コンパクトな山旅

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

山荘スタッフのワクチン接種が進んでいて、山荘住み込みスタッフ1名20代も昨日一回目が済みました。社員2名はすでに2回接種済み、週末ヘルプスタッフも9月初めに『長野県安心な店・認証店』枠で1回目の予約完了しております。今日は昨日一回目を接種したスタッフの副反応観察のための休館日でもあります。

例年夏休みが終わり、訪れる方が少なくなる8月末〜9月初にまとまった休館を実施しています。今年は8/29〜9/5(8/29のみランチは営業)の期間を休業し、スタッフの休暇の消化や秋シーズンの準備に充てる予定です。今シーズンは年間の休館日計画を立てて、山小屋といえどもスタッフの休暇が十分に確保できる事業所を企図しております。

緊急事態宣言やまん延防止措置のエリアが拡大し、パンデミック下の現在の社会情勢において今回の休業期間は、夏休み後の感染拡大の動向を見つつ、今後の事業の方向性を見極める重要な期間になりそうです。

長野県も「新型コロナウイルス特別警報Ⅱ」が発出され、県内の飲食店には協力金を伴う時短要請が出ている状況です。

マナスル山荘本館についてはこれまでの感染対策への取り組みが今後も有効であるとし、居住地のエリア制限なく営業を継続していきます。ただ、これまでの対策をもう一歩踏み込んで取り組みたい項目がありますので、ご利用の方は意図するものを曲解なくご理解いただき、ご協力を切にお願いいたします。

  • 宿泊・ランチともに友人知人などで構成されるグループのご利用は4名以下とします
  • ご家族(4名以上可)やご夫婦など近しい間柄のグループでのご利用は大歓迎です。
  • お一人様のご利用も歓迎しています(宿泊では通常料金で個室をご用意しています)。
  • 入館前の手洗い、滞在中の手洗い・消毒はこまめに実施してください。
  • 食事中や飲酒時には大きな声で話をしない。
  • 他のお客様との交流はお控えください。
  • ご家族や職場のルールを鑑みてお出かけをご検討ください。
  • 旅行(移動)リスクはご自身でご判断ください。
  • 社会リスク軽減のためワクチン接種を優先してください(接種できない個別の事象があることは理解しています)。

コロナ禍以前より、大人数登山グループの騒がしさは山荘にふさわしくないと考えておりました。コロナ感染拡大中でもやはり複数人が集まると食事中に大声が出たり、マスクや手指消毒などのルールが守られないことは頻繁に起きていました。他のお客様が不快に思うような方には直接注意をしていますが、それでも守られない方(グループ)には宿泊滞在中に、「パブリックスペースの利用お断り」「飲酒お断り」「イベント参加お断り」などを指示したこともありました。我々も言いたくはないのですが、利用する方々がお互い気持ちよくストレスなく過ごすためのマナーがないのなら仕方ありません。

いま必要なのは(今までも、今後も)、登山者がどう見て(見る、見られる)、どう考え(曲解なく)、どう行動するか(正しい理解のうえで)。一人ひとりの思考や行動が問われます。

マナーではなく山荘利用のルールとして、上記については十分にご理解をいただきたいと思います。

今後ワクチンの接種が進み、緩やかに制限も解除されていくとは思いますが、いきなりコロナ前の姿に戻ることはないでしょう。本当に親しい人々が少人数で、それぞれの思いや楽しみで山で過ごすことは今後の登山スタイルとしても望ましいと考えています。あふれる情報に振り回されることなく、自分の山の楽しみを見つけてお過ごしください。そんなコンパクトな山旅をマナスルは応援しています。コンパクトには「小さくても中身が充実している」という意味が含まれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山はすでに秋の気配です。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

臨時休館 (8/16)

次の記事

今週は休館week 8/30