「登山道状況」カテゴリーアーカイブ

紅葉や山の状況(10/17)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

金、日、月と雨が降り続いて、今日もまだ降ってます。午後になって小降りになりましたが、今度は濃厚な霧に包まれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雨と一緒に風も結構強く吹いたので、色づいた葉っぱがかなり落ちてしまいました。登山道を彩る落ち葉はとってもきれいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テイ沢の『キシャヤスデ』。集団見合いでたくさんのカップルが誕生したようで婚活も終焉を迎えそうです。噛んだり、刺したりしないし、毒もないので心配せずに歩いてください。カラマツの落ち葉を耕して土壌を豊かにしてくれるいい奴らですから。テイ沢の紅葉も見ごろになってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は地図に載っていない私の好きなスポットに草刈りに出かけました。先日はまだ早いと思った紅葉もしっかり進んでおります。入笠山を訪れるかたもほどんど足を踏み入れないエリアですが、原生林の森が楽しめる入笠山の自然がたっぷり残る場所です。

いま外に出てみると星が輝いていました。明日は天気が回復しそうです。紅葉の進みがいかほどか、じっくり見てこようと思います。

雨が降り続く前の紅葉をどうぞ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠山の東斜面の紅葉がいいのではないかと思っています。

今度の週末は台風21号が心配ですね。直接的な影響よりも南からの湿った空気を大量に送り込むことによる雨の心配。ジャズライブや写真教室のイベントが予定されているだけに悩ましいところです。

 

秋色の入笠山(9/13)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今朝の山頂。昨日は強い雨の一日でしたが空気をきれいに洗ってくれたので雲は多いものの空きらしいカラリとした青空の山頂でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、台風18号が気になりますね。連休に登山予定の方は今後の進路をよく確認してください。

日本気象協会tenki.jpより

山の色が秋色に変わりつつあります。日の出の位置も南下し、日の出時間も5時を回るようになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これからは晴れた朝には山頂から雲海が広がる日が多くなってきます。晴れた夜にはキラリ輝く満天の星空を楽しむことができます。マナスル山荘に宿泊して山の秋と星空、朝の雲海を楽しんでください。あっ、天気が悪ければ飲み放題と山の本と映像。のんびり過ごすからこそ味わえる山小屋タイムです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

談話室には山の本がたくさん、ギターもどうぞ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山の映画もいろいろ。

ちなみにこの連休(9/16〜18)、台風の進路を見極めているのかまだお部屋に余裕があります。台風が心配でアルプスなどの登山んをどうしようか迷っている方、『雨が降ったらマナスルで飲み放題』が合言葉です。どうぞお忘れなく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今週末はビーフシチューもたくさん仕込んで皆さんのご注文をできるだけお受けできるように準備したいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

剱岳でも北鎌尾根でもMSBTシャツを着て宣伝してきましたが、入笠山での写真はもしかして初めてかな?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

好評販売中¥3000、サイズサンプルもご用意しています。ビーフシチューを食べなくても購入できます(笑)。

天気のこと(8/4)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

けさは久しぶりに空が広〜い朝でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台風5号が迷走から自分の進路を見出し接近しつつあります。

日本気象協会(tenki.jp)より

直接的な影響は週明けくらいになりそうですが、今日の入笠山上空の大気状態はまずまずのようです。

台風が天気図に現れると途端に「台風が来たから山はダメ」と言い出す方がいます。梅雨明けの時もそうですね、「梅雨明けしたのに晴れない」などなど。一般の気象に興味のない方ならともかく、登山をされている方からこのような言葉を聞くとちょっと失望してしまいます。

梅雨明けはについては速報値だし、台風も進路予想。概況として今後の対策を考えるのは当然として、いまの状況は?と考えることが大切です。大きな災害につながる台風や前線の動きはもちろん警戒するべきだし、間違った判断で無理に登山を続けるのもいけません。が、スマホで山の上でも天気予報が簡単に手に入るようになって、登山者の天気や雲に関する知識がとても薄くなっているように感じます。

例えば今朝の山頂から甲斐駒に向かって撮った写真。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠山から甲斐駒に向かって左サイドの山梨県側は曇り、右サイドの長野県伊那方面は晴れです。

高い山から雲海を観たことがある方も多いと思いますが、天気はエリア全般が同じ状況ではなく、地形に大きく影響されて地点や高度また時間経過で大きく変わるということをよーく理解してください。そのうえで自分の登る山はどうなんだろうか?と情報を集めて考えること。さらに天気図と実際に浮かんでいる雲を比較することも山の天気に詳しくなるために必要なことです。

入笠山の東斜面にべったり張り付いてる雲は地上からはこのようになっています。

山荘の美味しいたまごを仕入れている八ヶ岳実践農場から入笠山方面の写真。こう見ると山の上は曇っているように見えますが、山頂からは西側のエリアを中心に青空と展望が広がっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、今年は突然の大雨や雷雨が多いので、注意報や警報にも素直に耳を傾けてください。台風や梅雨明けには大騒ぎするのに、大雨警報はあまり関心を持たれない方が多いのも事実です。

山の天気はスマホを見ているだけでは何もわからないし、知識も身につきません。山小屋のテレビの前で「高気圧に覆われているから晴れ」なんて大声で解説している人も実はよくわかっていない人。

登山は自分の技術や知識を駆使して、目的の山に登り帰ってくるゲームです。自然相手だからこそ不確定要素が多く、それが登山の魅力でもあります。天気の知識も登山に必要なその一つ。難しい高層天気図や気象支援図を読めることより、自分のいる山の雲や風などの空気の流れを五感で感じられることが山の気象入門なのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠山に多いサルオガセも霧の通り道に多く発生します(と思われる)。植生からも山の気象傾向が判断できるひとつの例として。

問い合わせの多い現在の状況です(5/31)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日は午後から雨が落ちてきました。雨と陽ざしが繰り返されると山野草は元気に育って一気に葉を広げます。

今日の入笠山の開花状況

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山荘前のお花畑のスズランは葉を広げ始めました。開花までもう少しです。入笠湿原の気の早いスズランが今週末から咲き始めるかもしれません。例年より少し遅いですが、ここ数日の気温の上昇でぐんぐん伸びています。

スズラン以上に見ごたえのある『ズミ(コナシ)』はというと・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠牧場の林道沿いに開花を始めた木を見つけました!

今のところこの木だけが花をつけています。標高の低い所から花が咲き始めるのですが、山荘から入笠牧場のズミにはピンクのつぼみがほとんどの木にありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピンクのつぼみと白い花が賑やかに山を彩るこれからの季節は、入笠山がいちばん華やかで見ごたえある景色になります。本当に、スズランがかすんでしまうくらい。

今週末には開花する木が増えることでしょうね。

撮影したのは牧場の管理棟『JAハウス』に向かう三差路付近です。満開の時は林道がズミのトンネルになる場所。

チラシのこのあたり。PDF⇒2017GA4チラシ裏 

山荘から1時間もあれば歩いて回れるエリアですが、やっぱり山荘に宿泊して、西に傾く陽を眺めがてら訪ねてほしい所です。この週末なら午後4時くらいに山荘を出発して1時間〜1時間30分かけてゆっくり散歩するのがおススメです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

にわか雨の合間に出かけましたが、霧もこの山には似合うんですよ。写真撮影でも入笠牧場の牧草地には立ち入らないように気を付けてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日はビーフシチューの仕込み。今日、明日と煮込みますが、販売は土曜日からにしたいと思います。金曜日にもう50食仕込む予定なので、週末は余裕があるかも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あめ色になるまでじっくり火にかけたフライドオニオンがビーフシチューの隠し味のひとつです。

新緑がまぶしい美しい季節です(5/26)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

明日からの週末、高気圧に覆われて天気は上々。ビーフシチューも仕込み完了。濃厚プレミアムソフトも明日の仕込みを待つばかり。週末の準備もほぼ整いました。

スズランはまだ芽が出たばかり、花が咲くのはまだ先になりそうです。この山はスズランより美しいものがたくさんあります。満開のズミは山一杯に白い花を咲かせてそれは見事に山を彩り、高座岩から眺める山並みや鹿嶺高原に続く穏やかな尾根道。テイ沢の清流に大阿原湿原の原生林は本当に素晴らしい。

そして今限定の美しい新緑。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山荘〜入笠牧場〜高座岩〜テイ沢〜大阿原〜入笠山〜山荘が本当の入笠山を知ることができるコースです。ここを歩かずに入笠山の魅力はわかりません。山頂往復だけの方は入笠山に登ったと言わないでください((笑)ではなくてマジです)。

初夏の入笠山の主役・ズミ(こなし)はつぼみが付き始めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何度も言いますが、この山の主役はスズランではなくて山いっぱいに咲くズミの花です。こんなに山一杯にズミの花が咲き乱れる山は他にないのではないのでしょうか?

ぜひ宿泊して入笠山の本当の魅力を味わってください。

信州ハーブ鶏のから揚げ定食1300円が人気です。ご飯は大盛りもお替りもOKです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高座岩へお出かけください(5/9)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

次の週末、5月13日はマナスルの日。

【マナスル山荘本館ファンは集まれ!『マナスルの日』】

1956年の日本人によるマナスル初登頂をお祝いする『マナスルの日』のイベントをリニューアル。山荘をご利用するお客様と山の歌や山の話し、美味しい料理とお酒で楽しく過ごすイベントに変わります。マナスル山荘ファンには見逃せない楽しいイベントです。

日にち 2017年5月13日(土)〜14日(日)1泊2日
場所 入笠山・マナスル山荘本館
会費 大人12000円、小学生5000円
(宿泊、夕食+朝食、飲み放題、記念品付き)
アルコールなしの大人1名は10000円

楽しいイベントです!週末ご予定のない方はぜひご参加ください。平日は外で作業していることも多いので

携帯090-7632-5292

へのご連絡が確実です。

このイベントで宿泊翌日に記念登山を行いますが、そのコースとなる高座岩(こうざいわ)に出かけました。

入笠山のエリアでテイ沢と並ぶくらい私のお気に入りの場所。気持ちの良い尾根道で、歴史スポットでもあります。山荘からは歩いて片道1時間〜1時間30分程度の場所なのですが、訪ねていく方はほんのわずか。暖かい日差しの下、のんびりと過ごせる気持ちの良い場所なのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日は「百名山を登っているくらい山のベテラン」と仰る数人の登山者が山荘に立ち寄り一言、「しょぼい山ですね」と言って帰ったそうな。

山頂に立つだけが目的の人にはこの山の本当の魅力はわかりません。標高2000m近くの山に古代から人の往来があり、山に人が係わりながら形成された自然が豊かな中級山岳です。入笠山の山頂はアルプスや八ヶ岳に囲まれた大展望が魅力ですが、それ以上の山の魅力がその周辺にあります。季節や時間帯を変えて訪ねるとさらに入笠山の本当の姿を理解してもらえるでしょう。

そんな入笠山を登りに来る方には美味しいランチを食べていただきたいと思っています。春からの新メニューも講評です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

信州ハーブ鶏のから揚げ定食 ¥1300

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

濃厚プレミアムソフト フル¥400、ハーフ¥300

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三元豚のソースかつ丼 ¥1300 ハーフ¥1100

ソースをこの春よりそばつゆとのブレンドで伊那谷スタイルに変更しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝食には焼きたてパンのほかにも自家製納豆と八ヶ岳農場の新鮮玉子をご提供。納豆玉子かけごはんが楽しめます。

定番の『絶品ビーフシチュー』も頑張って仕込んでいます。ご希望の方は山頂に登る前に山荘でご予約するのが確率高く食べられる方法。ご宿泊の方はご予約時にビーフシチューも併せてご注文してください。

GW直前の山頂ルート状況(4/28)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

お待たせしました。いよいよ明日よりグリーンシーズンの開幕です。ランチも営業再開(10:00〜14:00)です。新メニューも始まりますので前回のブログをチェックしてください。

新メニュー始めます(4/26)

春になっても最低気温の低い日が多く、残雪も多く残っています。今朝は5:00の気温がマイナス5℃でした!。山荘から山頂まではルートのほぼ半分が雪に埋まっている感じ。深いところもあり、氷化しているところもあり、雪が融けた場所はぬかるんでいたりして大変・・・ではなくて面白い状況です。「あっ、まだ雪が残っているんだ」とか「どこに足を乗せると踏み抜くか?」なんて面白がって残雪の入笠山を楽しんでいただければと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただし、スニーカーやローカットのシューズでは歩きにくいのでトレッキングシューズ以上をご用意ください。雪で滑って手をついてもいいように軍手や防水の作業手袋。靴下の替えやパンツ(ズボン)の替えもあると安心です。必要であればストックも。

雪道を楽しんで(苦労して?)登ればそこは大展望の山頂。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山岳エリアの残雪が美しい季節です。

ルートの詳細は動画をご覧ください。

山荘から山頂。岩場コースはほぼ山荘に埋まってます。 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

山荘から岩場コースを経由して山頂。岩場コースは雪に慣れた方なら楽しいコース。(地図の赤ルート)

続いて山頂から巻き道ルート。雪のないところはかなり泥濘んでいます。 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

 雪になれたない方は巻道ルートを登山下山に使用してください。(地図の青ルート)

下りに雪道はちょっと心配という方は首切清水への登山道を下山して林道経由で戻ることができます。雪は全く残っていません。(地図の緑ルート)

濃厚プレミアムソフト(フル400円、ハーフ300円)も明日から販売開始です。

新メニュー始めます(4/26)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日は針ノ木雪渓に滑りに行こうと思いましたが、大町方面が雨のため断念。入笠山も雨が落ちてきそうな重い雲でしたが、テイ沢の状況確認に変更しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雪はほとんど消えて、歩くのに特に支障はありません。新緑や花はまだですが、一年で水量の一番多い時期なので迫力あるテイ沢を見ることができます。

グリーンシーズンからの新メニューをご紹介。

今までお弁当はサンドイッチでしたが、グリーンシーズンはご飯のお弁当になります。【お弁当¥1000】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

豚の焼肉、味付き玉子、鮭の塩焼き、野菜。トッピングの下にご飯があります。ご飯は大盛りも対応します。肉のたれがご飯と野菜に染みてとっても美味しく食べられます。

お弁当は宿泊の方限定で、前日までのご予約になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いてランチの新メニュー【から揚げ定食¥1300】

シンプルな和風のたれで漬け込んだ信州ハーブ鶏をから揚げにしました。ご飯と味噌汁がセットです。ご飯の大盛りも料金そのまま。れもん風味の特製タレを添えますので、最初はそのまま、食べ進んだらタレでテイストを変えて楽しんでください。

続いておつまみ2種。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長野産のコーンを使用したポップコーン¥500。テイストはバター+塩。注文を受けてから作るのでとっても美味しい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フライドポテト¥500。メークイン2Lサイズ1個分が一人前。これも注文を受けてからポテトをカットして揚げます。冷凍の加工してあるファミレスやファストフードのポテトとは一味違います。

おつまみは当面宿泊の方限定、飲み放題のおつまみにどうぞ。飲み放題にはチューハイもラインナップに加わりました。

また販売していませんが、現在開発中なのが『あずさ弁当』。イメージはこんな感じ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

