GWの登山道は?(4/24)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

GWからの営業再開に向けて準備に忙しい毎日です。久しぶりに山頂へ出かけました。今年は3月末〜4月上旬に続けて積雪があり冷え込みも春先まで続いたので例年より残雪は多めです。

現在のルート状況です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

①山荘を出てすぐに雪が現れます。傾斜もあるのでアイゼンがないと結構つらいかも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

②分岐の手前の吹き溜まり。残雪量が一番多いところ、油断すると膝まで潜ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

③岩場コースと巻道の分岐も一面の雪。岩場コースは残雪量も多く、アイゼンがないと苦労します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

④岩場付近。ここまではひたすら急な雪の斜面を登ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑤山頂直下の陽当たりの良い斜面は雪が少ないです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑥山頂 まったく雪はありません。

下山は巻道へ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑦南斜面には雪はほとんど残っていません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑧北斜面に入ると一面雪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑨分岐付近まで雪が辺べったりです。

写真の番号はこの地図で確認してください。矢印は撮影した方角です。地図は国土地理院のサイトからの拝借です。

ルートの確認ということで登りは赤の岩場コース、下山は青の薪道を使用しました。どちらも雪が多いですが、慣れない方は登下山ともに巻道コースを選択してください。アイゼンやチェーンスパイクはあれば安心ですが、山に慣れた方ならなくても歩けます。シューズは登山靴、トレッキングシューズ、長靴がいいでしょう。ローカットのシューズやスニーカーは不向きです。

宿泊の方にはチェーンスパイク、ストックを無料で貸し出ししています。台数が多くないので先着順になります。長靴も何足かありますから必要でしたらどうぞお使いください。日帰りの方はどちらも有料です(1000円)。

所々雪が緩んでいて、油断すると膝まで潜ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あちこちに穴ぼこがありました。

残雪の山ですが、グレードの高い険しい山ではないので、雪を踏み抜いたり滑ったりも楽しんで登ってください。濡れた時の靴下の替えやタオルを忘れずに。雪道をおっかなびっくり登った先には大展望の山頂が待っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

GWの予約状況ですが、

  • 4/29 × 団体予約のため満室
  • 4/30〜5/2 ◎ 余裕あり
  • 5/3 △ 空室がありますが予約が増えてきました
  • 5/4 × ほぼ満室
  • 5/5〜5/6 △ 空室がありますが予約が増えてきました

となっております。まだGWのご予定が決まらない方は入笠山でのんびり過ごしませんか?

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。