「夕陽」カテゴリーアーカイブ

登山靴について書こうと思ったのだけれど・・・(9/20)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日は未明から外が騒がしくあまりにも物騒な気配だったので警察に通報、お客様もいますからね。結果的に事件も事故もなかったのですが、あまりにも非常識な連中でした。おかげで寝不足です。目覚めの悪い朝でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台風でお客様が減ってしまった連休、いまだ!とばかりに温めておいた登山靴についてのブログをたっぷり書いてみようと思いました・・・が、やっぱり台風でも連休はそれなりに仕事も多く(お客様と一緒に飲むのも含めて)途中で断念いたしました。

だって、書き始めたら本一冊できるくらいのボリュームになりそうだったので・・・書きたいことだらけで、いつまでたってもアップされないように思えたので。

以下、途中までの内容です。

==================

台風18号接近中。入笠山も昼過ぎから本格的な雨になっています。

今日は登山靴について語ろうと思います。きっかけはある投稿から。

この投稿に対して私の知人のドクターが「リスクを軽視した、とても危険をはらんだ記事である」と疑問を投げかけたことから。記事を書いた方も、記事中に登場するショップ店員も登山靴というものをまるで分っていないのではないか?。というのが正直な感想。この記事を読んだ方が間違った登山靴選びをしてしまうと思い、改めて登山靴について書いてみようと思いました。

1、登山靴はなぜあんなに固くて重いのか?

答え:『山を歩きやすいから』です。

重力に逆らって、背中に荷物を背負って、不整地を、長時間歩くということが登山の歩行。これを安全に効率よくこなすには固くて重いシューズが一番向いています。本文中にあるような『重くて窮屈だからこそ』です。窮屈と感じてしまうのはちょっと問題ですが、そこそこの重量があり、足にぴったりフィットする(子のフィットするという感覚が問題なのだが)登山靴が日本での登山という行為において選択されるべきシューズなのです。

固いソールは足を守るためですがそれだけではなくて、バランスよく不整地で立つことができるためでもあります。板の床と座布団の上ではどちらが安定して立てるか、固い板のうえであることは疑いのないところ。

単に固いだけではだめ。足指の付け根である関節部分に屈曲性があることも重要。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この部分ですね。登山靴だけでなくすべてのシューズはこの位置の屈曲性が重要で、土踏まずからかかとまでのソールは固くてねじれないシューズが歩きやすくて疲れないシューズです。

このシューズは矢印のアーチの真ん中から曲がってしまうからダメなシューズ。いいシューズは赤い点線に屈曲ポイントがあります。

矢印が屈曲ポイントで点線の部分は固くてねじれない。これがすべてのシューズに共通する良いシューズの基本で、登山靴は特に大切。

ちなみに冬用のシューズはアイゼンの前爪で立つ必要があるので、ソールは全体に固くなります。その分、雪のない登山道での歩行が苦手です。冬用のシューズでも自分の目的とする登山スタイルに合わせてソールの堅さを選ばないと『歩きづらくて、足が痛い』なんてことになります。こんな足のトラブルを持っている方、けっこう多いかも。

次にアッパー。

==================

また続きは書こうと思います。

今日は風の強い一日。

日本気象協会tenki.jpより

日本海にある小さな低気圧がポイント。小さいけど冬季は悪天候をもたらすとても厄介な低気圧です。寒気を伴っているので、暴れます。入笠山も南〜西の風が一日強く吹き、空は冬を思い出すような色をしていました。

こんな時は劇的な雲が見られることがあるので陽の傾く時間を狙って山頂へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう少し西日があればな〜って思いつつ下山しました。

低気圧が通過するとさらに秋が深まっていることでしょう。山荘周辺の最低気温は6〜7℃になっています。お部屋にはファンヒーターがありますのでどうぞご使用ください。

23日(土)の天気が微妙ですが、『天気が悪い時はマナスルで飲み放題!』好評受付中です。

問い合わせの多い現在の状況です(5/31)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日は午後から雨が落ちてきました。雨と陽ざしが繰り返されると山野草は元気に育って一気に葉を広げます。

今日の入笠山の開花状況

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山荘前のお花畑のスズランは葉を広げ始めました。開花までもう少しです。入笠湿原の気の早いスズランが今週末から咲き始めるかもしれません。例年より少し遅いですが、ここ数日の気温の上昇でぐんぐん伸びています。

スズラン以上に見ごたえのある『ズミ(コナシ)』はというと・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠牧場の林道沿いに開花を始めた木を見つけました!

今のところこの木だけが花をつけています。標高の低い所から花が咲き始めるのですが、山荘から入笠牧場のズミにはピンクのつぼみがほとんどの木にありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピンクのつぼみと白い花が賑やかに山を彩るこれからの季節は、入笠山がいちばん華やかで見ごたえある景色になります。本当に、スズランがかすんでしまうくらい。

今週末には開花する木が増えることでしょうね。

撮影したのは牧場の管理棟『JAハウス』に向かう三差路付近です。満開の時は林道がズミのトンネルになる場所。

チラシのこのあたり。PDF⇒2017GA4チラシ裏 

山荘から1時間もあれば歩いて回れるエリアですが、やっぱり山荘に宿泊して、西に傾く陽を眺めがてら訪ねてほしい所です。この週末なら午後4時くらいに山荘を出発して1時間〜1時間30分かけてゆっくり散歩するのがおススメです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

にわか雨の合間に出かけましたが、霧もこの山には似合うんですよ。写真撮影でも入笠牧場の牧草地には立ち入らないように気を付けてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日はビーフシチューの仕込み。今日、明日と煮込みますが、販売は土曜日からにしたいと思います。金曜日にもう50食仕込む予定なので、週末は余裕があるかも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あめ色になるまでじっくり火にかけたフライドオニオンがビーフシチューの隠し味のひとつです。

集団お見合いがひとまず終息(10/14)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

先日の台風でテイ沢や大阿原湿原の木道にも倒木がありました。登山者からの通報で行かなきゃと思っていたのですが、テイ沢周辺のキシャヤスデの活動も妨げたくないな〜なんて思っているうちに延び延びになってしまっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じです。

チェーンソーをもって今日の午後に撤去作業を始めました。上の倒木もこの通り歩きやすくなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここも

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このようにスッキリ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テイ沢の道をふさぐ大きな倒木も

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とりあえず潜り抜けられるように片付けました。

このあたりは8年に一度のキシャヤスデの大発生していた場所ですが、今日は姿が見えません。8年に一度の集団お見合い(合コンとも言う)がひとまず終息したようです。テイ沢の水の流れにはキシャヤスデの亡骸がたくさん沈んでいましたが、登山道はまたもとの姿に戻りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キシャヤスデは枯葉を食べて山を耕し、入笠山の美しい風景をつくってくれる陰の立役者。8年に一度の大発生もあたたかく見守ってあげたいものです。

突然ですが、冬の山小屋アルバイトを募集します。

  • 期間 :2016年12月中旬〜2017年3月中旬(期間通しての勤務ができる方)
  • 年齢 :20〜40歳
  • 募集人員 :男性1名
  • 職種: 山小屋業務全般(接客・清掃・調理・ボッカなど)
    日給 :6000円から(経験や能力に応じて)
  • 交通費 :居住地に関係なく一律10000円
  • その他 :3食お茶とお酒つき、週休2日(シフト制)、従業員用個室
  • 接客が好きな方、食べることが好きな方、経営や企業に興味のある方、入笠山の好きな方・・・

起業や自分のお店を持ちたい方はいろいろ勉強できると思います。

大阿原湿原の夕陽(12/22)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

先週末は「第2回クリスマスフェスタ」が開催されました。報告が遅くなって本当にごめんなさい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とっても楽しいイベントでしたが、自分のカメラに写っていたのはこの2枚だけでした。ので、参加された方からの写真をお借りして改めて報告したいと思います。

この時期は大阿原湿原に日が沈みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宿泊の方しか見られない特別な景色。もう少し雪が積もると本当に素晴らしい夕景に出会えます。この冬、宿泊された際はぜひ訪ねてみてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クリスマスフェスタに参加された皆さんの浮遊写真。皆さん上手に浮いていますね。

明日から天気は下り坂。山の上は雪になるといいのですが。

紅葉が終わって(10/27)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今朝の御来光

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨夜から怪しい雲が出ていました。昨夜は朝焼けが期待できると意気込んで布団に入りましたが、あっさり寝坊。もう30分早く起きられたらよかった!

紅葉が標高1000mくらいまで下りています。富士見パノラマのゴンドラから俯瞰する紅葉は見事ですよ。ゴンドラは11月3日まで夏季営業中です。

今夜は寒冷前線の通過で強い風が吹きそうです。今も外では木々が風に揺れて音を立てています。

2015-10-27-15-00-00-large

日本気象協会tenki.jpより

日本海の低気圧から伸びる青い線、下向きの青い▼が寒冷前線の記号です。線と書きますが前線面の幅は1kmくらい、寒冷前線による雲域は100km位の幅があります。

日中は寒冷前線の前面の位置ですから、強い南風が吹き込んでいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

湿った南風が吹き込んで、八ヶ岳の地形的な波動でできたと思われるつるし雲。今夜の強風で、黄金色のカラマツや紅葉が終わった木々の葉も落ちてしまうことでしょう。

木々の葉が落ちると山は冬へ季節が進みます。木々の枝の間から八ヶ岳や中央アルプスが見えるようになり、夏には青葉で隠れていた景色が見えるようになります。山頂からは足元から八ヶ岳山麓に連なる紅葉が見事です。入笠山山頂付近の紅葉は終わりですが、山裾に広がる紅葉越しに八ヶ岳を眺められる私の好きな季節です。

今日は満月。山頂に満月の写真を撮りに登りましたが、月が昇る前にカメラの電池切れ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕陽でご勘弁を。月の出を待つ山頂は冷たい風が吹き、季節が進んでいることを実感させられました。