正しい情報でリスク判断を(3/4)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

春のイベント 5月23日 三宅岳 写真教室 【テーマ:新緑】

参加者募集スタートしました。初心者でも安心して参加できる教室です、どうぞご参加ください。

新型コロナウィルスなのか、天気のせいなのか、休館日だからか今日は静かな一日。こんな

昼過ぎから雪が降りだしました。

積もるといいですね。

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(クラスター対策)(3月2日)

ここ数日は正しい情報を選択し情報を精査することに努めています。私は感染症の専門家ではないし、医療関係者でもありません。あいまいな言い方ですが、山荘のある1800mの山の上での感染のリスクは小さいのではないかと思っています。

山荘は個室対応だし、人口密度は首都圏等の施設などに比べたらかなり小さいと思われます。またウィルスでいえば飲食店は食中毒を引き起こす『ノロウィルス』の感染予防策を常に行っています。ノロウィルスはアルコール消毒に抵抗力を持つ厄介なウィルスなので、次亜塩素酸ナトリウムでの消毒が飲食店では一般的です。新型コロナ感染拡大以前から山荘も当たり前のように感染予防を実施しています。新型コロナウィルスの予防対策もほぼ同じことと認識しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

各種消毒関係の備品も営業施設ですから頻繁に使用しています。

新型コロナウィルスへの対応(2/26)

マナスル山荘の対応は上記の通りです。入笠山にご宿泊、登山に来られる方はいま一度ご確認をお願いいたします。

山の上は比較的安全だとは思いますが、安易に「泊りに来てくださいね」と云えない状況なのは確か。首都圏など感染拡大している地域では山に行くための移動に大きなリスクを伴うことを容易に想像できます。家族構成や仕事内容で判断基準も違ってくると思います。自分の行動が家族や周りの人に大な影響を及ぼすかどうか身の回りの状況を今一度確認していただき、「泊まりに行くか」「今はやめておくか」の判断をお願いいたします。

厚生労働省の見解でも1~2週間の間、感染を拡大させるような行為を控えることによって事態を収束させることが可能と書かれているので、ここは山好きな皆さんもリスクを正しく見極めて行動されるのがよいかと思います。

繰り返しますが再度山荘へランチやご宿泊をご利用のお客様へお願い

  • 感染等が心配な方は遠慮なくキャンセルをお申し出ください。
  • 37.5°C以上の発熱+咳+ 強い倦怠感のある方はご宿泊をご遠慮ください。
  • 風邪の症状のある方は自宅からの外出から控えてください。
  • 山荘内では手洗い用せっけんを使用し手洗いをまめに行ってください。
  • チェックイン後も熱っぽいなど体調に変化があれば遠慮なくお申し出ください。
  • 歯磨き等はご自分のカップをご使用ください。
  • 感染が広がっている地域からお出かけの方は自分が移動することのリスクを十分に検討してください。

登山をする方は常にリスク判断をしているはずです。この能力を今こそ発揮しましょう。

早い時期での感染拡大が収束することを切に願っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この騒動が早く終わって子供たちに安心して山でのびのび遊ばせたい!ということでこの春限定の宿泊プランを後日お伝えします。お楽しみに。

Follow me!


正しい情報でリスク判断を(3/4)” に対して1件のコメントがあります。

  1. はち より:

    私の住んでいる地域では、まだコロナの感染者は出ていません。が、職業柄山への遠征は控えています。公共交通機関での感染の不安やらあります。たしかに山での感染は低いと私も思いますが、感染の広がっている都市からこられている登山者の方もおられると思います。そう考えると多少なりとも山小屋も安全とは言い切れない。。マナスルさんからのこのような発信すばらしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

今できること(3/2)