週末に行きたい山小屋

マナスル山荘本館の山口です。

明日、5月28日は所用のため高崎に向かいます。マナスル山荘本館へ帰ってくるのは29日の昼過ぎ。そのため明日と明後日の昼食メニューは鍋焼きうどんのみとなります。

CIMG7297鍋焼きうどん¥1000

この鍋焼きうどん、召し上がったお客様の評価が上々です。とある飲食関係の方からも「パクっていいですか?」と言われました。

日中の気温も徐々に上がってきましたが、『夏こそアツアツの鍋焼きうどん!』と敢えて申しあげましょう!

スープはかつおだしと鶏のだしがハーフ&ハーフ。塩味ベースのスープです。暑い日に汗をかいた体にこの塩味がとっても効きます。鶏肉は信州ハーブ鶏、大きなかき揚げは手づくりです。

炭水化物にタンパク質、塩分と水分の補給もできるバランスアスリート食。明日は入笠山に登った後にランチに鍋焼きうどんをご注文願います!

今日は本のご紹介。

P1020424

『山と山小屋』 小林百合子さん=文、野川かさねさん=写真 平凡社

マナスル山荘本館を4月から受け継ぐことが決まって読んだ一冊。サブタイトルが「週末に行きたい17軒」。

マナスル山荘本館をどんな山小屋にしていくか?この本を読んでイメージを膨らませました。各小屋の素朴でありながら個性的なサービス、飛び抜けた何かを持つ山小屋の様子がつづられていてとっても勉強になりました。4月から新たにスタートしたマナスル山荘本館のスタイルはこの本がなければ始まらなかったでしょう。

特に女性視線での山小屋、それぞれの山小屋のとっておきをこの角度で女性は見ているのかと新鮮な発見が随所にありました。

P1020308

先日、下見にいらしたときの小林さん。今回はお仕事でお泊りになったので写真はアップできません。記念に私の持っている『山と山小屋』にサインを書いていただきました。

P1020425

宝物として大切にしたいと思います。

そして、週末に行きたいとっておきの山小屋18軒目に取り上げてくださいとお願いしておきました。小林さんから気持ちの良いお返事をいただけた?と思っていいですか!

山を愛する女性が選んだとっておきの山小屋、今すぐ行きたくなる日常を忘れる山小屋を目指して頑張りますね。

P1020417

今朝の八ヶ岳ビューポイントからの八ヶ岳と雲海。

入笠山から初めて見た一面の雲海、八ヶ岳の雪も一気に消えて山は夏の顔を見せ始めました。

 

Follow me!


週末に行きたい山小屋”へ2件のコメント

  1. Hocke より:

    夕方NHK長野のニュースで見ましたよ!

    1. yamaguchi より:

      Hocke 様
      コメントありがとうございます。昨夜は高崎に帰っていてライブで観ることができませんでした。先ほどマナスル山荘本館へ戻りましたので録画を今夜見てみます。テレビ写りはいかがだったでしょうか(笑)?
      山口信吉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。