いつ雨が降るか?

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

このブログを読んで、マナスル山荘本館で、私にいろいろ聞いてみたい!という方が増えてきました。お越しくださったみなさん、本当にありがとうございます。

昨日のお客様も、わざわざ四国から。山の歩き方、山用具の使い方、遭難救助のこと、おすすめの山、山の天気・・・いろいろ質問されました。夕食時間に、とてもお話が盛り上がって、楽しい時間でした。本当にありがとうございます。

今日のお客様からは、料理のことをたくさん聞かれました。

天気の質問で一番多いのは「今日、何時から雨が降るか?」

P1030216

朝、見られた雲。まるで龍が空に登っていくような雲でした。

雨と一口に言っても、その時々の大気の状況で、降る状況が違います。先日は寒冷前線の通過で、通過時に短時間の大雨が降りました。

今日は、発達した対流雲による激しい雨が各地で観測されたようです。

large

50mmを超える時間雨量の地域が、長野県内にも、多数観測されています。画像はtenki.jpより。

今日の雲

P1030224

八ヶ岳方面の空ですが、右の白い雲は奥秩父方面。雄大積雲の状態で、まさに発達中。左の高い雲は、輪郭がぼやけています。ぼやけているのは雲が氷でできているから。固体から気体へ昇華しているからです。

右側の雲はまだまだ発達途中。この雲が更に大きくなり、カナトコ状に発達して、雷雨などの激しい気象をもたらします。

写真を撮影した直後に、美ヶ原・霧ヶ峰方面から、雷鳴が聞こえていました。

このような対流雲での雨、いわゆる雷雨は、前兆があります。

  • 空が暗くなる
  • 冷たい風が強く吹く
  • 雷鳴が聞こえる

こんな時は、30分以内に雷雨に見舞われる危険があります。

空が暗くなるのは氷の粒でできた積乱雲が、太陽光を散乱するため。積乱雲の真下は真っ暗です。

冷たい風が吹くのは、積乱雲からの雨と一緒に冷たい空気が吹き降りるから。雷鳴が聞こえたら10km圏内で落雷が起きてます。

つまり、この3点が観測されれば、ほぼ発達した積乱雲の真下にいると思ってください。写真のような対流雲、いわゆる入道雲が近くに見られたら、五感を研ぎ澄ませて、雷雨の接近を素早く判断しましょう。

対流雲による雷雨は局地的に発生するため、土砂降りのエリアの500m先は青空ということもよくあります。雷雨の接近を判断して、下山しても、結局降らなかったということもありますが、それは正しい判断です。大丈夫だろうと登山を続けて、落雷に出会うほうがよっぽど惨め。臆病くらいがいいんですよ。

雨が局地的なため、天気予報で雨と出ていても、降らないことも多いのです。が、それに慣れてしまった、雨具を持たないイケナイ登山者も増えています。

どんなときも、雨具は必携ですよ!!

 

パンは11時に焼きあがります!

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

昨夜はブログ更新後、外へ出て天体観測。天体観測なんて、名前はかっこいいですが、夜空を見上げて焼酎を飲んでいました。

やぎ座とみずがめ座付近の流星群が見られるということで、期待に胸を膨らませて夜空を見上げました。 結果は、数個の流れ星を見ただけ。 もっと東の空が見えないとよく見えないのかな?

23:00過ぎにはガスが湧いて退散。そのまま寝てしまいました。あとで聞くと、翌2:00すぎにはかなりの流れ星(流星?)が見られたそうです。

今夜は場所を変えて夜空を見上げようと思います。もちろん、吉田拓郎の「流星」を聞きながら。

流 星  by 吉田拓郎 2002 6/19

槍ヶ岳山荘から下山して、大宮ソニックシティーで吉田拓郎のライブを聞いて、翌日に山小屋に戻ったことがあります。

P1030188 今日の午後4時ころ、八ヶ岳から甲府方面の上空には、高層雲が広がっていました。

筋状の巻層雲が広がり、この後の天気の崩れを予想させます。諏訪地方も、明日から明後日にかけて雨の予報が出ています。 明日の後半は、本州中央部には500hpaで-6℃の寒気が流入します。午後の天気は要注意ですね。

毎日、焼き立てパンを販売しています。 P1030011 焼き上がり時間は11:00。

山頂で食べたいとの要望も多いので、少し焼き上がり時間を繰り上げることも検討中。

昼食メニューはどちらかと言うと、ガッツリ系ボリューミーなメニューです。山を歩いて、お腹をすかせた方にたっぷり食べていただきたいので。

別の選択肢として、マナスル山荘本館で焼いたパンと入笠山のおいしい水で淹れたコーヒー。この組み合わせは本当にオススメですよ! CIMG7344 今週から、プレーンのクロワッサン(¥200)も登場しました! P1030187 勝沼の「ぶどうばたけ」さんの、本当においしいジャムや、富士見町の特産品、ルバーブのジャムの中で一番美味しい「るんとりんのルバーブジャム」も販売しています。

クロワッサンと一緒に召し上がってください、とっても美味しいですよ!!

今日の夕暮れ。 P1030194 場所は入笠牧場。吉田拓郎つながりだと、ここで「落陽」ですか?歌詞は全く関係ないですが。

今日の風景、陽水を聞きながら。

♪星が見事な夜です♪

いきなり、井上陽水の「なぜか上海」から始まりました。

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

本当に、今夜は星が見事です。山荘の玄関を出ると、夏の大三角形が迎えてくれます。更に今夜は、みずがめ座流星群とやぎ座流星群がピークのようです。この後、山荘前のお花畑に行って星空を見上げてこようと思います。

井上陽水の曲は、「帰れない二人」になりました。この歌にも星が出てきますね、大好きな楽曲です。

昼のピークも終わり、ウニの散歩に入笠山山頂へ出かけました。

P1030157

入笠山山頂、16:30。南アルプスにそって積雲が連なっています。これって、なんだか楽しい風景。雲の表情って、いつも違って本当に面白い。

P1030162

八ヶ岳は、それぞれの山頂に対応して、1つずつ積雲が浮いています。赤岳は、その名前の由来通りの、真っ赤な山肌を見せていました。

P1030167

山頂直下のタカネナデシコ。実際の色は」もう少しピンクかかってます。

BGMは「東へ西へ」から、「闇夜の国から」になりました。

「闇夜の国から」は、まさに新月の今夜にピッタリの曲。陽水の歌の中で一番好きな曲です。

P1030176

御所平峠のお花畑でトンボ。後ろの雲は積雲ですが、これが発達すると積乱雲となり、突然の雨に見舞われます。まさに昨日がそうでした。

P1030151

↑昨日の雨

ということで無理やりですが、次の曲は「夕立」。♪旅人、荷物をかばって、からだが濡れる♪って、とっても目に浮かぶ光景です。

unnamed (4)

夕方、入笠牧場で見た光芒。慌てて撮ったのでピントが甘いですが、きれいな夕暮れでした。

最後の曲は「氷の世界」にしようと思いましたが、やっぱり時期的に「少年時代」ですね。夏休みに、親子で入笠山登山と、マナスル山荘本館で親子山小屋デビューはいかがでしょう。

私の好きな井上陽水の曲を聞きながら、今日見た風景を振り返ってみました。

 

 

 

寒冷前線通過

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日は、日中に寒冷前線の通過があり、山は一時大荒れの天気となりました。

今日、9:00の天気図

2014-07-27-09-00-00-large

北海道にある低気圧から寒冷前線が日本海沿岸に沿って伸びています。天気図はtenki.jpより

この時間の入笠山山頂からの写真です。

P1030148

北アルプス方面は前線接近による雲に隠れて全く見えず。多分この時間の3000mの稜線は大荒れでしょう。

P1030145

八ヶ岳は稜線がすっぽり雲の中。2500m以上は風雨が強いと思われます。

P1030147

前線から遠い南アルプスはいい天気。富士山もくっきりです。

次に12:00の天気図

2014-07-27-12-00-00-large

天気図はtenki.jpより

本州上を寒冷前線が通過中。この時間の入笠山は、

P1030151

土砂降りの雨。ここ数日の猛暑に慣れてしまい、雨具を持っていないハイカーの多いこと!!

