「冬山」カテゴリーアーカイブ

イベントが続きました(5/18)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は富士見町と伊那市で入笠山のゴミ拾い。午前中はお互いのアプローチルートの清掃をして、午後から山頂の清掃をしました。

先週末から今日までいろいろなイベントがあって、ここでご紹介したいネタなのでじっくり書きたいところですが今日は概要紹介でご勘弁を。

先週週末は『マナスルの日』、1956年5月9日に日本山岳会隊がマナスル峰に初登頂したのを記念してのイベントです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

はしもとよしはる氏の山の歌はグッときます。 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

ぼうがつる賛歌、名曲です。 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

山の歌の会があり、記念品プレゼントがあり、スペシャルな夕食と朝食、お弁当とガイド付きの記念登山と盛りだくさんでした。

来年はGW後の週末、2018年5月12〜13日(土、日)です。お楽しみに!

週明けは『マナスル登山隊・会津駒ケ岳』の番外編でした。マナスル登山隊は昨年まで週末の登山企画でしたが、平日開催のご要望が多く、今回は番外編ということで過去の参加者中心の登山になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

駒の小屋の管理人さん『三橋さん』は槍ヶ岳山荘時代にお隣の殺生ヒュッテにいらした方です。久しぶりの再会にお酒も話も大盛り上がりであっという間の一晩でした。ありがとうございました。とても勉強になりました。

雪山ならスキーをもっていかないのは許せないので、自炊の荷物でいっぱいのザックにい板とブーツを括りつけてヒーヒー言いながらかつぎ上げました。

お見せするほどの滑りではないのですが・・・。

『駒の小屋』が目的の登山でしたが、本当に良い小屋でした。常連さんやリピーターさんが多いのですが、訪ねてみればそれも納得です。完全予約制の山小屋ですのでご予約して訪ねてみてください。

駒の小屋←詳細

改めて内容はご紹介したいと思いますが、軽トラックでの入笠山〜桧枝岐村の移動で少々疲れております。週末に備えて今夜はお休みさせていただきますのであしからず。

3月の連休も賑やかでした(3/22)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

昨日は一日雪が降り続いて・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

誰も踏んでないきれいな新雪が残っています。

3月のブログはこれで3回目の更新。ほんとにほんとに回数が少なくて申し訳ありませんでした。忙しいのは理由にしたくなかったのですが・・・こんなに回数が少なくては言い訳のしようがありありません。

その代わりと言っては心苦しいのですが、フェイスブックやインスタグラムで入笠山のリアルタイムの情報をアップしていますのでどうぞご覧ください。

重いけどたくさん積もりました。誰も踏んでない新雪がたっぷり楽しめます。
#マナスル山荘本館

マナスル山荘本館さんの投稿 2017年3月21日

おかげさまで、3月の連休は宿泊もランチもたくさんのお客様に山荘をご利用くださいました。絶品ビーフシチューも100食仕込んだのにご宿泊のお客様のご予約で連休中はほぼ売り切れ。優先してご宿泊のお客様にご提供していますのでビーフシチューご希望の方はどうぞご宿泊くださいませ(笑)。

3月18日はウニの命日でした。

先代の墓参り
#マナスル山荘本館

マナスル山荘本館さんの投稿 2017年3月17日

コハダと一緒に墓参りをしてきました。

連休中の18日にはジャズライブのイベントもありました。

先日のジャズナイトの一曲。
“死んだ男の残したものは”
YouTube でも見られます‼️

https://www.youtube.com/watch?v=d8SIo5j3hi0&feature=youtu.be

マナスル山荘本館さんの投稿 2017年3月21日

山荘の女将見習い・飯倉聖子さんもセッションに加わりとっても楽しいイベントでした。山荘で聖子さんを見かけたら『歌のお姉さん』と声をかけてくださいね。

スノーシューLITE ハイクも春の雪質になったもののまだまだ楽しめました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3連休は何とか水源の水を集めて営業に間に合わせることができました。今週平日はまた週末に向けて水源の水を貯水槽にためているところです。雪解け水が山にしみこみ水量が増す時期なのに・・・先週までの冷え込みが例年になく厳しかったということですね。今週平日はランチをお休みしますが、水量が回復次第再開しますのでよろしくお願いします。週末に間に合うようにビーフシチューも仕込みます。

