スノーシュールート開通(2/9)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

未明から降り始めた雪は一日降り続きました。風もなく静かに落ちてくる雪は量は多くありませんでしたが、踏みあとが消えてまたスノーシューが楽しめる雪になりました。

ゴンドラ山頂駅からはトレースを利用すれば山荘まではチェーンスパイク程度で歩けます。

朝いちでトレース付けに向かったので、動画よりは雪の量は多いです。スノーシューはなくても山荘までは歩けますが、スノーシュー持参の方はゴンドラ山頂駅を下車したら装着して歩いてください。

午後、ある程度積もったのを見計らって山頂へのスノーシューコースを作りに出かけました。ほぼ先日のトレース通りです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず、山荘から夏道沿いのルートはツボ足やアイゼン専用の青ポールルート。勾配のやや急なところもあり、スノーシュー向きではありません。

山荘前のゲレンデ(夏はお花畑)から山頂へ向かうルートに今日はポールを立ててきました。こちらは赤いポールです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

勾配は緩めで、スノーシューで歩きやすいルートです。ここはスノーシュー専用としたいと思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スノーシューはツボ足で歩いたトレースはとっても歩きにくいのです。なのでこのルートにアイゼンやツボ足で入ってきてほしくないと思っています。冬の入笠山はやっぱりスノーシューが楽しい山。アイゼンやワカンではなくてスノーシューが一番楽しい山です。

富士見パノラマにもマナスル山荘本館にもレンタルをご用意していますのでぜひスノーシューを入笠山で体験してみてください。そのためには夏道をたどるのではなく新雪に足を踏み入れること。山頂往復では本当にもったいない山です。

  • 山荘→ゲレンデ→赤ポール→山頂はスノーシューコース
  • 山荘→夏道(登山道)→青ポール→山頂はアイゼン・ツボ足コース

使い分けをしてもらうとそれぞれの用具で楽しく遊べますのでよろしくお願いします。

Follow me!


スノーシュールート開通(2/9)”へ2件のコメント

  1. 粟屋 より:

    先日はお世話になりました。とても居心地の良い山荘でした。こたつのお部屋は最高ですね^_^ すっかり居座ってしまいました。
    目の前のゲレンデで念願のおしり滑りも堪能でき、大満足な二日間でした。
    また伺いたいと思います!

    1. yamaguchi より:

      粟屋さま

      コメントありがとうございます。
      お住いの積雪はどうでしたか?
      入笠山も昨日までにたくさんの降雪になりました。

      またコタツでのんびり過ごしに来てください。
      楽しみにお待ちしております。

      山口信吉
      ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。