「展望」カテゴリーアーカイブ

夕食前の夕陽を見に行こう!(9/25)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

秋の紅葉が楽しみになってきました。日々、色づきが進んでいるような気がします。

『見ごろはいつですか?』と問い合わせがありますが・・・それは・・・あなたの登ってきたときが一番きれいな山です、その時々の美しさが山にはあるのです。

だってもうすでに・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私の目にはこんなにきれいな紅葉が写っています。久しぶりにオリンパスXZ-2のアートフィルターを使用したので鮮やかですが、いえ、本当に私の目には色鮮やかな山の景色が見えているのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実際はこんな感じですね、でもこの後どんな色に変化するかと思うと気分が高揚してしまうのです(紅葉とかけているのわかりました?)。

山の樹々の彩りを見るなら日の高い日中がいいですね。

さて、ここからが本題。

山荘の夕食は18:00からで、いまの日没が17:30ころ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山荘から約20分の車道歩きで、この夕陽が見えるスポットにたどり着きます。

17:00に山荘を出発⇒夕陽スポット17:30⇒18:00山荘に戻って夕食

という『夕食前の夕陽見学プラン』を組むことができます!これから日没時間は少しずつ早くなりますから出発時間もそれに合わせてください。山頂での夕陽は沈んだ後に一気に暗闇に包まれるので不安がありますが、このスポットなら車道歩きなので安心です。

夕食後は星を眺めたり、ナイトツアーズ(要予約、大人1名1000円)に参加したり。翌朝は日の出時間に合わせて雲海を眺めに。そうです、秋は雲海の季節なのです。

食事時間も夕陽や朝日を見に行く方に合わせることができますのでどうぞご相談ください、遅くなっても大丈夫ですがライトは必ず携行してください。山荘に宿泊者無料のライトも数個ご用意があります。

一度のご宿泊で2〜3回山頂に行く方はとっても多いです(飲み放題で山頂に全くいかない方も多いです)。時間帯出の山の変化を楽しめるのは宿泊される方の特権です、どうぞ入笠山をたっぷりお楽しみください。その時々のお楽しみスポットをお泊りの方にはお知らせしますね、お気軽にお尋ねください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山荘周辺に車中泊の方が時々見受けられますが、どうかご遠慮いただきたく存じます。不審な車は遠慮なく警察に通報いたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日もこんなこと↑がありました。私は入笠山に住所がある住人です。この山に住む人間にとって、車中泊の方は怪しい人以外の何物でもありません。あなたの家のすぐ横に見知らぬ車が止まって中に人がいたらどう思いますか?車中泊をしている方が思っている以上に周りの住人は不安に思っていることをお忘れなくどうぞ。

登山靴について書こうと思ったのだけれど・・・(9/20)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日は未明から外が騒がしくあまりにも物騒な気配だったので警察に通報、お客様もいますからね。結果的に事件も事故もなかったのですが、あまりにも非常識な連中でした。おかげで寝不足です。目覚めの悪い朝でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台風でお客様が減ってしまった連休、いまだ!とばかりに温めておいた登山靴についてのブログをたっぷり書いてみようと思いました・・・が、やっぱり台風でも連休はそれなりに仕事も多く(お客様と一緒に飲むのも含めて)途中で断念いたしました。

だって、書き始めたら本一冊できるくらいのボリュームになりそうだったので・・・書きたいことだらけで、いつまでたってもアップされないように思えたので。

以下、途中までの内容です。

==================

台風18号接近中。入笠山も昼過ぎから本格的な雨になっています。

今日は登山靴について語ろうと思います。きっかけはある投稿から。

この投稿に対して私の知人のドクターが「リスクを軽視した、とても危険をはらんだ記事である」と疑問を投げかけたことから。記事を書いた方も、記事中に登場するショップ店員も登山靴というものをまるで分っていないのではないか?。というのが正直な感想。この記事を読んだ方が間違った登山靴選びをしてしまうと思い、改めて登山靴について書いてみようと思いました。

1、登山靴はなぜあんなに固くて重いのか?

答え:『山を歩きやすいから』です。

重力に逆らって、背中に荷物を背負って、不整地を、長時間歩くということが登山の歩行。これを安全に効率よくこなすには固くて重いシューズが一番向いています。本文中にあるような『重くて窮屈だからこそ』です。窮屈と感じてしまうのはちょっと問題ですが、そこそこの重量があり、足にぴったりフィットする(子のフィットするという感覚が問題なのだが)登山靴が日本での登山という行為において選択されるべきシューズなのです。

固いソールは足を守るためですがそれだけではなくて、バランスよく不整地で立つことができるためでもあります。板の床と座布団の上ではどちらが安定して立てるか、固い板のうえであることは疑いのないところ。

単に固いだけではだめ。足指の付け根である関節部分に屈曲性があることも重要。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この部分ですね。登山靴だけでなくすべてのシューズはこの位置の屈曲性が重要で、土踏まずからかかとまでのソールは固くてねじれないシューズが歩きやすくて疲れないシューズです。

このシューズは矢印のアーチの真ん中から曲がってしまうからダメなシューズ。いいシューズは赤い点線に屈曲ポイントがあります。

矢印が屈曲ポイントで点線の部分は固くてねじれない。これがすべてのシューズに共通する良いシューズの基本で、登山靴は特に大切。

ちなみに冬用のシューズはアイゼンの前爪で立つ必要があるので、ソールは全体に固くなります。その分、雪のない登山道での歩行が苦手です。冬用のシューズでも自分の目的とする登山スタイルに合わせてソールの堅さを選ばないと『歩きづらくて、足が痛い』なんてことになります。こんな足のトラブルを持っている方、けっこう多いかも。

次にアッパー。

==================

また続きは書こうと思います。

今日は風の強い一日。

日本気象協会tenki.jpより

日本海にある小さな低気圧がポイント。小さいけど冬季は悪天候をもたらすとても厄介な低気圧です。寒気を伴っているので、暴れます。入笠山も南〜西の風が一日強く吹き、空は冬を思い出すような色をしていました。

こんな時は劇的な雲が見られることがあるので陽の傾く時間を狙って山頂へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう少し西日があればな〜って思いつつ下山しました。

低気圧が通過するとさらに秋が深まっていることでしょう。山荘周辺の最低気温は6〜7℃になっています。お部屋にはファンヒーターがありますのでどうぞご使用ください。

23日(土)の天気が微妙ですが、『天気が悪い時はマナスルで飲み放題!』好評受付中です。

天気のこと(8/4)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

けさは久しぶりに空が広〜い朝でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台風5号が迷走から自分の進路を見出し接近しつつあります。

日本気象協会(tenki.jp)より

直接的な影響は週明けくらいになりそうですが、今日の入笠山上空の大気状態はまずまずのようです。

台風が天気図に現れると途端に「台風が来たから山はダメ」と言い出す方がいます。梅雨明けの時もそうですね、「梅雨明けしたのに晴れない」などなど。一般の気象に興味のない方ならともかく、登山をされている方からこのような言葉を聞くとちょっと失望してしまいます。

梅雨明けはについては速報値だし、台風も進路予想。概況として今後の対策を考えるのは当然として、いまの状況は?と考えることが大切です。大きな災害につながる台風や前線の動きはもちろん警戒するべきだし、間違った判断で無理に登山を続けるのもいけません。が、スマホで山の上でも天気予報が簡単に手に入るようになって、登山者の天気や雲に関する知識がとても薄くなっているように感じます。

例えば今朝の山頂から甲斐駒に向かって撮った写真。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠山から甲斐駒に向かって左サイドの山梨県側は曇り、右サイドの長野県伊那方面は晴れです。

高い山から雲海を観たことがある方も多いと思いますが、天気はエリア全般が同じ状況ではなく、地形に大きく影響されて地点や高度また時間経過で大きく変わるということをよーく理解してください。そのうえで自分の登る山はどうなんだろうか?と情報を集めて考えること。さらに天気図と実際に浮かんでいる雲を比較することも山の天気に詳しくなるために必要なことです。

入笠山の東斜面にべったり張り付いてる雲は地上からはこのようになっています。

山荘の美味しいたまごを仕入れている八ヶ岳実践農場から入笠山方面の写真。こう見ると山の上は曇っているように見えますが、山頂からは西側のエリアを中心に青空と展望が広がっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、今年は突然の大雨や雷雨が多いので、注意報や警報にも素直に耳を傾けてください。台風や梅雨明けには大騒ぎするのに、大雨警報はあまり関心を持たれない方が多いのも事実です。

山の天気はスマホを見ているだけでは何もわからないし、知識も身につきません。山小屋のテレビの前で「高気圧に覆われているから晴れ」なんて大声で解説している人も実はよくわかっていない人。

登山は自分の技術や知識を駆使して、目的の山に登り帰ってくるゲームです。自然相手だからこそ不確定要素が多く、それが登山の魅力でもあります。天気の知識も登山に必要なその一つ。難しい高層天気図や気象支援図を読めることより、自分のいる山の雲や風などの空気の流れを五感で感じられることが山の気象入門なのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠山に多いサルオガセも霧の通り道に多く発生します(と思われる)。植生からも山の気象傾向が判断できるひとつの例として。

GW直前の山頂ルート状況(4/28)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

お待たせしました。いよいよ明日よりグリーンシーズンの開幕です。ランチも営業再開(10:00〜14:00)です。新メニューも始まりますので前回のブログをチェックしてください。

新メニュー始めます(4/26)

春になっても最低気温の低い日が多く、残雪も多く残っています。今朝は5:00の気温がマイナス5℃でした!。山荘から山頂まではルートのほぼ半分が雪に埋まっている感じ。深いところもあり、氷化しているところもあり、雪が融けた場所はぬかるんでいたりして大変・・・ではなくて面白い状況です。「あっ、まだ雪が残っているんだ」とか「どこに足を乗せると踏み抜くか?」なんて面白がって残雪の入笠山を楽しんでいただければと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただし、スニーカーやローカットのシューズでは歩きにくいのでトレッキングシューズ以上をご用意ください。雪で滑って手をついてもいいように軍手や防水の作業手袋。靴下の替えやパンツ(ズボン)の替えもあると安心です。必要であればストックも。

雪道を楽しんで(苦労して?)登ればそこは大展望の山頂。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山岳エリアの残雪が美しい季節です。

ルートの詳細は動画をご覧ください。

山荘から山頂。岩場コースはほぼ山荘に埋まってます。 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

山荘から岩場コースを経由して山頂。岩場コースは雪に慣れた方なら楽しいコース。(地図の赤ルート)

続いて山頂から巻き道ルート。雪のないところはかなり泥濘んでいます。 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

 雪になれたない方は巻道ルートを登山下山に使用してください。(地図の青ルート)

下りに雪道はちょっと心配という方は首切清水への登山道を下山して林道経由で戻ることができます。雪は全く残っていません。(地図の緑ルート)

濃厚プレミアムソフト(フル400円、ハーフ300円)も明日から販売開始です。

雲海のシーズンが始まりました(9/30)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

やっと晴れる日が増えてきました。天気が悪いながら、朝焼けは毎朝きれいに眺められます。9月は本当に雨が多くて困りました。8月は晴れて暑い日が多くて、山荘の水源が枯渇しましたが、もう十分すぎるくらいの雨量です。雨乞いしすぎたかな?ちなみに入笠山はかつて伊那谷からは『雨乞岳』と呼ばれていたそうです。

【困っています】
数日前からこの山荘のウェブサイトに写真がアップできなくなりました。ワードプレスを使用しているのですが、写真をアップロードすると『HTTP エラー。』が表示されてしまいます。どなたかわかる方いらっしゃいますか?

写真がアップできないのでインスタグラムから。

雲海の季節 #入笠山

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)が投稿した写真 –

 

雲海の季節になりました、秋ですね。これからの季節は晴れれば毎日のように雲海を見ることができます。富士見パノラマも『プレミアム雲海ゴンドラ』の運行が今日から始まりました。

でも、雲海は山頂から見るのが一番!

 山荘に宿泊して日の出前に山頂に登り、御来光と雲海をお楽しみください。雲海は陽が昇って気温が上がり空気がかき混ぜられると終わります。朝食前に山頂で『御来光+雲海セット』を楽しんだ後は山荘で焼きたてパンの朝食。マナスル山荘本館に宿泊された方だけの贅沢な時間です。

でも最近ちょっと問題が・・・

【ご注意】
マナスル山荘本館と新館は経営者が別の営業施設です。コンセプトや施設、メニュー、料金などすべて違います。最近勘違いされてのトラブルが増えていて、キャンセル料をご請求するような事例もありました。ご予約時はご確認のうえ、間違いのないようにお願いいたします。

本館

お客様がいちばん不利益を受けるのですが、受け入れをする新館、本館ともに食材がむだになったり、サービスが提供できなくなったりでお互いにいいことがありません。

一番は、今月はブログの更新も少なく、情報の提供があまりできていないことでお客様にご名を苦をおかけしている私の責任ですね。本当に申し訳ありません。10月はブログの更新を頑張ります!

【お知らせ】
10/1〜10/4の期間はマナスル登山隊、取材や保健所関係などでのため休館となります。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

9月に雨の日が多くて冬の薪を作る作業が大幅に遅れました。平日のランチ営業時間前後は外で作業する日が多くなると思います。平日に登山の方はランチの営業時間やメニューをお問い合わせください。週末や宿泊ご予約をお受けしている日は通常通り営業いたします。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

週末の天気と今後の予定(8/25)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

先日は山荘を休館にして「スーパーフィート・TECH講習1〜2」を受講してきました。足の生体的な構造や仕組み、足部の動作などを勉強してきました。すでにTECH4までの資格を持っているので、今回は山荘でスーパーフィートを扱うことになったことでのおさらいです。新たな知識もたくさん学んだので、今後の山荘のお客様への足診断に役立てていこうと思います。さっそく今日もインソールの販売がありました。登山者がインソールを買いに来る山小屋として定着しつつあります。足にトラブルのある方は、できれば時間がたくさんとれるご宿泊で、どうぞお越しください。

DSC_0563

さて、今週末の天気。ハッキリ言ってちょっと読めません。GPVの雨量予想では27日土曜日の午後から日没頃にかけて雨、どちらかというと台風よりも日本海から南下する前線の影響。28日日曜日は降水からなんとか免れそうですが、降りそうな状況の一日。昨日も今日もコロコロ変わる天気で、青空と思ったら突然の雷雨。雨具やかさは必携で山歩きをお楽しみください。

こんな状況の時は朝焼けや夕焼けがきれいなことが多いです。そして虹も。今日も日没前に大きくて鮮やかな虹が東の空に弧を描いていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今朝は雲海がきれいでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日没前に見た入笠牧場での一コマ。

明日、ビーフシチューを仕込みますので土曜日から販売再開。先週は水源の水量が厳しかったので仕込みができませんでした。

来週8月29日〜9月2日はお休みをいただこうと思います。台風10号の影響もありますが、7〜8月の繁忙期を終えての夏休みとして。どうぞご理解をお願いいたします。

9月8日〜12日もマナスル登山隊・番外編でお休みします。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

台風前日(8/21)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

昨日は私の誕生日でした。フェイスブックやメッセンジャーでたくさんの方にお祝いしていただきました。ありがとうございました。

昨日ご宿泊のお客様に同じ誕生日の方がいらして一緒にお祝いしていただきました。ありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マナスル山荘本館ではお客様のご要望に応じて誕生日のケーキを承っております。写真は昨日のケーキ、山荘のお菓子を発注している原村のお菓子工房・エルフェンで作っています。料金は人数や大きさ、デコレーションに応じてですが10名くらいで3000〜5000円です。作製に4〜5日くらいの余裕が欲しいので、一週間前くらいまでにご注文していただけると助かります。ご注文の際は人数とろうそくの本数、メッセージの内容とデコレーションや材料のご要望をお知らせください。生クリームの苦手な女性でも「美味しい!」といってぺろりと食べてしまう本物のケーキです。

日本の周辺に3つの台風が存在する異常事態。その影響は本州中央部に位置する入笠山まではまだ少ない一日でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

南海上から台風が北上し、本州付近は東寄りの暖かく湿った風が卓越しています。その風が関東西部の山岳地帯で雲となっているようです。八ヶ岳の後ろの対流雲がその雲と思われます。おかげで入笠山は雲が多いものの青空が一日中顔をのぞかせていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂の北の方角に大きなかなとこ雲が見えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんなこともしてみました。思いがけずいい天気に恵まれました。台風の接近前はきれいな朝焼けが現れたり、普段見られないような特殊な雲が現れたり。昨夜は星空と月とが楽しめました。

明日は大荒れの天気になりそうです。正午ごろを中心とした時間帯に強い雨が降りそうです。

23日〜24日は休館日、ランチの営業は25日から再開します。明日も台風の影響でランチはお休みかな?

明日はランチの営業再開です(8/19)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

ひとまず水の確保ができました。水源の湧水も少ないながらも流れてくれています。貯水タンクもほぼ満タンです。

明日から通常通りランチの営業を再会します。ただ、水が不足していたので今週はビーフシチューの仕込みができませんでした。明日は10食程度で完売となってしまいます。ご希望の方はお早めにどうぞ。

また、来週は23日〜24日とスーパーフィートインソールの講習のため休館になります。ランチの営業もお休みになりますのでよろしくお願いいたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山荘の隠れた人気商品がこのスーパーフィートサンダル。骨格矯正機能を持つこのサンダル、足の骨格のゆるみを抑えるので、疲労を軽減し楽に歩けます。下山後の履き替えにも最適です。今の時期、私は山頂以外の入笠山エリアはほぼこのサンダルで移動しています。1足9500円、このサンダル無しでは生きていけません。

15:00頃より青空が広がりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

南西方向にかなとこ雲を伴った積乱雲。資料を見るとこの時刻に長野県南部に強い雨の降水セルがありました。きっとこの雲の下での降水でしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コハダも久しぶりの山頂で笑っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日はナイトハイク。月明かりの入笠山を歩いてきます。

水がピンチ!(8/16)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

【お知らせ】
8月23日〜24日はスーパーフィートの講習のため休館です。足のこと体のことをもっとお伝えできるように頑張って勉強してきます。

8月に入って入笠山も暑い日が続き、雨もほとんど降らなかったので山荘の水源の湧き水がかなり細ってきました。今朝は厨房の蛇口から水も出てくることもなく対応に追われました。朝食の焼きたてパンも最終発酵にスチームをかけるので焼くことができませんでした。なので、久しぶりの和食の朝食でした。

水源の湧き水の下流で水を汲むことができたのでご宿泊のお客様の食事の調理には困りませんが、ランチの仕込みやパンが焼けないのでランチの営業は水量が回復するまでお休みとさせてください。今日の夕方にはわずかですが水量が増えてきたようなので、次の週末には通常営業に戻れると思います。

入笠山登山を楽しみにしている方には本当に申し訳ないのですが、台風7号でまとまった雨になればいいな・・・と願ってしまいます。お盆明けのタイミングでの台風接近で、稜線の小屋は水が貯められるとひそかに期待している山小屋従業員も多いのではないでしょうか?水の貴重な山小屋は特に、台風などでの大雨は風呂に入れる絶好のチャンスですから。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午後は青空が広がり、コハダも散歩途中でのんびりしてました。

さて、めざましテレビ「ここ調・山小屋・グルメ特集」は明日17日の7:30頃の放送の予定です。まだオリンピック期間中なので、日本人のメダル獲得などで放送が再度延期される可能性もあります。また台風の接近で急きょ放送内容が変わることも考えられますのでまだまだ油断できません。

#入笠山

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)が投稿した写真 –

 台風が接近すると、こんなに迫力ある朝焼けが見られることがよくあります。

新緑から初夏へ(5/18)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

【お知らせ】
5月24日〜25日は7月のマナスル登山隊下見のため休館となります。ランチ、宿泊ともにお休みです、ご理解の程よろしくお願いいたします。

今日は午後7時を回っても外の気温は18℃、Tシャツで過ごせる一日でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに風はほとんどなく、写真のように吹き飛ばされる心配はありません。

山の緑が濃くなってきました。新緑の季節は終わりを告げ、初夏の色に移り変わっているようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 入笠湿原
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 入笠牧場
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 入笠湿原

入笠湿原のスズランも一斉に芽を伸ばし始めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山荘付近のズミ(コナシ)もこんな具合。全体に例年より1週間から10日くらい早い感じで山野草が成長しています。

見ごろはというと・・・予想ですが、

  • スズラン→6月上旬〜6月中旬
  • ズミ→5月下旬〜6月上旬

といった様子ではないでしょうか。もちろん今後の天候で前後しますし、山のエリアでも変わります。私の予想なので当てになるのかどうか。今後もマメに山野草の成長ぶりをアップしますので花の入笠山登山計画をどうぞご検討ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は北アルプスもくっきり見えました。テイ沢も水量が多く、美しい水の流れを見せています。5月末から6月中旬は入笠山の最も美しい季節のひとつです。今年の6月前半は星を見るのにも適しています。

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
×
29
×
30
31
       
2017年9月

まだ朝は霜が降りたりしますので、木道の朝の歩行はお気を付けください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA