「タイムラプス」カテゴリーアーカイブ

これでいいのか学校登山(9/7)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

【お知らせ】
今週末9/8〜9/13はマナスル登山隊・番外編のため休館になります。ランチ、宿泊ともにお休みとなりますのでよろしくお願いいたします。

予報は雨でしたが雲は多いものの山は晴れました。

https://youtu.be/BM-5A1hjX1o

山頂でタイムプラス動画の撮影、ちょっと面白いかも!

さて、本題。学校登山を取り上げると閲覧数も増えて批判的なコメントも多いのですが、私のブログですから思うところを書こうと思います。

今日の小学生の学校登山、ちょっとひどかった。大声で叫ぶ声や怒鳴るような登山者とのあいさつ。たぶん一人がやると周りがどんどんエスカレートしてひどくなっていくのでしょう。公道を周りの迷惑を考えずにエンジンの空ぶかしで騒がしく走り回る輩と同じ。さらに、山頂にはゴミが散乱していました。朝にはなかったので今日の登山者が捨てた昼食のゴミ。小学生が捨てたかどうかはわかりませんが、本当にひどかった。

そして一件の電話。都内の小学校からですが「80人で登って、下山したら山荘でソフトクリームを購入したい」との内容。「どのような主旨で?」と尋ねると「山に登ったご褒美に」との返事。これを聞いてあきれてしまいました。学校の野外教育の場で入笠山はご褒美がないと登れない山ですか?

登山に児童を引率する学校の先生方はもう一度考えてほしいと思います。小学生に安易な達成感は必要ないと思います。入笠山の登山でソフトやジュースといった安易なご褒美も。アプローチが手軽ながら、豊かな自然が残り、素晴らしい景観の楽しめる入笠山は、登山そのものが児童にとってのご褒美ではないでしょうか?登山を通して自然を楽しむ野外教育が何でできないのでしょうか?

電話をしてきた先生にその話をしたところ「それができればいいんですけどね」とまるで他人事のような返事。「あなた教育者でしょ?」とつい声を荒らげてしまいました。

入笠山に年間に数回訪れる親子山学校の子供たち。「登ったらご褒美にソフトが食べられるよ」なんて活動はしていません。親子で山に向かい合って自然の素晴らしさや怖さを真剣に学んでいます。下山してきた子供たちは、山をたっぷり楽しんだと言わんばかりの素敵な笑顔をしています。

うまく伝えられないもどかしさはありますが、山を舞台にした教育現場の実態はかなり酷いものです。

https://youtu.be/c5fPWMq_I0w

朝は撮影を始めた途端にカメラのバッテリー切れ。ガスが迫ってきてなかなかいい絵が撮れると思ったのに残念。

最後はコハダのサービスショット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今夜から明日にかけては強い雨が降り続きそうです。