「コハダ」カテゴリーアーカイブ

天気のこと(8/4)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

けさは久しぶりに空が広〜い朝でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台風5号が迷走から自分の進路を見出し接近しつつあります。

日本気象協会(tenki.jp)より

直接的な影響は週明けくらいになりそうですが、今日の入笠山上空の大気状態はまずまずのようです。

台風が天気図に現れると途端に「台風が来たから山はダメ」と言い出す方がいます。梅雨明けの時もそうですね、「梅雨明けしたのに晴れない」などなど。一般の気象に興味のない方ならともかく、登山をされている方からこのような言葉を聞くとちょっと失望してしまいます。

梅雨明けはについては速報値だし、台風も進路予想。概況として今後の対策を考えるのは当然として、いまの状況は?と考えることが大切です。大きな災害につながる台風や前線の動きはもちろん警戒するべきだし、間違った判断で無理に登山を続けるのもいけません。が、スマホで山の上でも天気予報が簡単に手に入るようになって、登山者の天気や雲に関する知識がとても薄くなっているように感じます。

例えば今朝の山頂から甲斐駒に向かって撮った写真。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠山から甲斐駒に向かって左サイドの山梨県側は曇り、右サイドの長野県伊那方面は晴れです。

高い山から雲海を観たことがある方も多いと思いますが、天気はエリア全般が同じ状況ではなく、地形に大きく影響されて地点や高度また時間経過で大きく変わるということをよーく理解してください。そのうえで自分の登る山はどうなんだろうか?と情報を集めて考えること。さらに天気図と実際に浮かんでいる雲を比較することも山の天気に詳しくなるために必要なことです。

入笠山の東斜面にべったり張り付いてる雲は地上からはこのようになっています。

山荘の美味しいたまごを仕入れている八ヶ岳実践農場から入笠山方面の写真。こう見ると山の上は曇っているように見えますが、山頂からは西側のエリアを中心に青空と展望が広がっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、今年は突然の大雨や雷雨が多いので、注意報や警報にも素直に耳を傾けてください。台風や梅雨明けには大騒ぎするのに、大雨警報はあまり関心を持たれない方が多いのも事実です。

山の天気はスマホを見ているだけでは何もわからないし、知識も身につきません。山小屋のテレビの前で「高気圧に覆われているから晴れ」なんて大声で解説している人も実はよくわかっていない人。

登山は自分の技術や知識を駆使して、目的の山に登り帰ってくるゲームです。自然相手だからこそ不確定要素が多く、それが登山の魅力でもあります。天気の知識も登山に必要なその一つ。難しい高層天気図や気象支援図を読めることより、自分のいる山の雲や風などの空気の流れを五感で感じられることが山の気象入門なのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠山に多いサルオガセも霧の通り道に多く発生します(と思われる)。植生からも山の気象傾向が判断できるひとつの例として。

ビーフシチューの食べ方(7/17)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

海の日の連休から入笠山の夏山シーズンもスタート。陽ざしもひりひり夏らしくなりましたが、カラマツの木陰や山頂の風は高原の涼しさです。

連休スタートの15日はジャズの音色が入笠山に響き渡る『『Jazzlive in Manaslu』Gentle山本と仲間たち Vol.2』のイベントでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

連休中もたくさんのお客様がご利用くださり心より感謝しております。絶品ビーフシチューもご宿泊のお客様の予約も多く、連休3日目の今日は完売でした。

「ビーフシチューをどうしたら食べられますか?」

という問い合わせも多く、わざわざ登ってこられたのにご提供できない申し訳なさもひしひし感じております。ではどうしたら食べることができるのか?

1、山荘に宿泊する

山荘にご宿泊の方はビーフシチューのご予約を受けております。ご予約の時に申し込みされる方も多くなっています。宿泊の方のご予約でランチの販売数が終わってしまうこともしばしば。宿泊することで高い確率で食べることができます(それでも確実ではないのでご注意を)。

2、入笠山についたら山荘にまず寄って予約する

山荘に到着された方のご予約が可能です。入笠山に登るときはまず山荘に立ち寄って、ビーフシチューを予約してからゆっくり山頂やテイ沢のハイキングをお楽しみください。

 それでもこのサインが目に入ったら・・・他にも美味しいメニューをご用意してますので・・・申し訳ありません。

3、土曜日の午前中が狙い目

どうしても登山者の集中する週末に合わせて仕込むことが多くなります。土曜日が一番販売可能数が多い日です。

事前の電話等でのビーフシチューの予約は受けていませんのでどうかご了承ください。宿泊の方が最優先で、次が到着順。1回に仕込める量が50食分であるのと、一回の仕込みに最低2日間かかること、和牛のほほ肉が大量に出回らないなどの条件が重なりたくさん調理のできないメニューです。が、ていねいにじっくり仕込んでいますのでどうかよろしくお願いします。

他にもマナスル山荘本館でお得に過ごすポイントをご紹介すると・・・

  • SNS投稿でランチコーヒーが無料!

ランチタイムはSNS投稿でランチコーヒー無料サービスを実施しています(ご自分のフェイスブックやインスタグラムのアカウントに「#マナスル山荘本館」のハッシュタグをつけて投稿してください)。

  • 飲み放題

ご宿泊の方限定。宿泊費+2000円+マイカップ持参で16:00〜20:00が飲み放題!下は冬のポスターですが、内容一緒で夏も継続中!

飲み放題の生ビールは何と『プレミアムモルツ』です!!

  • ナイトツアーズ

連休中は久しぶりのナイトツアーズでした。夕食後の19:30頃山荘をスタートして夜景や星空、野生動物を観察する約1時間の夜の山歩きです。山荘から八ヶ岳ビューポイントを目指し往復する約1時間のプログラム。歩く場所は舗装道路なので足元の心配はありません。コハダも同行します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加費は大人1名1000円、子供(小学生以下)は無料(保護者同伴)で参加いただけます。事前の予約が必要なので、ご宿泊の予約時にどうぞお問い合わせください。ヘッドランプなどのライトの準備が必要です。

まだまだいろいろあるのですが次回にしましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

GW直前の山頂ルート状況(4/28)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

お待たせしました。いよいよ明日よりグリーンシーズンの開幕です。ランチも営業再開(10:00〜14:00)です。新メニューも始まりますので前回のブログをチェックしてください。

新メニュー始めます(4/26)

春になっても最低気温の低い日が多く、残雪も多く残っています。今朝は5:00の気温がマイナス5℃でした!。山荘から山頂まではルートのほぼ半分が雪に埋まっている感じ。深いところもあり、氷化しているところもあり、雪が融けた場所はぬかるんでいたりして大変・・・ではなくて面白い状況です。「あっ、まだ雪が残っているんだ」とか「どこに足を乗せると踏み抜くか?」なんて面白がって残雪の入笠山を楽しんでいただければと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただし、スニーカーやローカットのシューズでは歩きにくいのでトレッキングシューズ以上をご用意ください。雪で滑って手をついてもいいように軍手や防水の作業手袋。靴下の替えやパンツ(ズボン)の替えもあると安心です。必要であればストックも。

雪道を楽しんで(苦労して?)登ればそこは大展望の山頂。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山岳エリアの残雪が美しい季節です。

ルートの詳細は動画をご覧ください。

山荘から山頂。岩場コースはほぼ山荘に埋まってます。 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

山荘から岩場コースを経由して山頂。岩場コースは雪に慣れた方なら楽しいコース。(地図の赤ルート)

続いて山頂から巻き道ルート。雪のないところはかなり泥濘んでいます。 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

 雪になれたない方は巻道ルートを登山下山に使用してください。(地図の青ルート)

下りに雪道はちょっと心配という方は首切清水への登山道を下山して林道経由で戻ることができます。雪は全く残っていません。(地図の緑ルート)

濃厚プレミアムソフト(フル400円、ハーフ300円)も明日から販売開始です。

新メニュー始めます(4/26)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日は針ノ木雪渓に滑りに行こうと思いましたが、大町方面が雨のため断念。入笠山も雨が落ちてきそうな重い雲でしたが、テイ沢の状況確認に変更しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雪はほとんど消えて、歩くのに特に支障はありません。新緑や花はまだですが、一年で水量の一番多い時期なので迫力あるテイ沢を見ることができます。

グリーンシーズンからの新メニューをご紹介。

今までお弁当はサンドイッチでしたが、グリーンシーズンはご飯のお弁当になります。【お弁当¥1000】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

豚の焼肉、味付き玉子、鮭の塩焼き、野菜。トッピングの下にご飯があります。ご飯は大盛りも対応します。肉のたれがご飯と野菜に染みてとっても美味しく食べられます。

お弁当は宿泊の方限定で、前日までのご予約になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いてランチの新メニュー【から揚げ定食¥1300】

シンプルな和風のたれで漬け込んだ信州ハーブ鶏をから揚げにしました。ご飯と味噌汁がセットです。ご飯の大盛りも料金そのまま。れもん風味の特製タレを添えますので、最初はそのまま、食べ進んだらタレでテイストを変えて楽しんでください。

続いておつまみ2種。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長野産のコーンを使用したポップコーン¥500。テイストはバター+塩。注文を受けてから作るのでとっても美味しい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フライドポテト¥500。メークイン2Lサイズ1個分が一人前。これも注文を受けてからポテトをカットして揚げます。冷凍の加工してあるファミレスやファストフードのポテトとは一味違います。

おつまみは当面宿泊の方限定、飲み放題のおつまみにどうぞ。飲み放題にはチューハイもラインナップに加わりました。

また販売していませんが、現在開発中なのが『あずさ弁当』。イメージはこんな感じ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

JR富士見駅から特急あずさで帰る方が、車内で飲みながら食べるイメージで作ります。つまみにもなるし、お腹も満たされる。

富士見駅には売店はなく、駅そばのお店しかありません。「つまみも売っていない、ビールも売っていない、富士見駅では車内販売の弁当も売り切れていることが多く、寂しく帰る」というお客様の声を商品にしようと思っています。ビールは富士見パノラマの売店で地ビールが購入できますからどうぞご利用ください。

ということで、食事メニューのさらなる充実を試行錯誤しながら進めていきますのでどうぞお楽しみに。

ウインターシーズン真っ盛り?(3/28)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

26日の夜半から降り出した雪は27日丸一日降り続き、今日の午前中は青空が広がったものの午後にはまた雪となりました。

スノーシューシーズン真っ盛りです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂も雪に覆われて、スノーシューでないと楽しめないくらいの新雪フィールドが広がっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コハダも新雪を楽しんで?いました。

コハダとスノーシューハイク
#マナスル山荘本館

マナスル山荘本館さんの投稿 2017年3月28日

今週平日は水源の水量が乏しくてやむを得なく休館にしていますが、スノーシューがまだまだ楽しめる入笠山、お出かけの際はスノーシューをお忘れなく。

大阿原湿原から八ヶ岳ビューポイント間はGWに合わせて道路の除雪が始まっています。除雪車のそばを歩く際は運転手に自分の存在をアピールしてから運転手の合図に従って通行してください。

明日は買い出しと洗濯に出かけて留守になります。ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません。

3月の連休も賑やかでした(3/22)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

昨日は一日雪が降り続いて・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

誰も踏んでないきれいな新雪が残っています。

3月のブログはこれで3回目の更新。ほんとにほんとに回数が少なくて申し訳ありませんでした。忙しいのは理由にしたくなかったのですが・・・こんなに回数が少なくては言い訳のしようがありありません。

その代わりと言っては心苦しいのですが、フェイスブックやインスタグラムで入笠山のリアルタイムの情報をアップしていますのでどうぞご覧ください。

重いけどたくさん積もりました。誰も踏んでない新雪がたっぷり楽しめます。
#マナスル山荘本館

マナスル山荘本館さんの投稿 2017年3月21日

おかげさまで、3月の連休は宿泊もランチもたくさんのお客様に山荘をご利用くださいました。絶品ビーフシチューも100食仕込んだのにご宿泊のお客様のご予約で連休中はほぼ売り切れ。優先してご宿泊のお客様にご提供していますのでビーフシチューご希望の方はどうぞご宿泊くださいませ(笑)。

3月18日はウニの命日でした。

先代の墓参り
#マナスル山荘本館

マナスル山荘本館さんの投稿 2017年3月17日

コハダと一緒に墓参りをしてきました。

連休中の18日にはジャズライブのイベントもありました。

先日のジャズナイトの一曲。
“死んだ男の残したものは”
YouTube でも見られます‼️

https://www.youtube.com/watch?v=d8SIo5j3hi0&feature=youtu.be

マナスル山荘本館さんの投稿 2017年3月21日

山荘の女将見習い・飯倉聖子さんもセッションに加わりとっても楽しいイベントでした。山荘で聖子さんを見かけたら『歌のお姉さん』と声をかけてくださいね。

スノーシューLITE ハイクも春の雪質になったもののまだまだ楽しめました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3連休は何とか水源の水を集めて営業に間に合わせることができました。今週平日はまた週末に向けて水源の水を貯水槽にためているところです。雪解け水が山にしみこみ水量が増す時期なのに・・・先週までの冷え込みが例年になく厳しかったということですね。今週平日はランチをお休みしますが、水量が回復次第再開しますのでよろしくお願いします。週末に間に合うようにビーフシチューも仕込みます。

この冬のシーズンは4月8日の宿泊と4月9日のランチで締めくくります。グリーンシーズンの営業再開は4月29日から。グリーンシーズンの宿泊ご予約も受け付けていますのでどうぞご連絡ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

では最後に、今日新雪のルート付けのラッセルを頑張ったコハダのサービスショット。

今日の雪の様子(1/13)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

昨夜から雪が降り続いて、入笠山はさらに積雪が増えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山荘前のゲレンデは先週末のトレースが埋まって真っ白に。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂もところどころ吹き溜まりができています。

ゴンドラ山頂駅から山荘まではこちらを参考に↓


その後さらに降雪が続いています。

山頂へのルートもすべて雪の上です。ただし、山頂直下は雪の下の木の根や岩が所々露出しています。スノーシューはちょっと歩きにくいかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登山道以外はご覧の通りまだブッシュが埋まっていないのでスノーシューでは歩けません。山荘前のゲレンデから山頂へ行くスノーシュールートもまだ未開通です。もうひと降りほしいところです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じで岩や木の根が出ていますのでスノーシューを壊したり、ひっかけて転倒しないように十分に注意してください。山頂に登るだけならチェーンスパイクや軽アイゼンで十分です。

入笠湿原や山荘前のゲレンデではモフモフの新雪を歩けますのでスノーシューで楽しんでください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂は強い季節風で雪が飛ばされています。今日は地吹雪の様相で、ゆっくり休んではいられませんでした。休憩は薪ストーブとおいしいランチでぬくぬくの山荘でどうぞ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠牧場は私有地(管理地)のため冬も立入禁止です。有刺鉄線を切って入り込む登山者が多く、牧場の管理人さんも困っています。

ここには書きませんが、明日ご宿泊でナイトハイクやLITEハイクご予約のお客様にはとっておきのスノーシューコースを同行してご案内しますのでお楽しみに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は昨年全く出番のなかったスノーシューでの歩荷でした。今夜も雪降り中、もっとフレフレ!

スノーシューシーズン開幕(1/9)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

昨夕からの降雪は朝方まで続き、スノーシューができるくらいの積雪になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モフモフの新雪をスノーシューで歩くシーズンが遅ればせながら始まりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日(8日)こんな感じだった入笠湿原も

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今朝はこうなりました。

アイゼンやスノーシューの登山者、ワンちゃんたちは木段の横のトレースを利用してください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木段は間隔が広く空いているのでスリップすると足が隙間に挟まり危険です。木段を痛めないためにもご協力をお願いします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂付近の登山道はまだ雪が少なく、岩や木の根っこを踏んでしまうのでスノーシューは注意が必要です。

まだまだ積雪は少ないですが、雪山らしくなった入笠山はとてもきれいでした。今週は寒気が日本の上空にとどまるのでさらなる降雪を期待したいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

明日10日と明後日11日は休館日になります。らんち、宿泊ともにお休みなのでご注意ください。ご協力をよろしくお願いします。

クリスマス連休の天気(12/22)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日は昼前から雨、午後は風も強くなって大荒れの気配です。

https://youtu.be/0AV1LMuHOBg

現在はさらに雨が強くなって、館内に屋根を叩く雨音が響いています。

日本海を低気圧が進み、温暖前線に向かって温かな湿った南風が吹き込んでいる状態。季節が春なら春一番が観測される気圧配置です。

これから深夜にかけて寒冷前線が通過、その後は冬型が徐々に強まり雨が雪に変わるでしょう。まさに【『クリスマス・イブ』by山下達郎】の状況。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雨が降っている山荘前、今夜はこれが雪になることでしょう。歌のイメージと実際の状況はこんなに違います。

標高1500m付近の今夜9時の予報図はまだ南からの暖気移流ですが、明日朝9時の予報図は完全に寒気移流、気温も0℃を下回ってきます。明日は昼前から午後を中心に降雪が続く見込みです。雨音を聞きながらですが、明日のこの時間にはたっぷりの新雪をまとった入笠山をイメージしてブログを書いています。

24日の夜明け前から降雪エリアは北部山沿いに移り、入笠山エリアは青い空がのぞいてくるのではないかと思っています。なので、24日の日の出時刻は絶好のシャッターチャンス。明日ご宿泊の皆さん、素晴らしいご来光を期待しましょうね。

普通は天気予報で「山は大荒れ、強風吹き荒れます」と流れれば登山は中止ですが、マナスル山荘周辺は逆に雪が積もったほうが歩きやすくなり、スノーシューが楽しめるエリアに変わります。山頂こそは季節風が強く吹きますが、山の東斜面は乾いたサラサラの雪が積もり、日差しが出ればそこそこ温かく、季節風の影響もほとんど受けません。冬型であれば強く吹くのは西寄りの風なので、東斜面に設置されている富士見パノラマのゴンドラが止まることもないでしょう。

あくまでマナスル山荘本館周辺に限ってのお話ですが。

明日の朝は歌の通り「雨は夜更け過ぎに、雪へと変わるだろう」となっていれば朝のゴンゴラ運行前に富士見パノラマゴンドラ駅までスノーシューでトレースを付ける予定です。そのぐらいの降雪になってくれるといいですね。山荘では薪ストーブを焚いて皆さんをお迎えしますので、どうぞ安心して歩いてきてください。

2013年12月の入笠湿原。このくらい積もってくれるといいな、今夜は三宅岳氏・作詞作曲「入笠音頭」踊って寝ることにしよう。

あと2日!ウィンターシーズンのスタート(12/8)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

お待たせいたしました、12月10日(土)にウィンターシーズンがスタートします。積雪はまだうっすらと積もった程度ですが、十分に気温が下がり、雪が周期的に降るようになってきました。あきらかに昨シーズンとは違う冬の始まりです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登山道と山頂の積雪状況。まだスノーシューができるほどの積雪はなく、木の根や岩がところどころ出ているので、アイゼンよりもチェーンスパイクがあると歩きやすいでしょう。朝の最低気温は今週は毎日マイナス5℃以下、今朝もマイナス7℃でした。

ランチの営業もこの週末のウィンターシーズンスタートに合わせて営業します。メニューもほぼ夏のラインナップを継続してご提供、その日だけ販売の限定メニューも時々差し込んでいきたいと思います。

そして、ウィンタースタート企画!

  • 今週末12/10〜11日の2日間
  • ランチや宿泊で山荘ご利用の方

マナスル山荘本館の山荘の様子やランチをフェイスブック、インスタグラムやツイッターでその場で写真投稿した方にはランチコーヒーを無料でサービスいたします!!

・・・冬中やろうかな、この企画・・・

雪は少ないですが、スノーシューハイクとレンタルの問い合わせ・予約が増えています。スノーシューにつて詳細はこちらから⇒『スノーシュー』

宿泊の方は無料で食べられるコタツミカンも準備完了。日帰りの方は食べられません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宿泊の方にはこんなサービスも。

  • 使い捨てカイロ無料
  • スマホ充電器貸し出し無料

冬の一番寒い時期はマイナス20℃にもなる入笠山ですが、山荘内はコタツやファンヒーター、薪ストーブで温かく過ごせます。でも防寒具はちゃんと用意してきてくださいね。

冬ももちろん『飲み放題』毎日やってます。

富士見パノラマも雪づくりが進んでいて、予定通り10日から滑走可能のようです。スノーシューができるくらいの雪になるといいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昼間も気温が低いので降雪機がフル稼働していました。