週末は花のシーズン開幕か?(5/26)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今週は7月のマナスル登山隊下見と番外編希望者の同行で八ヶ岳を縦走してきました。本番はコチラ↓

マナスル登山隊2016 南八ヶ岳縦走
参加者募集中です。お申し込み・お問い合わせは0266-62-2083(山荘)、090-7632-5292(山口携帯)、nyhoshino@gmail.com【メール】でどうぞ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

阿弥陀岳〜赤岳〜横岳〜硫黄岳の縦走。25日は稜線を強風が吹き抜け、平均10m/s以上、たぶん瞬間的には20m/s以上の突風の中で横岳を通過してきました。宿泊した展望荘では杉本支配人から八ヶ岳界隈のお話をゆっくり聞くことができました。ありがとうございました。
山の上での強風や天候判断、その状況での歩き方を信頼できる山岳ガイドさんから直接教われるイベントがあります。

第3回登山の基本講習会
参加者募集中です。お申し込み・お問い合わせは0266-62-2083(山荘)、090-7632-5292(山口携帯)、nyhoshino@gmail.com【メール】でどうぞ。

さて、今日は日中の気温が20℃を越えました、暑すぎ!山野草がぐんぐん成長しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スズランもつぼみがつき始めました。気の早いのは今週末には開花するかも!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ズミの開花も始まりました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ズミは場所によって花の付き方が不ぞろいなのですが、隣同士の木でもこんなに違います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今週末は入笠牧場が見ごろになりそうです。入笠牧場は酪農家の牛を預かって放牧する場所なので牛の病気にとっても敏感です。写真撮影などで牧草地に入り込まないように十分注意してください。

テイ沢もお花が見事に咲きそろっています。水量も豊富で新緑からこぼれる優し陽ざしの水際をのんびり歩けます。今日歩かれた登山者もテイ沢の流れの美しさと満開のお花に十分満足されていました。

今週末の三宅岳・山の写真教室は花の写真撮影をたくさん教えてもらえそうですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

暑い一日(5/23)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

【お知らせ】
明日24日〜25日はマナスル登山隊下見のため休館になります。ランチ、宿泊ともにお休みになりますのでご承知おきください。

今週末に開催の三宅岳・山の写真教室参加者募集中です。花の写真撮影を教われそうですね。

今日暑かった!午後5時を回っても気温が20℃近くあります。まだTシャツで大丈夫。この陽気で山野草が一気に成長しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山荘近くのクリンソウ群生地は花が咲き始めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠湿原近くのクリンソウ群生地はまだまだ先になりそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山荘前のお花畑にはスズランの芽がぐんぐん伸び始めました。ここにきて開花のタイミングが一気に早まった感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山はすっかり濃い緑に包まれてもう夏山のようになってきました。

例年より1週間くらい早くお花の時期がやってきそうです。6月上旬〜中旬が今年は良さそう、今週末も気の早い花は咲きだしそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな場所が暑い日はうれしいですね、入笠山には山頂の大展望やスズランのほかに水辺を楽しめる場所がいくつかあります。入笠山の一番美しい場所のひとつ「テイ沢」は、山荘に宿泊して美しい渓谷の流れをたっぷり味わってください。

経ヶ岳バーティカルを走ってきました(5/22)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

昨日5月21日は経ヶ岳バーティカルリミットでした。

経ヶ岳バーティカルリミット #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)が投稿した写真 –

簡単に言うと、中央アルプス北端の経ヶ岳山頂(2296m)を往復するトレイルランニングのレース。昨年の第1回大会は山頂を往復する21kmロングを走りましたが、今年の第2回大会はちょっと遠慮して12kmショートを走りました。ショートは4合目折り返しです。

冬は山荘の歩荷で鍛えた足ですが、山を走るとなるとちょっと具合が違います。足の筋肉を使い果たして1:31の31位でフィニッシュしました。最大心拍キープくらいの無茶なペース(その割にスピードは無い)で走ってしまい、12kmショートだからなんとかなったものの、足のダメージはかなりひどく今日は筋肉痛です。

