなって歩荷と『運搬車のまさお』のフル稼働です。毎日のように荷揚げをしています。

さらにここ数日の真冬並みの冷え込みで水源の水量が乏しい状況に。例年なら気温が上がって水量が増える時期ですが、これは計算外。ご迷惑をおかけしまして誠に相済みません。一日に何度も水源の確認に行き、少ない水を確保しながら営業しています。

また、屋根の雪が日中融けて夜明け前に凍るということをこの時期繰り返すので、軒先の成長した氷をたびたび屋根に上がって砕くという作業も毎日です。

ということで、明日からの平日は洗濯のための下山や水源の水を貯水タンクにためるためランチの営業をお休みしたいと思います。ご迷惑をおかけしますが、事情をご理解のうえご協力をお願いいたします。平日に入笠山を登りに来られる皆様にはご迷惑をおかけしますが、3連休には準備万端でお客様をお迎えできるように準備したいと思います。

この週末は三宅岳・写真教室が開催されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年はあと3回の写真教室を予定しています。

2017年6月17〜18日 テーマ・スズランとコナシの花
2017年8月5〜6日 テーマ・夏の入笠山
2017年10月21〜22日 テーマ・カラマツの紅葉

いずれも1泊2日で参加費は¥16000。参加費には講習・2食付宿泊・ランチが含まれます。山の写真撮影を初級レベルから中級レベルにアップしたい方に最適です。

たくさんの登山者でにぎわった入笠山山頂。陽が傾き、登山者が下山して静かになったタイミングで登ってきました。

来週は14日〜15日あたりにまた雪になりそう。3連休はまた雪の入笠山を楽しめそうです。

雪が降ってきました(3/1)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

3月になりました、気象的には今日から春です。3月になると山荘から日の出が見られるようになり春になることを視覚的に感じさせてくれるのですが、夕方から雪が降り始めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本格的に雪が降ってきました。まともな降雪はいつ以来だろう、明日の朝まで降り続くとそこそこの降雪量になりそうです。先日の雨と日中の昇温と朝の冷え込みで雪面は固くしまっていたので週末に向けて期待の雪になりそうです。

今日から3月3日にかけて上空の寒気が南下するので、山の上は断続的に雪になりそう。週末はまたスノーシューが楽しめる雪になることでしょう。

ここ数日スノーシューにはあまり向かない雪質ですが、『月影スノーシューハイク』『スノーシューLITEハイク』が人気です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日のスノーシューLITEハイク #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

『スノーシューLITEハイク』は朝食後の2〜2.5時間のショートトリップ。誰も踏んでいない新雪を選んでご案内しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『月影スノーシューハイク』は夕食後に1〜1.5時間のプチトリップ。夜景や星空を眺めに、やはり誰も踏んでいない新雪を選んで歩きます。

どちらも宿泊のお客様限定のツアーです、ご希望の方はご予約をお願いします。

宿泊者限定と言えば山荘の名物『絶品ビーフシチュー【1000円】』。日帰りの方のビーフシチューの事前予約はお受けしていませんが、ご宿泊の方には優先してご提供しています。毎週50食の仕込みですが、2月はほぼ宿泊の方のご予約で完売の状況でした。ご宿泊の方は宿泊予約時にビーフシチューもあわせてご予約ください。

今日50食仕込みました。今週はさらに50食仕込む予定です。

日帰りの方のビーフシチューの事前予約はお受けしていないと言いましたが、山荘に到着された方のビーフシチューの予約はお受けしています。ビーフシチューご希望の方はまずは山荘に寄って、ビーフシチューの販売状況を確認してご予約されると食べられる確率が高くなります。

明日のビーフシチュー煮込み中。 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真集も好評販売中。手にとってご覧ください、コハダもいい表情しています。

ブログ更新遅れてすみません(2/24)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

雪が降ったり、雨が降ったり、気温が上がったり、ぐっと冷え込んだり・・・ブログの更新が追い付かずにすみません。

昨夜はかなり積もったのに! 今は雨。 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

明日のビーフシチュー煮込み中。 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

インスタグラムで近況をアップしていますのでこちらもぜひフォローしてください。
→『club_manaslu

フェイスブックでもその時々の入笠山とマナスル山荘本館の風景をアップしています。

→『マナスル山荘本館フェイスブックページ

こちらもフォローをよろしくお願いします。

お伝えするのが遅くなりましたが、

2017年2月1日をもって、マナスル山荘本館は事業を法人化いたしました。社名は『株式会社マナスル山荘』です。

入笠山を愛し、入笠山の自然を守り、居心地のよい山小屋としてこれからも入笠山を楽しみに登ってくる皆さんに、楽しい時間をご提供していく所存です。入笠山の山荘を拠点にしたのはこの地で頑張っていく決意だとご理解ください。これからもよろしくお願いいたします。