JR富士見駅から特急あずさで帰る方が、車内で飲みながら食べるイメージで作ります。つまみにもなるし、お腹も満たされる。

富士見駅には売店はなく、駅そばのお店しかありません。「つまみも売っていない、ビールも売っていない、富士見駅では車内販売の弁当も売り切れていることが多く、寂しく帰る」というお客様の声を商品にしようと思っています。ビールは富士見パノラマの売店で地ビールが購入できますからどうぞご利用ください。

ということで、食事メニューのさらなる充実を試行錯誤しながら進めていきますのでどうぞお楽しみに。

GWの登山道は?(4/24)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

GWからの営業再開に向けて準備に忙しい毎日です。久しぶりに山頂へ出かけました。今年は3月末〜4月上旬に続けて積雪があり冷え込みも春先まで続いたので例年より残雪は多めです。

現在のルート状況です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

①山荘を出てすぐに雪が現れます。傾斜もあるのでアイゼンがないと結構つらいかも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

②分岐の手前の吹き溜まり。残雪量が一番多いところ、油断すると膝まで潜ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

③岩場コースと巻道の分岐も一面の雪。岩場コースは残雪量も多く、アイゼンがないと苦労します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

④岩場付近。ここまではひたすら急な雪の斜面を登ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑤山頂直下の陽当たりの良い斜面は雪が少ないです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑥山頂 まったく雪はありません。

下山は巻道へ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑦南斜面には雪はほとんど残っていません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑧北斜面に入ると一面雪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑨分岐付近まで雪が辺べったりです。

写真の番号はこの地図で確認してください。矢印は撮影した方角です。地図は国土地理院のサイトからの拝借です。

ルートの確認ということで登りは赤の岩場コース、下山は青の薪道を使用しました。どちらも雪が多いですが、慣れない方は登下山ともに巻道コースを選択してください。アイゼンやチェーンスパイクはあれば安心ですが、山に慣れた方ならなくても歩けます。シューズは登山靴、トレッキングシューズ、長靴がいいでしょう。ローカットのシューズやスニーカーは不向きです。

宿泊の方にはチェーンスパイク、ストックを無料で貸し出ししています。台数が多くないので先着順になります。長靴も何足かありますから必要でしたらどうぞお使いください。日帰りの方はどちらも有料です(1000円)。

所々雪が緩んでいて、油断すると膝まで潜ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あちこちに穴ぼこがありました。

残雪の山ですが、グレードの高い険しい山ではないので、雪を踏み抜いたり滑ったりも楽しんで登ってください。濡れた時の靴下の替えやタオルを忘れずに。雪道をおっかなびっくり登った先には大展望の山頂が待っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

GWの予約状況ですが、

  • 4/29 × 団体予約のため満室
  • 4/30〜5/2 ◎ 余裕あり
  • 5/3 △ 空室がありますが予約が増えてきました
  • 5/4 × ほぼ満室
  • 5/5〜5/6 △ 空室がありますが予約が増えてきました

となっております。まだGWのご予定が決まらない方は入笠山でのんびり過ごしませんか?

ウインターシーズン真っ盛り?(3/28)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

26日の夜半から降り出した雪は27日丸一日降り続き、今日の午前中は青空が広がったものの午後にはまた雪となりました。

スノーシューシーズン真っ盛りです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂も雪に覆われて、スノーシューでないと楽しめないくらいの新雪フィールドが広がっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コハダも新雪を楽しんで?いました。

コハダとスノーシューハイク
#マナスル山荘本館

マナスル山荘本館さんの投稿 2017年3月28日

今週平日は水源の水量が乏しくてやむを得なく休館にしていますが、スノーシューがまだまだ楽しめる入笠山、お出かけの際はスノーシューをお忘れなく。

大阿原湿原から八ヶ岳ビューポイント間はGWに合わせて道路の除雪が始まっています。除雪車のそばを歩く際は運転手に自分の存在をアピールしてから運転手の合図に従って通行してください。

明日は買い出しと洗濯に出かけて留守になります。ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません。