お一人でも宿泊料金はお安いですよ!

昨夜からの雨は午後には小降りになりましたが、一日通して気温は5℃前後。ダウンジャケットが手放せない一日でした。

今日、電話でお客様から「単独だと宿泊料金は高いのか?」とのお問い合わせがありました。

宿泊料金2014

今シーズンのマナスル山荘本館の料金設定は各お部屋の最低利用人数をクリアすると2014年特別価格¥6480(大人・2食付き)で個室利用でご宿泊いただけますとご案内しています。

マナスル山荘本館見取図JPG最低利用人数

たとえば、「つつじ」のお部屋は最低4名でご宿泊いただけると部屋を個室として利用できて料金はお一人6480円になります。「金峰」は2名から。

では、お一人での宿泊は高い料金を払わなければいけないのか?

答えはNOです。

相部屋が前提ですが、男女別の相部屋として「赤岳」「横岳」のお部屋をご用意しているので、お一人でご宿泊の方も6480円でお泊りいただけます。

マナスル山荘本館 相部屋専用「横岳」 12畳のお部屋です – Spherical Image – RICOH THETA

 相部屋のお部屋「横岳」は全天球イメージでご確認下さい。

どうしても一人で部屋を個室で利用したいという方は、最低利用人数分の料金でお部屋を利用していただきますが、ご予約の人数に応じて快適に過ごせる人数に見合ったお部屋をご案内いたしますのでどうぞご安心ください。

ご宿泊の方がみなさん6480円(大人・2食付き)でお泊りいただけるようできるだけの配慮はさせていただきます。

ということでご予約をお願いします。

連休後半、まだお部屋に余裕がありますので予定の決まっていない方は入笠山でのんびり過ごしませんか?もしくは心肺機能を高める高所ランニングで身体を追い込みますか?

楽しみ方いろいろの入笠山、いい季節になってきました。

 

 

 

 

 

入笠山の美味しい水で淹れたコーヒー

今日は雨。

それでも昼過ぎまでは濃い霧のような具合でしたが、14:00頃からは本格的な雨になってきました。

P1020119

外で飲み物を流水で冷やして販売しようとセッティングしましたがこの雨では売れませんね。こんな日は薪ストーブで暖まりながらラウンジで山の本とコーヒーでのんびり過ごすのがいいでしょう。

マナスル山荘本館で提供しているコーヒーをご紹介します。HARIOのドリップ器具を使用した本格的なコーヒーです。

CIMG7336

コーヒーのご注文をいただくとまずは豆の計量。1人前12g、今日は2人分24gの豆をミルで挽きます。

P1020099

ドリップスタンドにサーバーとフィルターをセットしてお湯を注ぎます。フィルターをきれいにするのとサーバーを温めるためです。サーバーが温まったら準備完了。

P1020100

ケトルはコーヒー専用の細口タイプ。

P1020121

挽いたコーヒー粉をフィルターに入れてタイマーとスケールをセット。

P1020101

まずは粉の中央にお湯を注ぎ、粉がドーム状に膨らむ感じで約30秒蒸らします。

P1020103

サーバーに最初の抽出されたコーヒーが落ち始めたらゆっくり粉のドームを壊さないようにお湯を注いでいきます。抽出時間は淹れる杯数にかかわらず同じ時間で進めます。

P1020108

タイマーの時間とお湯の量をスケールで確認しながら繊細にお湯を注ぎ、

P1020112

抽出時間約3分、1杯当たりのお湯200gで抽出完了。

P1020114

カップを温めたお湯を捨てて、コーヒーを静かに注いで完成。

P1020116

カップを持って口に近づけるとコーヒーのよい香りが広がります。砂糖とミルクはお好みでどうぞ。

P1020095

天気のいい時は外のテーブルで、雨や霧の日は山荘内のラウンジで。今日の山歩きを語らいながら飲むコーヒーは格別ですよね。

コーヒーの味を決める重要なポイントは水。

コーヒーはもちろんですが、ご飯や料理すべてマナスル山荘本館の建つ大沢山の湧水を使用しています。入笠湿原を流れる湧水もこの山から湧いています。湿原の多いこのエリアの山は、山自体の保水力がとても優れていて良い水が流れているのです。

入笠山の美味しい水で淹れたコーヒーは1杯400円。ジャズをBGMに山や花の話をしながら美味しいコーヒーを楽しみませんか?

