「飲み放題」カテゴリーアーカイブ

登山靴について書こうと思ったのだけれど・・・(9/20)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日は未明から外が騒がしくあまりにも物騒な気配だったので警察に通報、お客様もいますからね。結果的に事件も事故もなかったのですが、あまりにも非常識な連中でした。おかげで寝不足です。目覚めの悪い朝でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台風でお客様が減ってしまった連休、いまだ!とばかりに温めておいた登山靴についてのブログをたっぷり書いてみようと思いました・・・が、やっぱり台風でも連休はそれなりに仕事も多く(お客様と一緒に飲むのも含めて)途中で断念いたしました。

だって、書き始めたら本一冊できるくらいのボリュームになりそうだったので・・・書きたいことだらけで、いつまでたってもアップされないように思えたので。

以下、途中までの内容です。

==================

台風18号接近中。入笠山も昼過ぎから本格的な雨になっています。

今日は登山靴について語ろうと思います。きっかけはある投稿から。

この投稿に対して私の知人のドクターが「リスクを軽視した、とても危険をはらんだ記事である」と疑問を投げかけたことから。記事を書いた方も、記事中に登場するショップ店員も登山靴というものをまるで分っていないのではないか?。というのが正直な感想。この記事を読んだ方が間違った登山靴選びをしてしまうと思い、改めて登山靴について書いてみようと思いました。

1、登山靴はなぜあんなに固くて重いのか?

答え:『山を歩きやすいから』です。

重力に逆らって、背中に荷物を背負って、不整地を、長時間歩くということが登山の歩行。これを安全に効率よくこなすには固くて重いシューズが一番向いています。本文中にあるような『重くて窮屈だからこそ』です。窮屈と感じてしまうのはちょっと問題ですが、そこそこの重量があり、足にぴったりフィットする(子のフィットするという感覚が問題なのだが)登山靴が日本での登山という行為において選択されるべきシューズなのです。

固いソールは足を守るためですがそれだけではなくて、バランスよく不整地で立つことができるためでもあります。板の床と座布団の上ではどちらが安定して立てるか、固い板のうえであることは疑いのないところ。

単に固いだけではだめ。足指の付け根である関節部分に屈曲性があることも重要。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この部分ですね。登山靴だけでなくすべてのシューズはこの位置の屈曲性が重要で、土踏まずからかかとまでのソールは固くてねじれないシューズが歩きやすくて疲れないシューズです。

このシューズは矢印のアーチの真ん中から曲がってしまうからダメなシューズ。いいシューズは赤い点線に屈曲ポイントがあります。

矢印が屈曲ポイントで点線の部分は固くてねじれない。これがすべてのシューズに共通する良いシューズの基本で、登山靴は特に大切。

ちなみに冬用のシューズはアイゼンの前爪で立つ必要があるので、ソールは全体に固くなります。その分、雪のない登山道での歩行が苦手です。冬用のシューズでも自分の目的とする登山スタイルに合わせてソールの堅さを選ばないと『歩きづらくて、足が痛い』なんてことになります。こんな足のトラブルを持っている方、けっこう多いかも。

次にアッパー。

==================

また続きは書こうと思います。

今日は風の強い一日。

日本気象協会tenki.jpより

日本海にある小さな低気圧がポイント。小さいけど冬季は悪天候をもたらすとても厄介な低気圧です。寒気を伴っているので、暴れます。入笠山も南〜西の風が一日強く吹き、空は冬を思い出すような色をしていました。

こんな時は劇的な雲が見られることがあるので陽の傾く時間を狙って山頂へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう少し西日があればな〜って思いつつ下山しました。

低気圧が通過するとさらに秋が深まっていることでしょう。山荘周辺の最低気温は6〜7℃になっています。お部屋にはファンヒーターがありますのでどうぞご使用ください。

23日(土)の天気が微妙ですが、『天気が悪い時はマナスルで飲み放題!』好評受付中です。

秋色の入笠山(9/13)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今朝の山頂。昨日は強い雨の一日でしたが空気をきれいに洗ってくれたので雲は多いものの空きらしいカラリとした青空の山頂でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、台風18号が気になりますね。連休に登山予定の方は今後の進路をよく確認してください。

日本気象協会tenki.jpより

山の色が秋色に変わりつつあります。日の出の位置も南下し、日の出時間も5時を回るようになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これからは晴れた朝には山頂から雲海が広がる日が多くなってきます。晴れた夜にはキラリ輝く満天の星空を楽しむことができます。マナスル山荘に宿泊して山の秋と星空、朝の雲海を楽しんでください。あっ、天気が悪ければ飲み放題と山の本と映像。のんびり過ごすからこそ味わえる山小屋タイムです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

談話室には山の本がたくさん、ギターもどうぞ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山の映画もいろいろ。

ちなみにこの連休(9/16〜18)、台風の進路を見極めているのかまだお部屋に余裕があります。台風が心配でアルプスなどの登山んをどうしようか迷っている方、『雨が降ったらマナスルで飲み放題』が合言葉です。どうぞお忘れなく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今週末はビーフシチューもたくさん仕込んで皆さんのご注文をできるだけお受けできるように準備したいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

剱岳でも北鎌尾根でもMSBTシャツを着て宣伝してきましたが、入笠山での写真はもしかして初めてかな?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

好評販売中¥3000、サイズサンプルもご用意しています。ビーフシチューを食べなくても購入できます(笑)。

暑くなったので(7/21)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

入笠山も夏の暑さになっています。朝晩は15℃くらいで過ごしやすいのですが(下界からきた方にはちょっと肌寒い感じ)、日中の日差しは山の上も容赦なく照りつけます。日向の気温は25℃以上になることもありますが、カラマツの木陰は気持ちよく過ごせます。

暑くなったので、こんなものいかがでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冷たいサラダうどん¥1000

腰の強いうどんを氷で冷やしたつゆで野菜と一緒にいただく夏限定メニュー。温玉と揚げ玉が食欲をそそります。

水出しアイスコーヒー¥500

入笠山の美味しい水で2日間かけてじっくり抽出した香りのよいアイスコーヒーです。数量限定なのでご注文はお早めにどうぞ。

濃厚プレミアムソフト¥400(ハーフ¥300)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長門牧場の新鮮ミルクを使用したとっても濃厚なソフトクリームです。フレーバーでごまかさない本物のソフトなのでテイストは濃厚ミルクだけ。濃厚なのでワッフルコーンを使用しています。

ホッピー¥300【飲み放題の方は1本¥100】

焼酎はワンショット(100ml)¥600なので、焼酎ワンオーダーとホッピー1本のご注文(合計¥900)で焼酎のホッピー割が2杯楽しめる勘定です。飲み放題の方は特別に1本¥100です!

塩梅水¥250


天然成分で作ったスポーツドリンク。1本を500mlの水で溶かしてお飲みください。色は悪いが飲み口は爽やか。甘くないので飲み過ぎてさらにのどが渇くこともありません。下界での熱中症対策や登山やスポーツの水分補給にもとても効果的です。

防虫ネット¥1500、虫よけスプレー¥1600


今年の夏は山の上も暑い日が多く、例年より虫も多い気がします。顔やからだにまとわりつく虫はちょっと不快ですね。どちらも夏の登山に携行すると安心のアイテムです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕方の貸切の山頂で涼んできました。明日はビーフシチューも50食用意しました。皆さんのお越しをお待ちしております。

 ビーフシチューを食べたらTシャツもお忘れなく。

ビーフシチューの食べ方(7/17)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

海の日の連休から入笠山の夏山シーズンもスタート。陽ざしもひりひり夏らしくなりましたが、カラマツの木陰や山頂の風は高原の涼しさです。

連休スタートの15日はジャズの音色が入笠山に響き渡る『『Jazzlive in Manaslu』Gentle山本と仲間たち Vol.2』のイベントでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

連休中もたくさんのお客様がご利用くださり心より感謝しております。絶品ビーフシチューもご宿泊のお客様の予約も多く、連休3日目の今日は完売でした。

「ビーフシチューをどうしたら食べられますか?」

という問い合わせも多く、わざわざ登ってこられたのにご提供できない申し訳なさもひしひし感じております。ではどうしたら食べることができるのか?

1、山荘に宿泊する

山荘にご宿泊の方はビーフシチューのご予約を受けております。ご予約の時に申し込みされる方も多くなっています。宿泊の方のご予約でランチの販売数が終わってしまうこともしばしば。宿泊することで高い確率で食べることができます(それでも確実ではないのでご注意を)。

2、入笠山についたら山荘にまず寄って予約する

山荘に到着された方のご予約が可能です。入笠山に登るときはまず山荘に立ち寄って、ビーフシチューを予約してからゆっくり山頂やテイ沢のハイキングをお楽しみください。

 それでもこのサインが目に入ったら・・・他にも美味しいメニューをご用意してますので・・・申し訳ありません。

3、土曜日の午前中が狙い目

どうしても登山者の集中する週末に合わせて仕込むことが多くなります。土曜日が一番販売可能数が多い日です。

事前の電話等でのビーフシチューの予約は受けていませんのでどうかご了承ください。宿泊の方が最優先で、次が到着順。1回に仕込める量が50食分であるのと、一回の仕込みに最低2日間かかること、和牛のほほ肉が大量に出回らないなどの条件が重なりたくさん調理のできないメニューです。が、ていねいにじっくり仕込んでいますのでどうかよろしくお願いします。

他にもマナスル山荘本館でお得に過ごすポイントをご紹介すると・・・

  • SNS投稿でランチコーヒーが無料!

ランチタイムはSNS投稿でランチコーヒー無料サービスを実施しています(ご自分のフェイスブックやインスタグラムのアカウントに「#マナスル山荘本館」のハッシュタグをつけて投稿してください)。

  • 飲み放題

ご宿泊の方限定。宿泊費+2000円+マイカップ持参で16:00〜20:00が飲み放題!下は冬のポスターですが、内容一緒で夏も継続中!

飲み放題の生ビールは何と『プレミアムモルツ』です!!

  • ナイトツアーズ

連休中は久しぶりのナイトツアーズでした。夕食後の19:30頃山荘をスタートして夜景や星空、野生動物を観察する約1時間の夜の山歩きです。山荘から八ヶ岳ビューポイントを目指し往復する約1時間のプログラム。歩く場所は舗装道路なので足元の心配はありません。コハダも同行します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加費は大人1名1000円、子供(小学生以下)は無料(保護者同伴)で参加いただけます。事前の予約が必要なので、ご宿泊の予約時にどうぞお問い合わせください。ヘッドランプなどのライトの準備が必要です。

まだまだいろいろあるのですが次回にしましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA