「歴史」カテゴリーアーカイブ

明日の朝は雪景色か?(1/17)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今夜から明日にかけて、太平洋岸を東進する南岸低気圧と上空の寒気の影響で、関東甲信越の広い範囲で大雪の予報(場所により注意報)が出ています。入笠山もやっと雪景色になりそうで、今日の日中から空を見上げてはいつ降るかとそわそわしていました。スキー場をはじめ、雪山で生計を立てている皆さんはたぶん同じ気持ちで空を見上げていることでしょう。

21:00現在、まだ入笠山では雪は降っていません。降り始めるのは日付の変わる頃でしょうか?雨雲は関西から中京エリアを東へ進んでいるようです。明日の朝にすっかり雪山に模様替えした入笠山をご報告できることでしょう。楽しみにしていてください。

NHK大河ドラマの「真田丸」。先日の第1回の放送では織田の軍勢に諏訪を追われた武田勝頼が描かれていました。その織田の軍勢が陣を張ったのが入笠山です。入笠湿原の北東側の山の峰に並んだ軍勢は松明を焚き鐘や太鼓を鳴らし、上原城にいた武田勝頼は圧倒され新府城に逃げたとか。その場所は「鐘打平」という地名で現在も残っていますが、今はカラマツ林で諏訪の町を見下ろすことはできません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

富士見の町を見下ろす八ヶ岳ビューポイントでのナイトハイク記念撮影。鐘打平のイメージとは程遠いですが。

それは天正10年の2月ということで、冬のさなかに入笠山を越えたのですね。今年のような雪のない年ならまだしも、新雪の積もる入笠山は結構困難だったのではないでしょうか?スノーシューもありませんからね。

入笠山は展望やスノーシューだけではなく、鐘打平・御所平・高座岩・法華道と多くの歴史を持つ山でもあります。そんなことを思いながら週末の終わった静かな山で雪を待ちながら過ごす夜です。

昨夜のナイトハイク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA