「心拍データ」カテゴリーアーカイブ

マナスル登山隊で野天風呂(10/3)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

【締め切り間近】
12月17日〜18日の週末に開催される人気のイベント『クリスマスフェスタ』。お申し込みや問い合わせが増えていて、定員に達するのもももう間もなく?の状況です。参加ご希望の方はお早めにどうぞ。詳細は→『第3回クリスマスフェスタ』

14522136_338566069816969_747574972_o

いきなりのサービスショット。本沢温泉の野天風呂、今回の登山隊のメインイベント。幸運にも貸切状態で女性陣の入浴が叶いました。

天気はいま一つ、雨に濡れることはありませんでしたが登山中はずっとガスの中。本沢温泉に宿泊しての入浴と宴、黒百合ヒュッテでの昼食、稲子湯での下山後の入浴が目的の登山隊になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑二日目の出発前の記念撮影

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑霧の天狗岳から中山峠へ向かう途中から周囲の山が見えるようになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑黒百合ヒュッテのランチはカレー、女性メンバーはカフェメニューを追加。ここは食事は持参せずにランチを注文したい山小屋です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下山後すぐに温泉に入れるのがうれしい。炭酸水も美味しかった。

登山隊の参加者10名のうち、6名がマインドルの登山靴。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私が足を計測して登山目的と足の特徴に合わせて選んだモデルです。もちろんスーパーフィート・メリノグレイも装着済み。大手登山ショップではあまり勧めてくれません、というかほとんど扱いのないマインドル。日本人の足に合う本当に良いシューズです。雨が多くてぬかるんだ登山道を歩いてきたので全員泥だらけですが、お手入れもしているので洗えばすぐに汚れが落ちます。正しいお手入れをしていない登山靴は泥水がしみ込んですぐに革が劣化してボロボロ、心当たりの方いますよね。

ポラールの活動量計での登山もおススメしています。心拍数をチェックしながらの登山。登山にGPSは要りません、必要なのは心拍計です。今回は私を含めて3名が装着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は1日目(稲子湯〜しらびそ小屋〜本沢温泉)の登山がアクテビティ目標の103%。2日目の(本沢温泉〜夏沢峠〜天狗岳〜黒百合ヒュッテ〜しらびそ小屋〜稲子湯)の登山がアクテビティ目標の118%でした。

20161002

つまり2日間とも普段の基礎代謝+仕事と大して変わらない運動量だったということ。なのにあんなにビールを飲んだりつまみをムシャムシャ食べたら全く摂取過剰だったですね。

ではなくて。

ポラールを装着した二人の女性は、2日目の活動量がアクテビティ目標の400〜500%でした。二人の2日目の登山は日常ではありえない活動量だったということです。いえ、私の運動能力が優れていると言いたいのではありません。もちろん登山の経験は長いし、山小屋勤務、山岳救助の仕事、山のガイドの仕事を続けてきましたが、その経験で身につけたのは筋肉で武装した体ではなくて、効率よく動ける身体です。

なぜ登山に心拍系が必要なのかというと、運動効率よい身体を作るために必要不可欠だからなのです。疲れない、故障しない、補給の必要ない登山に適した身体を作るために。

また、登山中に心拍が上がり過ぎているということは身体に過剰な負担がかかっているということです。足のトラブルの大きな原因ともいえます。自分にジャストフィットの登山靴やザックが見つからないと言っている方は、自分の体の間違った使い方が影響していることに気づいていない方が多く見られます。さらにそのことを用具選びにきちんと伝えているショップが少ないのも残念なことです。

足のトラブルや自分にぴったりの登山靴が見つからないと思っている方はどうぞマナスル山荘本館にご相談にきてください。

今日も雨。台風18号の通過後は上空の気圧の谷が接近し、やっと秋がやってきそうです。週末の連休は天気が回復しますように。

甲斐駒ケ岳に登ってきました。

入笠山のの山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日は昼の営業をお休みして、ご不便をおかけした皆様、本当に申し訳ありませんでした。

来週のマナスル登山隊の下見も兼ねて、甲斐駒ケ岳に登ってきました。来週は北沢峠からの往復なのですが、今日は登山を始めた高校時代から登ってみたかった、黒戸尾根に初めて足を踏み入れます。実は、南アルプスは今までもほとんど登ったことがなく、正月の赤石岳、2月の鳳凰三山に2度、あわせて3回しかありません。無積雪期に南アルプスに登るのは今日が初めてなのです。

登山データ→Other sport 09.26.2014 05:46.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠山を背景に記念撮影。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂からの鳳凰山と富士山。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

紅葉が綺麗でした(アートフィルター使用)。

駐車場から山頂までの標高差2200mを4:30、一時間あたりの高度は550mでした。30〜40代は普通に歩いて高度600m/h以上でしたから、年をとって体力が落ちたのは否めません。ほぼ、登山地図のコースタイムは高度300mを1時間で換算していることが多いので、約2倍のスピードで登ったことになります。

しかし、心拍データが最悪!!

五合目小屋跡の先の鞍部から連続する、山頂までのハシゴやクサリのルートでは、心拍数が最大心拍の90%以上にあたるゾーン5のまま。山頂に立つために訓練しているようなもので、全く楽しくありません。

【220-年齢】で導かれる数値がその人の運動時のMAX心拍数です。その60%〜80%で登山するのが理想ですが、今日は遥かにオーバー。山を登っている時に心拍数を確認してみてください。最大心拍の70%くらいであれば理想的なペースです。筋肉に余分な負荷をかけずに、脂肪燃焼効果が高いので、持久力が持続するペースになります。

では、今日のように最大心拍の90%以上で登山を続けるとどうなるか?呼吸が荒くなり、筋疲労も大きく足がつったり痙攣したりします。脂肪燃焼効果も低いので、すぐに休憩したくなって、継続して歩くことが難しくなります。当然、歩いていても全然楽しくない。

こんな経験、思い当たりませんか?

山でバテるのは、適切なペース以上のスピードで歩いていることが、一番の原因。山で心拍を計る習慣をつけましょう。自分の最大心拍数に0.7をかけた数値が登山時の自分の理想の心拍数。休憩の前に立ち止まって脈を計ります。10秒で確認した心拍数に6を掛けるか、6秒で確認した心拍数に10を掛けてください。事前に設定した理想の数値と一緒のペースで歩いていますか?最大心拍の70%のペースなら、おしゃべりしてもあまり息がきれません。

そんなにゆっくりのペースでは山頂に到達するのがいつになるかって?山はゆっくりペースでのんびり時間をかけて歩くから楽しいんですよ。

もう一つ、消費カロリーについて。

今日のPOLARのデータによると、消費カロリーは6976kcalでした。昨年、私が走った大町マラソンと大阪マラソン(どちらもフル)の消費カロリーのなんと2倍以上です。登山はそれだけ消費カロリーの大きい運動です。脂肪燃焼効率を高めるには最大心拍の70%以下が理想的。登山はこれだけ多くのカロリーを消費するのですが、ハァハァ・ゼイゼイの登山ではいくら口からエネルギーを摂取しても足りません。脂肪燃焼効果が高いということは、最大酸素摂取能力(VO2max)が向上します。ゆっくり山を歩くことで、持久力のトレーニングにもなっているのです。このことからも、登山はゆっくりのんびりペースがいいことがわかりますね。

心拍数でのペース設定は、大人なら若い方も、ベテランの年齢の方も同じで考えて支障ありません。ぜひ試してください。

今日のオーバーペースで、山荘に戻っても疲労感たっぷりです。

4月1日の全天球イメージ【RICHO THETA】と心拍データ【POLAR】

2014年4月1日入笠山山頂AM7:00 – Spherical Image – RICOH THETA

 4月1日7:00の入笠山山頂で撮影した【RICHO THETA】

方位盤も入れてみたのでおおよその方角がわかると思います。

そして

【POLAR】の心拍データ。

Other sport 04.01.2014 06:40.

山頂まで700mの距離を約14分。

このスピードならゾーン3に収まるようにしたいですね。いずれにしても700mの往復ではトレーニングにはちょっと物足りないので雪がなくなり次第コースを探したいと思います。

下山時に2か所、心拍数が飛びぬけて高くなっているところがありますが、

  • 距離約1.0km地点はやや西寄りに降りてしまい慌ててものとルートに戻るとき。
  • 距離約1.2km地点は氷結したツルツルの氷の上を滑らないように緊張しながら歩いているとき。

でした。

緊張が強まった時も心拍はきちんと上がるんですね。