経ヶ岳のこのレースは スカイランニングと呼ばれ、標高2000m以上の急峻な山岳を駆けるスポーツのことを指します。私は登山出身なので山頂を往復するレースに惹かれます。経ヶ岳は伊那谷をはさんですぐ隣の山。そこで行われるスカイレース、しかも「北信濃トレイルフリークス」がプロデュースのトレイルレースなので応援しないわけにはいきません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山荘の経ヶ岳バーティカル宿泊プランに参加されたお客様と一緒に走りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロングに参加した神奈川県の消防士さん。3:20で完走、さすが毎日鍛えている身体です。次は木曽駒 JAPAN ALPS スカイレースだとか・・・。

経ヶ岳バーティカルリミットのもう一つの魅力は会場となる大芝公園。芝生の広がるスタートエリアはレースの前後ものんびり気持ちよく過ごせ、温泉も目の前。ほかのレースにはないくつろげる環境です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テント持参で参加する方も多くいました。家族で応援する姿も多く見られました。レースは過酷ですが、アットホームな雰囲気に包まれているこの大会のリピーターが多いのも肯けます。

ロングコースを走り切った選手の顔を見ていると達成感たっぷりの笑顔ばかりでなんだか羨ましい。来年はやっぱりロングを走ろうと思います。

経ヶ岳バーティカル・ショート完走 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)が投稿した写真 –

恥ずかしながら私の完走証です。

 

新緑から初夏へ(5/18)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

【お知らせ】
5月24日〜25日は7月のマナスル登山隊下見のため休館となります。ランチ、宿泊ともにお休みです、ご理解の程よろしくお願いいたします。

今日は午後7時を回っても外の気温は18℃、Tシャツで過ごせる一日でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに風はほとんどなく、写真のように吹き飛ばされる心配はありません。

山の緑が濃くなってきました。新緑の季節は終わりを告げ、初夏の色に移り変わっているようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 入笠湿原
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 入笠牧場
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 入笠湿原

入笠湿原のスズランも一斉に芽を伸ばし始めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山荘付近のズミ(コナシ)もこんな具合。全体に例年より1週間から10日くらい早い感じで山野草が成長しています。

見ごろはというと・・・予想ですが、

  • スズラン→6月上旬〜6月中旬
  • ズミ→5月下旬〜6月上旬

といった様子ではないでしょうか。もちろん今後の天候で前後しますし、山のエリアでも変わります。私の予想なので当てになるのかどうか。今後もマメに山野草の成長ぶりをアップしますので花の入笠山登山計画をどうぞご検討ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は北アルプスもくっきり見えました。テイ沢も水量が多く、美しい水の流れを見せています。5月末から6月中旬は入笠山の最も美しい季節のひとつです。今年の6月前半は星を見るのにも適しています。

2016年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
2016年4月

まだ朝は霜が降りたりしますので、木道の朝の歩行はお気を付けください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旧友と再会(5/15)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

この週末もスズランや山野草はまだまだの時期なのですが、天気も良かったので大勢の登山者で入笠山はにぎわいました。ご利用の皆様、ありがとうございました。

ランチ営業中 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)が投稿した写真 –

 

特製ビーフシチュー1000円 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)が投稿した写真 –

濃厚プレミアムソフトクリーム300円 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)が投稿した写真 –

Instagramを使い始めました。画像の加工が容易なのであれこれいじくってしまいどうにもならなくなってしまう初心者です、まぁ大目に見てください。

今日は槍ヶ岳山荘の支配人ご家族が山荘に訪ねて来てくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

槍ヶ岳山荘支配人・杉山君と記念撮影。槍ヶ岳山荘のブログでもめったに姿を見せない杉山君、実は私の槍ヶ岳山荘時代の同期です。寡黙で勤勉、まじめで働き者・・・私と正反対かな?久しぶりの再開で昔話に花が咲きました。今年は槍ヶ岳に行ってみようかな?

入笠山は新緑が真っ盛り。緑輝く入笠山登山の後は、マナスル山荘本館でランチをどうぞ。

新緑が山の上まで登ってきました(5/12)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日は快晴で無風、山頂からは360度の展望が楽しめました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

風もないのに飛ばされるているのが約1名。

山も日中は気温も上がり、新緑がグングンと山頂まで迫っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂付近も芽吹きが真っ盛り。ここは山頂直下のズミのトンネルができるところ。例年より1〜2週間早いような気がします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

守屋山の奥に北アルプスがくっきり見えていました。まだまだ雪が残っていますね。山を眺めるのに5月は本当におすすめの季節なのです。

午後はコハダの散歩がてら入笠牧場のズミの様子を見てきました。やはり萌木色に輝く若葉の山がとてもきれいでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

奥の草原は「いろはす」のCMが撮影された場所。最近は映画やミュージックビデオの撮影に使われる伊那フィルムコミッションいち押しの撮影スポットです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠牧場の車道沿いのズミは葉をたくさんつけていました。今月末には咲いてしまうかな?山麓から見ても入笠山山頂まですっかり緑に覆われていました。スズランやそれ以上に入笠山を鮮やかに彩るズミの花は例年より早く咲きだしそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑昨年6月3日のズミの花の様子。ピンクのつぼみと白い花がとってもきれいです。

5月28〜29日、30〜31日の三宅岳・山の写真教室は被写体に恵まれそうです。ただ今申し込み受付中、お申し込みお待ちしています。

三宅岳写真教室201605 三宅岳写真教室201605三宅岳写真教室201605平日三宅岳写真教室201605平日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コハダも暖かい日差しの山頂で山の展望を楽しんでいました。

登山靴のお手入れ(5/11)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

昨夜から大荒れの入笠山。風が山荘にたたきつける音で昨夜は何度か目を覚ましました。雨も昨夜から降り続いていて、屋根に落ちる雨音が館内に響くくらいの強い雨になっています。

外に出て風速を計測してみると、5〜10m/s平均で瞬間的には15m/sくらいの強い風、定期的に山荘前を吹き抜けています。これくらい風が強いと気を緩めるとよろけます。風上にカメラを向けると固定が難しいです。

午後になって雨はやみましたが、風は相変わらず木々を大きく揺らしています。こんな日は外で作業ができないので館内の作業中心。冬のあいだにお世話になった冬用登山靴とこれから活躍する無雪期用登山靴のお手入れをすることにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私が使用しているのはNIKWAX。←NIKWAXのウェブサイトでマニュアルや動画をみることができます。たわしは身体洗い用のものを登山靴用に使用しています。

全体を水で濡らしてからシューズ用洗剤を全体に塗布し、たわしでシューズの汚れをゴシゴシ落とします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

流水で洗剤を洗い流して汚れ落としは完了。シューズが濡れているうちに撥水加工に移ります。シューズのタイプに合った撥水材をシューズが濡れているうちに全体に塗ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全体に塗り終わったらタオルでシューズを拭きます。撥水材のムラをなくすため、シューズになじます感じで拭いていきましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後は新聞紙を詰めて乾かすだけ。これで水流の中にドボンと足を入れても濡れないシューズのできあがりです。左の赤いシューズは5年くらい履いていますが、革のパサパサ感も型崩れもななく、水も見事にはじきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同時に洗濯機でダウンジャケットも洗いました。これもNIKWAXのダウン用。ゴアテックスのレインウェアもNIKWAXでお手入れすれば防水機能が劣化することがありません。私の使用していたミズノ・ベルグテックの登山用レインウェアも10年使用しても新品のように水をはじきした。

ついでに私の使用している登山靴もご紹介。

マインドル【MEINDL】を長年使用しています。ドイツの登山靴メーカーで、いまでも職人がこだわりの登山靴づくりをしています。工場ではありますが、一つ一つのシューズの革の選別や作業工程を職人がチェックして作ります。仕上がりも職人が手作業で厳しく検査・確認してから店頭に並ぶ本物の登山靴です。割とたくさん流通しているブランドの登山靴も、箱を開けてみると左右の形が微妙に違うシューズにお目にかかることがよくありますので。

しかし、このマインドルのシューズは山の店では「細くて日本人には合いません」と説明されてあまり勧めてくれません。本物の登山靴なのにね。

日本人の足ってそんなに幅広いですか?私が高崎でスポーツショップを経営しているときに計測したお客様の足で幅広の足はほとんどお目にかかりませんでした。ほとんどがノーマルかスリムタイプの足。自分で幅広・甲高と思い込んでいる方がほとんどです。問題は本人の思い込みと履き方。ショップでは大きいサイズを勧めたほうがクレームにならないので、日本人の足型に合わせて作ったとされるブカブカシューズを勧められることが多いのです。ショップで見つけたらぜひマインドルの登山靴に足を入れてみてください。

このあたりの詳しくは山荘で、宿泊された夜にでも飲みながら登山靴の選び方履き方などの山靴のうんちくをたっぷりお話ししましょうか。

さて、今日はこの天気ですから登山者の姿も見かけませんので山の本でも読もうかな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「日本登山大系」と「日本山岳風土記」をお客様から寄贈いただきました、ありがとうございます。「美味しんんぼ」も読みだしたら止まりません、全部読めるかな?

三宅岳・山の写真教室のご案内(5/10)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

『マナスルの日』でスタートした3年目のシーズン。あっ、マナスル山荘は60周年です。5月の次のイベントは『三宅岳・山の写真教室(5/28〜29)』です!ただいま参加者募集中、ぜひご参加ください。

三宅岳写真教室201605 三宅岳写真教室201605(PDF)

昨年の春に1回目、今年の2月に2回目、今回は3回目の開催となります。今年は新緑が例年より1〜2週間早い感じなので、スズランやコナシの花が当日早くも咲いているかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すでに山頂付近のカラマツがこんな具合です。

三宅岳さんの写真教室、とっても好評なのです。まず、コンパクトデジカメでも参加可能です。SNSなどであっといわれる山の写真をアップしたい方におススメです。コンデジの方にもプロのテクニックを親切にご指導いたします。

また、そこそこの腕前のカメラマンにもプロならではの高度なテクニックを伝授、より洗礼された山岳写真を目指す方にもピッタリです。

11147160_780169008766984_3190497859613565016_n

11347470_10204189279163540_1122748819_o

昨年の撮影風景。今年はコナシに花やつぼみがついているかも知れまん。2日目はテイ沢に出かけると思いますので渓谷の水の流れる写真の撮り方も教われます。

講師の三宅岳さんは山岳写真家ですが、里山の自然をテーマにした作品も数多くあります。なので三宅岳さんは入笠山での山の写真撮影を最も適切にアドバイスできる写真家の一人ということができます。

三宅岳フェイスブック

気難しいことは全くなく、聞かれたこと以上にあれもこれも教えてしまう性格の講師ですから写真入門者も安心して教わることができます。

0019_xlarge

0003_xlarge

こんなおちゃめな一面も持ち合わせていますから。

楽しくて勉強になる写真教室は、チラシに記入してファックスするか、お電話(0266-62-2083直通、090-7632-5292携帯)、メール(info@manaslu-sanso.com)でお申し込みください。

そして、お仕事で土日は無理!という方に。

三宅岳写真教室201605平日 三宅岳写真教室201605平日(PDF)

嬉しい平日開催を計画しました。5月30日(月)〜31日(火)、平日はJR富士見駅からのシャトルバスが運休なのでタクシーでの移動になります。

週末、平日ともにマイカーでご参加の皆さんは山荘までマイカー乗り入れができます、重い機材もマイカーで持込み可能です。

では、お申し込みお待ちしていますね。

三宅岳・山の写真教室

『マナスルの日』(5/8)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

GWのラストは『マナスルの日』のイベントでした。日本人が8000mのマナスル峰に初登頂したのと、同じころ創業したマナスル山荘をお祝いする日です。30名近い参加者で賑やかに開催されました。

イベントは5月7日〜8日の二日間にわたってのプログラム。まずは日本人第2位の8000m峰9座登頂の近藤和美さんの講演でスタート。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8000m峰14座の山についての解説と2009年にマナスルに登頂した時のエピソードをお話ししていただきました。8000m峰の登頂は9座ですが、8000m峰14座すべての山にアプローチされているのでそれぞれの山の様子が詳しく語られていきます。

私たちが知ることのできないデスゾーンと呼ばれる8000mの世界を何度も体験されている近藤さんのお話し、参加者の皆さんはどんどん惹きこまれていきました。

講演の後はお待ちかねの飲み放題。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんなお酒と生ビール、コーヒーにジュースもイベントのため飲み放題です。

そして夕食。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これは今夜の夕食ですが、昨夜もステーキがメインの盛りだくさんの夕食でした。

夜が更けるまで飲んで騒いで星を眺めて、にぎやかに時間が過ぎていきました。

翌朝、このGW一番の美しい朝焼け。朝食準備のため写真は撮れず。朝食と同時に記念登山のお弁当を仕込み。

今日は私の案内で入笠山と、ここを歩かなければ入笠山に登ったことにはならないと言われるテイ沢と高座岩を記念登山しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂での記念撮影。360度の大展望が楽しめました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大阿原湿原をテイ沢に向かいます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新緑の美しいテイ沢を歩きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テイ沢は入笠山の最も美しい場所の一つです。5月は新緑の渓谷歩きが楽しめます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テイ沢の後は高座岩。入笠山の歴史スポットであり、展望も楽しめるランドマーク。入笠山にきても山頂へは登らずに高座岩に向かう登山者もいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高座岩から山荘へ戻る尾根道は広々とした気持ちの良いトレイルです。

8:00に出発して入笠山〜大阿原湿原〜テイ沢〜高座岩〜入笠牧場をぐるりと回りました。山荘へは13:00に帰着。このぐらいの時間で計画されると余裕をもって歩ける、入笠山の本当の姿を味わえるコースです。ぜひ足を伸ばしてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回のイベントに快く講演を引き受けてくださった近藤和美さん、いろいろご配慮くださった古川さん、本当にありがとうございました。参加者の皆さんも2日間楽しかったとコメントされて、それぞれの家路につきました。ご参加ありがとうございました。

入笠山の山頂では風もないのに飛ばされそうな方がいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Vixen新妻社長お疲れ様でした。飛ばされているというよりもドロップキックのようですね(笑)。

明日はマナスルの日(5/7)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

3日前から風の強い日が続いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

飛ばされそうな強風に耐えているところ(嘘)

今夜は雨に風で外は大荒れです。

明日はマナスル山荘本館のイベント「マナスルの日」。ゲストに8000m峰9座登頂(日本人第2位)の近藤和美さんをお招きして開催します。

日本山岳会隊によるマナスル峰初登頂とマナスル山荘本館創業を記念してのイベントです。今年はどちらも60周年、区切りの年でもあります。

マナスル山荘1961・jan 甚麓会の集いマナスル山荘前 入笠山

何年ごろかわかりませんが、昔の入笠山。湯たんぽギターが時代を語っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山の姿は少しずつ変わっています、山荘も然り。60年の歴史のマナスル山荘、そのうち2年を私が係わらせてもらいました。そして61年目もマナスル山荘本館を守っていきたいと思います。