 

 

 

 

標高1800mをランニング

マナスル山荘本館オーナーの速水です。

初めての投稿です。

たま〜に投稿すると思いますが、よろしくお願いします。

 

約10kmあると言われているランニングコース? マウンテンバイク山頂周回コース? を走ってみました。

マナスル山荘本館前の道路を山彦荘に向かってスタート。

道は砂利道です。

山彦荘、早稲田すずらん寮を過ぎ、左に折れます。途中分岐が幾つかあるので注意です。

P1070522

道は砂利道なので、ランニングシューズでもOKです。

約2.5kmを走ると舗装道路に出ます。この間はずーと下りです。

P1070525

長谷村方面に行きます。

P1070527

舗装道路はこんな感じです。たま〜に車が通るので注意です。

P1070528

5km地点です。

P1070529

天気が良ければ中央アルプスが見えます。

P1070530

ゴルフ場? いや牧場です。

P1070535

入笠山登山口方面に。

P1070537

前半は林の中ですが、後半の景色はこんな感じです。

P1070540

残り500mで雪が。まだ30〜50cmあります。

 

舗装道路はダラダラ上り。10kmあると言われたコースは約8kmでした。でも高所トレーニングには最適かと思います。

今回は左回りでの周回でしたが、右回りでランをするのも良いかもしれませんね。

入笠山への登山道の様子

4月27日(日)、今年のGWの前半はまとまった連休になっていないので今日も日帰りの登山者が大勢入笠山山頂を目指して登っています。

P1020058

日中のマナスル山荘本館前の様子。

マナスル山荘本館では休憩のお客様に無料でお茶をお出ししています。山荘内の休憩も無料です。今日はぽかぽかと外茶日和(造語)でしたので外のテーブルで登山者の皆さんとお話ししながらお茶をしました。

山荘前からの登山道の雪の状態を速水オーナーが取ってきた写真でご説明します。

CIMG7363

山荘前、御所平峠駐車場の登山口

CIMG7365

鹿除けのネットに沿って登ります。

CIMG7366

ルートは階段状のステップになっていてアイゼンは特に必要ありません。

CIMG7367

傾斜が一度ゆるくなるあたりは雪がしっかり残っています。

CIMG7368

岩場ルートと巻道の分岐。右手の岩場ルートのほうが歩きやすいです。

CIMG7371

ここから傾斜が急になります。雪も残っているので注意して歩きましょう。

CIMG7372

岩場ルートの「岩場」。鎖が付いていますが鎖に頼らなくても通れます。

CIMG7375

山頂直下

CIMG7376

山頂はまったく雪が残っていません。

2014/04/27 入笠山山頂 10:30 晴れていますが風が冷たい山頂です。 – Spherical Image – RICOH THETA

 山頂の全天球イメージ

山荘前から山頂までまだまだ雪の上を歩きますから下りが心配な方、登山靴でない滑りやすいシューズの方は首切登山口経由で下りましょう。

CIMG7380

登ってきたルートから山頂を超えて向こう側へ下りるイメージ。

CIMG7382

すぐに分岐。左は登ってきた山荘前に戻る巻道。直進は首切清水へ。ここは直進します。

CIMG7383

このルート、もうほとんど雪はありませんので安心して歩けます。

CIMG7387

樹林帯を進むと

CIMG7388

ほんの少しだけ雪が残っています。

CIMG7393

ほどなく首切登山口へ到着。ここからは車道歩きです。

下りてきて左手、写真では右方向に進んでマナスル山荘本館へ戻りましょう。

CIMG7394

途中の八ヶ岳ビューポイントで休憩。山の東側で風がなくゆっくり八ヶ岳の展望を楽しめます。

CIMG7397

車道を下りきったところがマナスル山荘本館前のお花畑。

ここから少しだけマナスル山荘本館へ登り返して休憩するのをお忘れなく。お昼のメニューや注文を聞いてから豆を挽くドリップコーヒーなどを用意してみなさんのお帰りをお待ちしています。

CIMG7336

このコース、マナスル山荘本館から入笠山を一周します、歩行時間は約70分。物足りない方は首切登山口から大阿原湿原へ足を伸ばすと半日コースのハイキングが楽しめますよ。

ランナーのみなさんはこのコースを走るといい心肺トレーニングに、トレイルランニング入門にも最適です。

 

 

4月26日、マナスル山荘本館の新たなスタートです。

2014/04/26 入笠山山頂 7:30 マナスル山荘本館グランドオープンの朝は快晴でした! – Spherical Image – RICOH THETA

久しぶりの入笠山山頂の全天球イメージです。

今日は記念すべきマナスル山荘本館のグランドオープン日。

おかげさまで準備はまだ途中ですが、オープンすることができました。私事ですが、一言この場を借りてお礼を申したいと思います。

昨年の暮れに高崎の店をたたみ途方に暮れていた私にこのような機会を与えてくださった速水夫妻には本当に感謝しております。ありがとうございました。期待に応えられるように頑張りますのでよろしくお願いします。

また、ホシノランニングクラブのメンバーの皆さんにも励まされここまで来ることができました、ありがとうございました。走れるフィールドをたくさん開拓しますのでぜひ遊びにきてください。

本当に大勢の方々にお世話になってここまで来ることができました。まだスタートに立ったばかりです、山好きな皆さんの居心地のいい山小屋づくりをこれからも進めていきますので応援よろしくお願いします。

CIMG7358

今日は穏やかに晴れた登山日和。朝から大勢の登山者やハイカーが山荘の前を歩いています。マナスル山荘本館の建つ御所平峠から入笠山まではまだ雪が残っていますので、トレッキングシューズをご用意ください。

今日の様子

CIMG7356

CIMG7360

お昼の営業がひと段落し、これから夕食の準備です。お風呂も焚かないと(ボイラーですが)!

まだ日中の気温は10℃前後、薪ストーブの音が心地よい季節がもう少し続きます。もう少し暖かいと生ビールもよく売れるかな?ちゃんと500ml入る中ジョッキ使用の生ビールは600円です。登山後ののどをマナスル山荘本館で潤してください。

GWの宿泊もまだ余裕があります。大人1泊6480円、まだGWの予定の決まっていない方は要チェックですよ。

いよいよ明日、オープンします!

久しぶりに投稿します。

いよいよ明日4月26日(土)、私たちのマナスル山荘本館がグランドオープンします。

先週末から、

  • 長野マラソン売店お手伝い
  • 長野市内スポーツショップへのチラシ配布
  • 2トントラックでの高崎からの引っ越し
  • 保健所への営業許可申請
  • ・・・・・

と作業が続き、何かとあわただしく準備作業を続けていたのでブログをサボってしまいました。

ひとまず、保健所の営業許可が下りてホッとしているところ。まだまだ準備作業はやまほどありますが。

どんな作業をしているかというとほんの一部をご紹介。

CIMG7328

レジスターの設定

CIMG7329

生ビールサーバーの設置と設定

CIMG7333

玄関ホールの椅子の作成

CIMG7339

洋式便座の設置

CIMG7338

食堂テーブルと椅子の作成

また、こんな準備も整いました。

CIMG7330

玄関ホールには木製の椅子

CIMG7332

ラウンジに山の本とオーディオ。館内にはHRCメンバーのジャズベーシスト・甘粕氏セレクトのジャズが流れます。

CIMG7336

HARIOのコーヒー器具

CIMG7337

山では大活躍の圧力釜

いよいよスタートという気持ちが高ぶってきました。今夜は興奮して眠れないかも!(準備作業が間に合わなくて眠れない?)

今日一日、しっかり準備をして皆さんのお越しをお待ちしたいと思います。まだまだGW連休中の宿泊予約に余裕があります。今からでも間に合いますよ、まだ予定の決まっていない方、入笠山でのんびりした時間を過ごしてみませんか?

 

昼食メニューご紹介② 「かれーらいす」「カツかれー」

今日は雨ですね。入笠山に入って初めての雨?ではないでしょうか。雪は降りましたけどね。昨日は諏訪へ用足しに出かけましたがTシャツでいいくらいの陽気でした。今朝はダウンジャケットを着ています。気温は低くないけど肌寒い感じ、太陽の恵みは偉大です。

まずは昨日の入笠湿原の様子

2014/04/17 入笠湿原 11:00 – Spherical Image – RICOH THETA

全天球イメージでご覧下さい。

どこかに春を感じるものないかな?とネタを探しましたが見つかりませんでした。もうこれだけ雪が融けて少しずつ緑が増えていることが春なんですね。

今日も4月26日からのランチメニューのご紹介。

【かれーらいす 1000円】

CIMG7315

【三元豚の厚切りロースカツかれーらいす 1200円】

CIMG7316

いわゆるカレーライスとカツカレー。どこも飛び抜けたところはありません。オーソドックスな昔ながらのポークカレーを目指しました。ひらがな表記はなんとなくそんなイメージのカレーだから。

カレーソースの具材は豚ばら肉と玉ねぎのみ。ソースにはちょっとした隠し味を加えてはいますが。

通常ソースで煮込む具材の野菜は別に調理してご飯の上にトッピングしました。野菜のうまみと食感も味わっていただきたいからです。カレーソースで野菜を食べていただく感じで。写真は根菜メインですが、季節に合わせて夏野菜、豆類やキノコなど変化させていく予定です。

ご飯の量はベーシックが200g、ご飯の量は調整しますので「大盛り」「少な目」などご希望をお伝えください。

「カツかれーらいす」のカツは三元豚のロースを使用していて、衣を含めた重量はなんと200g!

CIMG7317

このボリューム!

食べ盛りの胃袋を満足させてくれます。厚切りですがかみ切れるくらいの柔らかさ。実はこのカツを美味しく食べるためのカレーがこのカレーソースの基本のコンセプトでした。

カツカレーのカツにソースをかけるのは〇か×か?そんなことは考えずに、お好きな方はとんかつソースをたっぷりかけて召し上がってください。

カツは半分をつまみに生ビール、残り半分でカツカレーを楽しむ。なんて食べ方いかがでしょう?

【生ビール 中ジョッキ 600円】

今週末は長野マラソン。カラっと晴れて残雪に輝く山々を眺めながら走るということはできそうにありませんが、雨の心配はだいぶ少なくなりました。少なくとも昨年の大雪のレースを考えればとても走りやすいコンディションになると思います。

私は明日の前日受付会場で売店のお手伝いをします。レースで結果が出るシューレースの結び方伝授しますのでお声掛けください。

マラソンのトレーニングにマナスル山荘本館での合宿はいかがでしょう?足に負担かけずに心肺を鍛えられますよ。

昼食メニューご紹介 「鍋焼きうどん」

昨日、4月15日の信濃毎日新聞に「マナスル山荘本館 再出発」というタイトルで地域面で紹介されました。

CIMG7291

同じ紙面に上村愛子さんやソチ五輪メダリストの竹内選手が一緒に載っていて恐れ多い感じです。

さて、今日はマナスル山荘本館でご提供予定の昼食メニューのご紹介・その1。

【鍋焼きうどん 1,000円】

CIMG7297

土鍋ではなくて鉄鍋でご提供する鍋焼きうどんです。

マナスル山荘本館の昼食といえば「山菜そば」をイメージする方が多いと思います。しかし、このイメージを真っ向から変えてしまおうと考え出したのがこの鍋焼きうどん。夏は汗をかきかき、冬は凍えた体を芯から温める山にはぴったりの食事です。

当然こだわりもたくさん詰まっています。

まず、スープ。

かつおだしと鶏のスープを合わせたダブルスープ。

色も薄めであっさり味と思いきやけっこうパンチもあります。

肝心のうどんはしっかり煮込んでも腰が残るうどんを使用、ボリュームは250g。

具材はネギにしめじに鶏肉。

鶏肉は信州ハーブ鶏を使用。一人前50g使用していますから味のある鶏肉をしっかりと味わえます。

極めつけはかき揚げ。

CIMG7301

大きなかき揚げがアツアツのうどんの上にドカンと乗っています。どれくらい大きいかというと、

CIMG7306

かき揚げの高さを玉子と比較。ね、大きいでしょ。

あっ、卵を忘れていました。半熟卵もとろーりと黄身が流れるくらいの火の通りに仕上げてます。

CIMG7299

湯気の上がるアツアツをお召し上がりください。

また、「うどんはあまり煮込まないで」とか「くたくたになるまで煮込んで」とか、「卵は生で」とか「ネギ抜いて」とかのご要望もできるだけお聞きしようと思います。

速水オーナーから「ボリュームあり過ぎ!」といわれた「鍋焼きうどん」。マナスル山荘本館のおススメメニュー第1号、 グランドオープン4月26日から販売予定です。

 

 

今日は満月

今日は満月です。

今年のイベントとして、満月を見に山頂へ登ろうという満月ツアーイベントを企画しているので、日没に合わせて入笠山の山頂に下見に向かいました。

CIMG7292

日没は18:30頃、18:00にマナスル山荘本館を出発しましたがまだ明るいうちに山頂についてしまいました。

風をよけて待つこと20数分。

気づいたら茅ヶ岳の上にすでに月が昇っていました。八ヶ岳あたりから昇るものだと思い込んでいたのでちょっと肩透かしを食らった感じです。

CIMG7293

私のカメラではこれが精いっぱい。

富士見の夜景と、甲府の夜景と満月が写っています。

2014/04/15 入笠山山頂 PM18:30 満月が昇り始めたころの山頂、単なる自己満足の全天球イメージでした。 – Spherical Image – RICOH THETA

 これがRICHO THETAの全天空イメージ。

来月、5月15日に第1回目の満月ツアーを開催したいと思っています。ヘッドランプ必携で日没〜満月〜月明かりウォークを楽しみますのでどうぞご参加ください。

前後の日もありかな?

イベント詳細が決まりましたらまたご連絡します。

今日のお客様。

CIMG7288

椹島ロッジにお勤めの成田さんご夫妻(で、いいでしたか?)

お互い山小屋のお仕事ということで話が尽きませんでした。私は南アルプスにほとんど登ったことがないのでこれを機会に訪ねてみようと思います。

もう一人は

CIMG7290

HRCメンバーの池田さん。

昨年のマラソン大会でレース中に心筋梗塞で倒れ3日間生死をさまよい見事に復活したハチマキおじさんです。

昼間、ハチマキおじさんと入笠山に登ったので、今日は満月と合わせて2度登頂しました。こんなことも入笠山ならではの楽しみ方です。

 

入笠湿原の様子(4/15)

入笠湿原に朝の散歩に出かけました。

2014/04/15 入笠湿原 AM7:00 – Spherical Image – RICOH THETA

全天球イメージで雪どけの様子が確認できます。

木道は8割程度現れてきましたが、湿原が花や植物でにぎやかになるのはまだ先のようです。残雪の山の姿は好きなのでもう少しこの景色を楽しみたいと思います。

CIMG7283CIMG7281  CIMG7285

富士見パノラマのゴンドラの営業は4月26日(土)の予定です。それまでは沢入登山道を歩いてのアプローチとなります。マナスル山荘本館の建つ御所平峠への車道もまだ一般の解放をしていません。

CIMG7286

入笠湿原から入笠山へ向かう途中にこのような標識が出ていますが、登山道はところどころ雪が残っているので、車道を歩いたほうが楽ですよ。

マナスル山荘本館から入笠山山頂までのルートは雪の上を歩きます。朝方は固くしまっていますがアイゼンは必要ありません。ゆるんだ雪でバランスをとるストックがあると歩きやすいでしょう。

アプローチが限られるこの時期、静かな山歩きを楽しめます。山頂の大展望も貸切で楽しめます!!

マナスル山荘本館の営業は4月26日です。。食事は提供できませんが休憩はお気軽にどうぞ。山荘前のトイレも使用できます。気持ちよく使っていただけるように毎日掃除をしています。

時々お問い合わせをいただきますが、伊那方面への道路はまだ雪に覆われています。GW連休中も車や自転車の通り抜けは難しそうです。

CIMG7280

伊那方面、昨日の様子

 

朝はまだ冷え込みます。今朝もうちのワンコの水が凍っていました。

CIMG7287

 

GW宿泊予約受付中!まだ期間中余裕があります。

印刷発注GWチラシA4特別料金JPG