この冬のシーズンは4月8日の宿泊と4月9日のランチで締めくくります。グリーンシーズンの営業再開は4月29日から。グリーンシーズンの宿泊ご予約も受け付けていますのでどうぞご連絡ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

では最後に、今日新雪のルート付けのラッセルを頑張ったコハダのサービスショット。

冬ですからいろいろあります(3/12)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

3月になりブログの更新回数がめっきり減ってしまってごめんなさい。これにはいろいろ理由がありまして・・・。

この冬は雪降りの日も多く、三月になっても冬山らしい入笠山を楽しめます。おかげさまで、宿泊・ランチにご利用されるお客様も増えました。ビーフシチューも毎週売り切れてしまう人気メニューになりました。本当にありがとうございます。

そのために、いろいろ足りなくなってしまったものもあります。ビーフシチューの仕込み回数が増えたせいかプロパンガスが足りなくなり、運搬車の『まさお』を導入して雪道を運び上げました。

50kgボンベは1本約100kg、さすがに歩荷は無理ですね。

これが3月第一週、他にもお米、生ビール、食用油、灯油・・・食材もいろいろ足りなくなって歩荷と『運搬車のまさお』のフル稼働です。毎日のように荷揚げをしています。

さらにここ数日の真冬並みの冷え込みで水源の水量が乏しい状況に。例年なら気温が上がって水量が増える時期ですが、これは計算外。ご迷惑をおかけしまして誠に相済みません。一日に何度も水源の確認に行き、少ない水を確保しながら営業しています。

また、屋根の雪が日中融けて夜明け前に凍るということをこの時期繰り返すので、軒先の成長した氷をたびたび屋根に上がって砕くという作業も毎日です。

ということで、明日からの平日は洗濯のための下山や水源の水を貯水タンクにためるためランチの営業をお休みしたいと思います。ご迷惑をおかけしますが、事情をご理解のうえご協力をお願いいたします。平日に入笠山を登りに来られる皆様にはご迷惑をおかけしますが、3連休には準備万端でお客様をお迎えできるように準備したいと思います。

この週末は三宅岳・写真教室が開催されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年はあと3回の写真教室を予定しています。

2017年6月17〜18日 テーマ・スズランとコナシの花
2017年8月5〜6日 テーマ・夏の入笠山
2017年10月21〜22日 テーマ・カラマツの紅葉

いずれも1泊2日で参加費は¥16000。参加費には講習・2食付宿泊・ランチが含まれます。山の写真撮影を初級レベルから中級レベルにアップしたい方に最適です。

たくさんの登山者でにぎわった入笠山山頂。陽が傾き、登山者が下山して静かになったタイミングで登ってきました。

来週は14日〜15日あたりにまた雪になりそう。3連休はまた雪の入笠山を楽しめそうです。

冬の入笠山、楽しんでますか?(2/13)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

【お知らせ】
2月15日(水)は荷揚げや下界でのいろいろな業務手続きのためランチ・宿泊がお休みとなります。来週2月20日〜22日と2月27日〜28日も食材・燃料等の荷揚げのためお休みになりますのでご注意ください。

この週末はとっても大勢の方が入笠山に登りました!富士見パノラマの駐車場も、チケット売り場も、ゴンドラ乗り場も長蛇の列だったそうで、そんな状況でもスノーシューを楽しみに登ってきてくださった皆さんに感謝です、ありがとうございました。

ビーフシチューも土曜日は午前中からご注文が集中し、日曜日は土曜日宿泊のお客様の予約で売り切れになってしまいました。楽しみに登ってこられた方、本当に申し訳ありません。日曜日は準備した食材も昼過ぎにはなくなってしまい、お待たせしたり、オーダーが溜まり過ぎてお断りしたりで本当にお詫びの言葉もありません。料理のご提供が遅くなってもお待ちくださった皆様、ありがとうございました。

こんな状況ですから、写真を撮りに行く時間もないし、出かけたのは山荘周辺の半径50m以内のみ。そういえば槍ヶ岳山荘時代、お盆や海の日に一歩も山荘から外に出ない日があったことを思い出しました。

入笠山はスノーシューの楽しい山、アイゼンやワカンでは本当の意味での入笠山を楽しむことはできません。さらに言うと日帰りではまったくもってつまらない山。日帰りの登山者が下山した後の斜光線に輝く八ヶ岳、星空や月明かりのスノーシューハイク、朝日に輝く霧氷、モフモフの新雪を歩くスノーシュー。山荘のお食事や飲み放題を目的の方もたくさんいらっしゃいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この週末は久しぶりの再会もありました。

信州山案内人の赤沼千史さん。BS・TBS『日本の名峰・絶景探訪』でガイドをされているのでとっても有名ですね。10年以上ぶりにお会いしました。赤沼さんとは私が大町の山案内人だったころからのお付き合いです。ガイドの先輩としていろいろ教わりました。山小屋が山の生活のメインだった私とはガイドと小屋番という関係もありました。短い時間でしたが、「変わらないね」と言いながら「お互い老けたね」なんて会話や昔話で盛り上がり、週末の忙しさをちょっと忘れさせてもらえたひと時でした。

宿泊の予約状況は3月後半まで土曜日は満室。平日の予約も増えています。ご予約はウェブサイトまたはお電話(0266-62-2083、090-7632-5292)までお願いします。キャンセル待ちはお受けしていません。キャンセルが出た場合はウェブサイトやフェイスブックでお知らせしていますが、その時はお電話でのみ受付しています。

明日の午後はひと降りありそうですね、雪面がリセットされるくらいに降ってくれるといいですね。

雪の状況(2/2)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

【お知らせ】
来週、2月6日〜7日は休館となります。宿泊・ランチともにお休みになりますのでご注意ください。

今朝の最低気温がマイナス16℃、厳しく冷えた朝になりました。水道は凍結せずに、ホッ。日の出とともに次第に青空が広がるのを見ていたら我慢できなくなり・・・スキーを装着して飛び出してしまいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゴンドラを3本だけですが、久しぶりの滑走で足がパンパンです。明日の歩荷は大丈夫だろうか?乾いた雪のゲレンデを楽しんできました。

入笠山は1月30日の雨と気温の上昇により雪面が緩み、その後の冷え込みで雪質が一変しました。昨年のようなアイスバーンではないですが、固くしまった雪になっています。

スノーシューができる新雪エリアを探しに大阿原湿原に偵察に出かけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フカフカの新雪が一面に広がる大阿原湿原ですが、雪面はクラストしスノーシューで歩いてもあまり楽しくありません。スノーシューを踏み込むと表面が割れて場所によっては地面まで踏み込んでしまうところもありました。浮遊感は全く味わえず。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

湿原全体に積雪量が少なく、木道以外は足を踏み入れるのをちょっと躊躇してしまいます。

とはいっても冬の大阿原湿原はとてもきれい、テイ沢も雪が少ないので沢の流れが氷に覆われた美しい景観になっています。時間のある方はぜひお立ち寄りください。

スノーシューは今のところアイゼン替わりとして使用する感じですね。入笠山全体でチェーンスパイクが一番歩きやすいと思います。山荘〜大阿原湿原〜テイ沢〜入笠牧場〜山荘の周回ルートもチェーンスパイクで歩けます。

さて、次の降雪ですが5日の日曜日に期待できそう。降りはじめが5日未明なら日曜日はまたスノーシューが楽しめる雪にリセットされそうです。その後は次の週末前に降雪の予想。11日〜12日はいつものスノーシューが楽しい入笠山に戻ってくれそうです。

夕陽が山を照らしていたので、入笠牧場方面に出かけました。冷たい西風が強く吹いて顔が痛かった!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

待望のスノーシューハイク(1/15)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今朝の最低気温はマイナス18℃、今季最低です。今この原稿書いている19:00はすでにマイナス14℃、明日の朝もかなりの冷え込みになることと思います。

この週末は入笠山の新雪を楽しみにきた登山者で大賑わい。ランチタイムも順番待ちで大変お待たせしてしまいました。ビーフシチューも売り切れてしまい、楽しみに登ってこられたお客さまにご迷惑をおかけしました。誠に申しわけありませんでした。

今日は今シーズン初めてのスノーシューハイクのご案内でした。マナスル山荘本館では『月影スノーシューハイク』と『スノーシューLITEハイク』の二つのプログラムがあります。どちらも宿泊者限定で、その時その時の参加者のレベルや積雪状況でスノーシューが楽しめるエリアを選択してご案内しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだ山頂付近のエリアではスノーシューが楽しめるほどの積雪にちょっと足りないものの、サラサラ雪の吹き溜まりがあちこちにできていて期待が膨らみます。

スノーシューLITEハイク #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)が投稿した動画 –

山荘前のゲレンデはこんなにパフパフ?モフモフ?のパウダーでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いや〜昨年はほとんど味わえなかった新雪、こんなに楽しいなんて・・・知ってましたよ。もう少しブッシュが埋まってくれると入笠山の無限のスノーシューフィールドが楽しめるようになります。

よくある山荘への問い合わせで「山頂へはスノーシューが必要ですか?」というのがありますが・・・山頂へ行くだけだったらスノーシューで歩いても全然面白くありません!が答えです。

登山道や大勢の歩いたトレースはスノーシューで歩いても全く面白くありません。スノーシューは新雪の浮遊感を楽しみながら歩くもの、ワカンも目的が違うのでスノーシューの楽しさを味わうことはできません。

スノーシューの本当の楽しみを知りたい方は山荘にご宿泊ください、楽しいコースと歩き方をお教えします。

明日は週末で使ってしまった食材を買い出しに出かけますので、ランチの営業はお昼過ぎになりそう。ビーフシチューは週末に売り切れてしまったので次の仕込みまでお待ちください。

スノーシューシーズン開幕(1/9)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

昨夕からの降雪は朝方まで続き、スノーシューができるくらいの積雪になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モフモフの新雪をスノーシューで歩くシーズンが遅ればせながら始まりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日(8日)こんな感じだった入笠湿原も

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今朝はこうなりました。

アイゼンやスノーシューの登山者、ワンちゃんたちは木段の横のトレースを利用してください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木段は間隔が広く空いているのでスリップすると足が隙間に挟まり危険です。木段を痛めないためにもご協力をお願いします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂付近の登山道はまだ雪が少なく、岩や木の根っこを踏んでしまうのでスノーシューは注意が必要です。

まだまだ積雪は少ないですが、雪山らしくなった入笠山はとてもきれいでした。今週は寒気が日本の上空にとどまるのでさらなる降雪を期待したいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

明日10日と明後日11日は休館日になります。らんち、宿泊ともにお休みなのでご注意ください。ご協力をよろしくお願いします。

明日の朝が楽しみです(1/8)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

昼過ぎから降り始めた雪が着々と深さを増しています。現在、吹き溜まりで30cmくらい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

玄関から外を覗くと雪がものすごい速さで左から右へと吹き付けています。吹雪ですね、思わず笑顔になっちゃいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ですが、山荘内は薪ストーブでポカポカ。ご宿泊の皆さんは飲み放題を楽しんだり、読書にふけったり。思い思いに過ごしています。

明日の朝までこの調子で降り続く予定、朝の雪の量が楽しみですね。山荘の周りはさらっさらの新雪で一面の雪景色でしょう。すでに昨年にはなかった雪景色になっております。

朝食後はスノーシューで山頂へのルート偵察。誰も踏んでない新雪をご宿泊のお客様と今シーズン解禁のスノーシューでトレースを付けに行こっと。

来週末までの期間は日本の上空に寒気が居座るのでさらに積雪が増える予感です。明日は今シーズン初のスノーシューと真っ白に輝く入笠山の写真をアップしますのでお楽しみに。

明日はランチの営業は通常通り。10〜11日は休館で宿泊・ランチともにお休みとなりますのでご了承ください。

雪はいつ降る?(1/6)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

年末に降ったきりその後の降雪がありません。次はいつ降るのでしょう?現在は年末の雪が冷え込みで残っているものの、スノーシューができる状況ではなく、アイゼン(軽アイゼン、チェーンスパイク)が必要です。

日本気象協会tenki.jpより1月9日の予報図。

東シナ海にある前線が低気圧を伴ってこの週末に本州南岸を東進します。同時に上空の寒気が南下、日本列島はすっぽり寒気に覆われます。

私の予想ですが・・・

  • 7日:高気圧に覆われて晴れ、午後から雲が広がる
  • 8日:曇り、夕方から雪
  • 9日:一日とおして雪

ではないかと。

9日はスノーシューができるくらいの降雪になるのではないかと思います。かなり希望が濃く入っていますが。

9日は雪山らしい入笠山になりそうです。8日に宿泊して、9日に雪山らしくなった入笠山で雪遊びはいかがでしょう?昨シーズンは全く味わうことができなかった雪が降り続く感覚、静かに積もりゆく雪景色を観ながらの飲み放題も最高です!

今のところ8日はまだ空室が残っています、ご予約はお電話0266-62-2083、090-7632-5292へどうぞ。


今年は三宅岳さんの写真教室を3回開催します。

  • 3月11日〜12日 冬山の撮り方
  • 6月17日〜18日 スズランやコナシの花の撮影
  • 8月5日〜6日 夏山の撮り方
  • 10月21日〜22日 紅葉の撮影

いずれも1泊2食付の講習で講習料は16000円(宿泊込み)です。

以下詳細↓

【日程】 2017年3月11日(土)〜12日(日) 1泊2日
【集合】 マナスル山荘本館 3月11日(土)11:00(JR富士見駅10:00発のシャトルバスで間に合います)
【解散】 マナスル山荘本館 3月12日(日)14:00(ゴンドラ山麓駅15:00発JR富士見パノラマ駅へのシャトルバスに乗車できます)
【参加費】 16,000円(宿泊、夕食、朝食、昼食、講習料を含む)
【用意するもの】JPGで撮影できるデジタルカメラ(スマホは不可)、取扱説明書、三脚(体力のある人は用意、無くてもOK)、冬山装備一式
コンパクトデジカメ以上。推奨は一眼レフまたはミ
ラーレス一眼
体力のある人は三脚。無くてもOK
予備バッテリー(寒いとバッテリー消耗が大きくなります)をできるだけ用意
充電器(マナスル山荘本館で充電可能)
機材が入る大きめのジップロック(結露防止のため)

【特典】 スノーシューレンタル無料

●登山経験のない方は参加できません(低山OK)
●両日とも昼食をご用意するか、山荘のランチをご利用ください
●集合時間前にチェックインできます
●遅くとも10:30にゴンドラに乗車してください
●ゴンドラご利用の方は「マナスル山荘本館宿泊」とチッケット売り場で伝えると往復チケットが割引になります
●最低限の雪山装備が必要です(ピッケルやアイゼンは必要ありません)
●撮影にはRAWだけではなくJPGも同時にお願いします
【講師】三宅 岳 (みやけがく)
写真家。1964年生まれ。東京農工大学環境保護学科卒業。ユズ編集工房にてアシスタントののち独立。
自然と芸術の町・藤野町篠原(現在は相模原市)に暮らし、山や自然を中心に撮影を続ける。
山は本書にとりあげた北アルプスをはじめ、自宅から近い丹沢山塊などが主な撮影場所。
一方、山仕事や林業に興味をもち、炭焼職人を訪ねて全国に撮影を重ねる。
スタジオや建築などの撮影もこなす。毎秋、近所の仲間と篠原展を開催。
『山と渓谷』『岳人』『ワンダーフォーゲル』『トランピン』『山の本』『住む』『炭の力』
などの雑誌で活躍中 マナスル山荘本館での写真教室講師

お申し込み:マナスル山荘本館 担当:山口 TEL&FAX 0266-62-2083、090-7632-5292
またはメール info@manaslu-sanso.com HPからもお申し込みできます


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毎日、高層雲の変化が楽しいです。昨日は彩雲が見られました。

屋根に登れる部屋が一部屋だけあります。グリーンシーズンは布団干しで使用される部屋、ご希望でしたらご予約時にお伝えください。

今週末の入笠山は?(12/21)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今週末のクリスマス連休、宿泊キャンセルがあり空室ができました。今からではウェブサイトからの予約ができませんので、宿泊ご希望の方はお電話でお願いします【0266-62-2083、090-7632-5292】

なぜキャンセルが出たかというと、週末の天気予報と積雪量ですね。

現在の積雪は

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゴンドラ山頂駅付近の登山道も地面がでてきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠湿原の木道も雪が融けて普通に歩けます。

日陰や林道、山頂への登山道には凍結箇所があり滑りやすくなていますので登山には軽アイゼンやチェーンスパイクがあると安心して歩けます。

残念ながらスノーシューはまだできません。持参したからとスノーシューを装着して歩いても楽しくないうえにスノーシューを壊してしまったりで悲しい思いもすることになります。

山荘前のゲレンデでには雪が残っていて、ソリは遊べます。


では今週末の天気はいかに・・・

GPVの雨量予報によると明日22日の昼頃より雨が降りはじめ、夜中には寒冷前線の通過に伴い一時強い雨となり朝方まで降り続きそうです。日本海を進む低気圧の影響ですね。

天気図は『日本気象協会tenki.jp』より

北海道の東に抜けた低気圧は24日にかけて猛烈に発達します。いわゆる冬型の気圧配置が強まるってヤツです。

明日22日の夜中から寒気が南下してきますので、23日の夜明け前いつごろから雪に変わるのか?このあたりがポイントでしょう。

22日の夜から雪に変わって23日〜24日と降り続いてくれたら真っ白な雪山に早変わりなのですが・・・積もってくれれば24日はスノーシュー解禁!となりそうです。そうなるように三宅岳・作詞作曲の『入笠山音頭』を、さ〜皆さん一緒に踊りましょう。


『入笠山音頭』 ん?『入笠音頭』 どっちだっけ?

入笠よいとこ
一度はおいで
春夏秋冬お楽しみ
木道歩けばスズラン揺れる
入笠湿原明るいよ
はーあ
どどんがどん
どどんがどん

入笠よいとこ
必ずおいで
ゴンドラ揺られて
夢心地
ぽっかり広いぞ大阿原
軽い足取りテイ沢へ
はーあ
どどんがどん
どどんがどん

入笠よいとこ
何度もおいで
まわりはぐるっと
百名山
木曽御岳から槍ヶ岳まで
見事な眺めの展望台
はーあ
どどんがどん
どどんがどん

入笠よいとこ
やっぱりおいで
霧氷の森を
スノーシュー
舞うは粉雪氷点下
新雪蹴ってどこまでも
はーあ
どどんがどん
どどんがどん

入笠よいとこ
今度もおいで
牧場を風が
駆け抜ける
高座岩やら首切清水
歩けば感じるその歴史
はーあ
どどんがどん
どどんがどん

入笠よいとこ
夜にもおいで
ナイトハイクで
てっぺんへ
闇夜に見上げる満天の星
降ってそそぐは流星群
はーあ
どどんがどん
どどんがどん

入笠よいとこ
お泊まり召され
ビーフシチューに
焼きたてパン
豪華絢爛雲間の御殿
マナスル山荘本館
ここにあり
はーあ
どどんがどん
どどんがどん

はーあ
どどんがどんどどんが


23日は大荒れの吹雪でも薪ストーブで暖かい山荘でゆっくり飲み放題を楽しんで、24日はサラサラの新雪をスノーシューで歩く!24日も降り続くかもしれませんが、それはそれで大歓迎。

こんな連休になることを期待しましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は山荘からスキーを背負って富士見パノラマへ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゲレンデで今シーズン最初の滑走を楽しみ、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰りは歩荷。

山荘に宿泊してのスキープランを次回はご案内したいと思います。