私は3時と予想しましたが、雨は2時過ぎには上がりました。

2014-07-27-18-00-00-large

18:00の天気図。

前線は太平洋沿岸まで進みました。

少し前の16:00の入笠山。

P1030154

青空が広がりました。気温は下がり、風が吹くと肌寒さを感じます。

今日のこの天気、割とわかりやすい展開。少なくとも、前線の通過で、「雨がふるかも」くらいの予想は立てられたはずです。今朝の天気予報はさかんに、猛暑に注意を促していましたが、山に登るならば、今日は一時的に。天気は崩れるかもしれないくらいの、大雑把な判断は必要です。

また、天候の崩れが予想できないにしても、雨具は登山の必需品。いくら下界が猛暑でも、雨具を持ってこないなんて話になりません。

更に、何人かのグループで登山に来たのに、バラバラに行動したために、「登っった仲間が下りてこない、雨がふりだしたけど雨具を持っていないので心配」と訳の分からない相談事をしてくる方もいました。

入笠山のような、比較的入門的な山でも、

  • 雨具は必ず持ち歩く
  • パーティはバラバラに行動しない

この2つは、ぜひとも守っていただきたいと思います。

また、天気の変化に意識を向けることも重要。目の前にある天候の変化の兆しは幾つもありますので、意識を少し天気の方に向けてみてください。

山の楽しさは間違いなく膨らむはずです。

夜には、北アルプスの山小屋から、きれいな夕焼けの報告が、いくつも届いていました。

 

夏本番!

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

暑中お見舞い、申し上げます。

P1030118

少しは涼しさを感じていただけたでしょうか?

21:00を過ぎても、外の気温は20℃を維持しています。20℃を超えると入笠山は熱帯夜!というのは真っ赤な嘘ですが、下界の熱帯夜はこんなかんじでしょうか?(20℃で贅沢言うな!と怒られそうですが)

P1030110

今日の入笠湿原。

夏の感じ、たっぷりですね。入笠山も夏本番を迎えています。

P1030108

濃い緑と八ヶ岳

明日も、今日並みか、それ以上の暑さになりそうです。こんな時はやっぱり

P1030081

これですかね、長門牧場の濃厚なミルクで作った【ソフトクリーム¥400】。

期間限定で、

P1020914

八ヶ岳の高原野菜を添えた【サラダうどん¥1000】はいかがでしょう?

焼き立てパンも準備して、明日のご来店をお待ちしています!!

マナスル山荘本館のコーヒーの美味しさの秘密

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日は、阿佐ヶ谷の喫茶店・対山館のご主人、大森さんが入笠山を訪ねてくださいました。

対山館とは、長野県大町市にあった旅館の名前。大正から昭和初期にかけての近代登山の黎明期に、登山基地として、多くの登山家が訪れた旅館です。この旅館の主人が、百瀬慎太郎。登山案内人組合を日本で最初に組織し、後に針ノ木雪渓を登りつめた峠に立つ、針ノ木小屋を建てました。百瀬慎太郎は若山牧水の門下生であったため、多くの文人も、対山館に滞在したようです。

私の最初の山小屋生活が針ノ木小屋、所属していたのが大町山案内人組合。百瀬慎太郎ゆかりの場所で私の山の生活はスタートしました。

現在、対山館は大町にはありません。その歴史ある名前を受け継いたのが東京・阿佐ヶ谷の喫茶店「対山館」なのです。

針ノ木小屋

対山館

P1030093

マスターの大森さん。

マナスル山荘本館に入る前、今年の1月に対山館へコーヒーについて教わりに出かけました。だって、ほんとうに美味しいコーヒーを入れてくれる店ですから。

どんなスタイルのコーヒーにするか?

マナスル山荘本館はHARIOのドリップスタイルを選びました。

CIMG7342

おかげさまで、好評なマナスル山荘本館のドリップコーヒー。

大森さんからコーヒーを淹れる心構えを聞いたおかげでしょうか、「香りがいい」「美味しい」と本当に評判いいんです。大森さんありがとうございます。

そしてもう一つ、美味しさの秘密があります。

それは、入笠山のおいしい水を使用していること。

P1020810

突然、クリンソウの写真ですが、この場所がマナスル山荘の水源です。正確には入笠山ではなくて大沢山。この山は水を貯めるチカラがとても優れていて、冬でも枯れません。すぐ下に高所湿原があるくらいですからね。

入笠山系のおいしい湧き水!これがマナスル山荘本館のコーヒーの美味しさの秘密です。

P1030095

また、いろいろ大森さんにアドバイスを頂きましたので、更に美味しいコーヒーがご提供できると思います。

P1020446ガトー・ノア¥280

美味しいコーヒーに、エルフェンの美味しいお菓子が合いますよ!

注文菓子工房 Elfen

焼き立てパンとの組み合わせもどうぞ。

P1030104

大森さんはヤマケイ別冊「Hutte vol.12 p102」で喫茶店店主推薦の本を紹介しています。

百瀬慎太郎と親交の深かった槇有恒の本を紹介しているのはさすが。槇有恒はマナスル初登頂の登山隊長でしたから、マナスル山荘本館ともちょっとしたつながりですね。

今日の夕焼け。

P1030103

先日、下山した時に寄ったセブンカフェのコーヒー。それまでは美味しいと思って飲んでいたのですが、マナスル山荘本館のコーヒーの味に慣れてしまったせいか、ただの苦いコーヒーでした。

 

ソフトクリームでしょ!

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

朝、ウニの散歩の催促の鳴き声で目覚めました。

実は昨日、夕方の散歩に出かけたら、ウニが倒れました。横になったまましばらく動かなかったのですが、落ち着くと歩き出したのでホッとしましたが。今朝は疲れて、散歩にいかないのではと思っていたので、うれしくもあり催促されるがままに散歩に出かけました。

さすがに足取りは重そうで、走らずに歩いて八ヶ岳ビューポイントへ。

写真を撮るためにリードを柵にかけようとリードを外した途端、疲れているので大丈夫だろうと油断もしていましたが、走り出して山の中に消えてしまいました。

脱走です!!

呼んでも、口笛を吹いても、自由の身のウニには聞こえないようで、私も仕方なく山荘へ戻りました。

その2時間後、泥だらけになって山荘に戻ってきたウニは、何か誇らしげな顔をしていました。きっと楽しかったんでしょうね、何を楽しんできたのかは、ウニのみぞ知るところです。

P1030070

今朝の空。上空に筋状の巻雲が広がっていました。天気が下り坂を知らせる雲ですね。

今日は気温が24℃まで上がりました!

当然、晴れた日は布団干し。気持ちよく布団がふくらんでいきます。

これだけ暑くなると、やっぱりこれですね!

P1030081

ソフトクリームでしょ!

マナスル山荘本館のソフトクリームは長門牧場の新鮮で濃厚な牛乳を使ったミックスを使用しています。

コーンはワッフルコーンを使用。だって、普通のコーンではソフトのコクに負けてしまいますから!

「こんな濃いソフトは初めてです」とか、「今まで一番うまいと思ったソフトよりうまいです」といったお客様の声をいただいています。

蓼科山の地下水と、自家産の牧草、広大な敷地でたっぷり運動した牛の牛乳ですから間違いなく美味いです。

ソフトクリームは、保健所から乳製品の製造販売許可をとった店でしか名乗れない名称。販売許可のいらない、ソフトクリームもどきを販売している店も多いのですが、それはソフトクリームとは名乗れない模造品。味は全く別物です。しかも、マナスル山荘本館は、衛生面でも保健所お墨付きをいただいています。

入笠山にもソフトクリーム(ソフト●●●も含め)を販売している店はありますが、うちが一番!と自信をもって販売しています。

その、コクととろけるような口当たりをマナスル山荘本館で味わっていただきたいと、本当に思っています。

P1030081

マナスル山荘本館の、めっちゃ濃厚ソフトクリームは、¥400で好評販売中!!

ランニング再開

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

梅雨が明けて、暑い日になりました。大番頭のウニも暑さでグロッキー気味。

P1030059

涼しかった朝は、大阿原湿原まで散歩に行きました。

今日は、日没前に時間ができたので、マナスル山荘本館を一回りする8km周回ランニングコースを走ってきました。

Running 07.22.2014 18:13.

山荘から5.5kmまでは下りなので、足はどんどん動いてくれますが、その先の一気に高度差150mを登る区間では10分/kmくらいのペース。

捻挫もあり、しばらく走らなかった身体は、走り方を忘れてしまっていました。足の外側の筋肉を使ってしまい、明日の筋肉痛が懸念されます。できるだけ継続して、秋までに走れる足に戻したいですね。

このコース、途中で入笠牧場の中を走ります。牧場内の牛が逃げないように、道路に設置されているのが「テキサス・ゲート」

P1030065

牛が歩けないように間隔をあけてパイプを渡してあります。走るときは要注意!丸いパイプなので、滑りやすく、隙間に足を落したら足を痛めますので、十分ご注意を。

これも入笠ならではの風景と、珍しく思ってください。

引き続き、ランニングコースをご紹介していきますね。←自分にプレッシャーをかけて走らなければいけない状況を作ってます。

入笠山も梅雨明け

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

関東甲信地方の梅雨明けが気象庁から発表されました。正確には「梅雨明けしたとみられる」という表現です。速報値としての発表なので、梅雨明け確定するのは9月頃になります。

今日は「梅雨明け」のキーワードでブログを書かれる方も多いでしょうね。

入笠山も、梅雨明けの日にふさわしい夏空になりました。ということで、久しぶりの布団干し。午前中にガス(山用語で霧のこと)がかかって、ちょっと慌てました。が、ガスは間もなく消えて、今は夏らしい強い日差しが降り注いでます。

P1030061

P1030062

マナスル山荘本館の屋根の上 2014/07/22 梅雨明け宣言日の空  – Spherical Image – RICOH THETA

 ↑360度の全天球イメージもお楽しみください。

 

昨夜はマナスル山荘新館(建物はくっついていますが、営業は別)で、35cmの大きな望遠鏡で天体観測を体験させていただきました。

P1030063

この観測ドームの中に、

P1030056

大きな望遠鏡が設置されています。土星、天の川、こと座のドーナツ状の星雲を見ることができました。写真はフラッシュで明るく写っていますが、実際の観測は真っ暗なドームの中で行われます。

P1030054

私のカメラではこれが精いっぱいの土星の写真。最近近くのものが見えなくなってきた(老眼?)私は、意味なく緊張して望遠鏡をのぞきましたが、きれいに見ることができました。

マナスル山荘本館に宿泊でも、新館での天体観測はご利用いただけます(お一人500円)。天体観測ができる天気であることと、新館のご主人さんがいらっしゃることが条件なので、ご希望の方は事前にお問い合わせください。

マナスル山荘新館は、星や天体観測のお客様が集まる宿泊施設。マナスル山荘本館は、登山のお客様が集まる山小屋です。それぞれ特徴のある宿泊施設ですので、目的に合わせて、どうぞご利用ください。

望遠鏡での観測の帰り道(といっても徒歩30mくらい)、見上げた空は満天の星空。天の川も夏の大三角形もはっきり見えました。

夕食後に星空を眺めに山頂へ!こんなナイト登山も企画しようと思います。ご希望の方はご案内しますよ。

 

連休の天気は?

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

電話が通じず、皆様に大変ご迷惑をおかけしています。今日、NTTに修理に来てもらいました。詳しくはわかりませんが、雷でケーブルに損傷があった模様。山の上と麓を行ったり来たりで、暗くなるまで作業にあたっていただいた業者さん、お疲れ様でした。ひとまず復旧したようですが、私の携帯090-7632-5292も、予約・お問い合わせにご利用ください。

マナスル山荘本館の屋根の上 2014/07/18 色々な雲が出ていて楽しい! – Spherical Image – RICOH THETA

P1030034

P1030039

17:00ころ、空がなんだか賑やかなので、屋根の上に登って雲を眺めました。高層から低層まで、雲の重なりがよく見えて、いつまで見ていても楽しい空です。天気が崩れる前兆の雲も多いので、楽しいなんてあまり言うと怒られそうですが。

今日はアチコチで、連休中の山の天気を心配する声が、聞かれました。

まず、明日の天気。

2014-07-18-09-00-00-large

天気図はtenki.jpより

本州の南に高気圧があり、一見良さそうな天気ですが、これは地上天気図。上空5000mには-9℃の寒気が日本の上空に入って中部地方はすっぽり覆われます。地上では解析されない梅雨前線も上空にはそれに対応する大気の状態が予測されています。見えないけど梅雨前線は本州上にあります。

本州南の高気圧より、湿った南風が流入し、上空の寒気とのあいだで対流が活発になります。積乱雲の発達による急な降雨、雷など山では注意が必要な天気となりそうです。

明後日はさらに上空の寒気が楔形に本州を突き抜けて居座ります。場所によってはさらに荒れた天気になるでしょう。

海の日となる月曜日は、上空の寒気は抜けますが、潜在的な梅雨前線によりぐつついた天気になりそう。

この3連休、長野県の山岳エリアはあまり良い天気ではないですね。

そこでご提案。

この3連休、高い山はやめて、入笠山で八ヶ岳の雲の観察をしませんか?上空に寒気が入ると八ヶ岳ではどのように対流雲が発達するのか?なんて山の天気が、入笠山ではよくわかります。夏山シーズン直前の天気の勉強にもってこいの場所です。

宿泊の方には山の天気のお話などもしたいと思います。まだお部屋に余裕があるので、明日、明後日の当日予約もOK!ご連絡をお待ちしていますね。

といっても入笠山が雨で、視界がないということも考えられます。山の天気ということでご了承くださいませ。