会社登記の諸手続きの最中で、お休みも多くなってしまって本当に。ご迷惑をおかけしております。

いい感じに積もってます(2/21)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

昨日は富士見パノラマのゴンドラが止まるくらいの地吹雪でした。午後に雨になったのですが、日没頃から本格的な降雪になり、先週末の踏みあとが消えるくらいきれいな新雪の山にリセットされました。

足跡をつけるのがもったいない感じ #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

今日は山荘を休館にして荷揚げを行いました。最近導入した運搬車を駆使して総重量400kgを日が暮れて真っ暗になるまで作業しました。

明日は事業関係の手続き等でまた下山、午後に再び食料の荷揚げです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山荘前の公衆トイレがシステム不良で使用できなくなりました。入笠湿原前のトイレは使用できます(多目的のみ)。山荘のトイレも使用していただけますのでどうぞお声がけください。シューズを脱いでの館内のトイレになります。明日は留守の時間もありますが、トイレは使用できるようにしておきますのでどうぞご利用ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

荷揚げしながら撮った写真。今朝は霧氷が本当にきれいでしたね。明日も夜から雪になりそうです。週末に向けて山も準備万端ですね。

宿泊者限定の月影スノーシューハイク、スノーシューLITEハイク、どちらも好評実施中です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日のスノーシューLITEハイク。 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

ご覧の通り、山荘のスノーシューツアーではストックは持たずにご案内しています。ストックを使用せずにスノーシューで歩くと正しいスノーシューでの歩行が身につきます。自由に新雪を歩く道具なのにストックを使用することによって歩行動作が制限されてしまい、楽しいはずのスノーシューがとっても窮屈なものになってしまいます。足うら感覚が研ぎ澄まされ、雪面へのコンタクトが思い通りになってきます。

山荘のスノーシューハイクに参加された方々はストックを使用しないことに最初は不安を感じるようですが、30分も歩くうちにストックの存在を忘れて自由に新雪を歩き回ります。ストックを使用しないでのスノーシュー体験、絶対おすすめです。

『そうしないといけない』ではなくて『そうなっていく』。『スノーシューはストックを使わなくてはいけない』ではなくて『ストックがないほうがスノーシューで歩けるようになっていく』。

『Don’t think. FEEL!』

ブルース・リーの映画でのセリフですが、まさにスノーシューのことを言い当てているような気がしています。

冬の入笠山、楽しんでますか?(2/13)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

【お知らせ】
2月15日(水)は荷揚げや下界でのいろいろな業務手続きのためランチ・宿泊がお休みとなります。来週2月20日〜22日と2月27日〜28日も食材・燃料等の荷揚げのためお休みになりますのでご注意ください。

この週末はとっても大勢の方が入笠山に登りました!富士見パノラマの駐車場も、チケット売り場も、ゴンドラ乗り場も長蛇の列だったそうで、そんな状況でもスノーシューを楽しみに登ってきてくださった皆さんに感謝です、ありがとうございました。

ビーフシチューも土曜日は午前中からご注文が集中し、日曜日は土曜日宿泊のお客様の予約で売り切れになってしまいました。楽しみに登ってこられた方、本当に申し訳ありません。日曜日は準備した食材も昼過ぎにはなくなってしまい、お待たせしたり、オーダーが溜まり過ぎてお断りしたりで本当にお詫びの言葉もありません。料理のご提供が遅くなってもお待ちくださった皆様、ありがとうございました。

こんな状況ですから、写真を撮りに行く時間もないし、出かけたのは山荘周辺の半径50m以内のみ。そういえば槍ヶ岳山荘時代、お盆や海の日に一歩も山荘から外に出ない日があったことを思い出しました。

入笠山はスノーシューの楽しい山、アイゼンやワカンでは本当の意味での入笠山を楽しむことはできません。さらに言うと日帰りではまったくもってつまらない山。日帰りの登山者が下山した後の斜光線に輝く八ヶ岳、星空や月明かりのスノーシューハイク、朝日に輝く霧氷、モフモフの新雪を歩くスノーシュー。山荘のお食事や飲み放題を目的の方もたくさんいらっしゃいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この週末は久しぶりの再会もありました。

信州山案内人の赤沼千史さん。BS・TBS『日本の名峰・絶景探訪』でガイドをされているのでとっても有名ですね。10年以上ぶりにお会いしました。赤沼さんとは私が大町の山案内人だったころからのお付き合いです。ガイドの先輩としていろいろ教わりました。山小屋が山の生活のメインだった私とはガイドと小屋番という関係もありました。短い時間でしたが、「変わらないね」と言いながら「お互い老けたね」なんて会話や昔話で盛り上がり、週末の忙しさをちょっと忘れさせてもらえたひと時でした。

宿泊の予約状況は3月後半まで土曜日は満室。平日の予約も増えています。ご予約はウェブサイトまたはお電話(0266-62-2083、090-7632-5292)までお願いします。キャンセル待ちはお受けしていません。キャンセルが出た場合はウェブサイトやフェイスブックでお知らせしていますが、その時はお電話でのみ受付しています。

明日の午後はひと降りありそうですね、雪面がリセットされるくらいに降ってくれるといいですね。

スノーシュールート開通(2/9)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

未明から降り始めた雪は一日降り続きました。風もなく静かに落ちてくる雪は量は多くありませんでしたが、踏みあとが消えてまたスノーシューが楽しめる雪になりました。

ゴンドラ山頂駅からはトレースを利用すれば山荘まではチェーンスパイク程度で歩けます。

朝いちでトレース付けに向かったので、動画よりは雪の量は多いです。スノーシューはなくても山荘までは歩けますが、スノーシュー持参の方はゴンドラ山頂駅を下車したら装着して歩いてください。

午後、ある程度積もったのを見計らって山頂へのスノーシューコースを作りに出かけました。ほぼ先日のトレース通りです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず、山荘から夏道沿いのルートはツボ足やアイゼン専用の青ポールルート。勾配のやや急なところもあり、スノーシュー向きではありません。

山荘前のゲレンデ(夏はお花畑)から山頂へ向かうルートに今日はポールを立ててきました。こちらは赤いポールです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

勾配は緩めで、スノーシューで歩きやすいルートです。ここはスノーシュー専用としたいと思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スノーシューはツボ足で歩いたトレースはとっても歩きにくいのです。なのでこのルートにアイゼンやツボ足で入ってきてほしくないと思っています。冬の入笠山はやっぱりスノーシューが楽しい山。アイゼンやワカンではなくてスノーシューが一番楽しい山です。

富士見パノラマにもマナスル山荘本館にもレンタルをご用意していますのでぜひスノーシューを入笠山で体験してみてください。そのためには夏道をたどるのではなく新雪に足を踏み入れること。山頂往復では本当にもったいない山です。

  • 山荘→ゲレンデ→赤ポール→山頂はスノーシューコース
  • 山荘→夏道(登山道)→青ポール→山頂はアイゼン・ツボ足コース

使い分けをしてもらうとそれぞれの用具で楽しく遊べますのでよろしくお願いします。

スノーシューOKです!(2/6)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日2/6〜明日2/7はランチ・宿泊ともお休みの休館になりますのでよろしくお願いします。

昨日からの雪がたっぷり積もりました。今日はアイゼンもチェーンスパイクもペケ。スノーシューだけが入笠山を楽しむアイテムです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂の標識もエビの尻尾が発達中。

山荘から山頂への夏道は青いポールを目印に登ってください。

昨年はほとんど歩けなかったゲレンデから山頂へのスノーシュールートを下見してきました。

コハダとゲレンデから山頂へのルートづくり。今週中には完成予定。 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)が投稿した動画 –

コハダと一緒に歩いてきました。

今週中には勾配やきれいな林間を選んで赤いポールを設置します。できるだけこのルートはスノーシュー専用にしたいと思うのです。アイゼンやツボ足で歩くとルートが荒れてスノーシューが楽しめなくなりますから。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コハダも雪まみれでルートつくりのお手伝い、お疲れ様でした。

この後も断続的に降雪がありそうです、週末が楽しみですね。残念ながら今週末のご宿泊はすでに満室、キャンセルが出た場合はウェブサイトやフェイスブックでご案内いたします。