新しい入笠山の生活様式(5/25)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

営業再開の6月1日に合わせて、マナスル山荘本館がご提案する「新しい入笠山の生活様式」が始まります。

「新しい生活様式」とは、新型コロナウイルス感染症専門家会議からの提言を踏まえて厚生労働省が公表した、感染予防に留意した日常生活の指針です。

マナスル山荘本館がご提案する 「新しい入笠山の生活様式」
簡易版

6月1日からはこの利用法に沿って営業を再開いたします。ご予約はすでにこのウェブサイトから可能ですが、利用人数がコントロールされるため、予約可能であってもキャンセルをお願いすることがありますのでご了承ください。すでに6月にご予約を受けている方には順次ご連絡をしています。

いちばんの対応変更はしばらくの期間、家族、ご夫婦以外のグループは一人一部屋での対応が基本になること。使用できる部屋数が減ります。またランチの営業も席数を減らすので、たくさんのお客様にご提供することが難しくなります。

みなさん、営業再開でビーフシチューをとイメージされているかと思いますが、この新しい「入笠山の生活様式」の移行期間はビーフシチューをご宿泊のお客様のメイン料理とし、ランチでの販売はしばらく休止とさせていただこうと考えています。ご宿泊の皆様はもれなくビーフシチューをお召し上がりいただきます。

ランチメニューもメニュー数を絞った限定メニューで営業いたします。期間限定の「新しい入笠山の生活様式ランチセット」のようなものを急ぎ開発中です。

来週は久しぶりの営業再開と、新しい生活様式で混乱することもありそうです。今週は忙しくシミュレーションをしながらお客様受入れの確認作業をしています。

なお、当初予定していた

【6月末までのリスタート特典】

  • 6月1日(月)〜7日(日)のランチ・お買い物はすべて10%OFF
  • 6月末までご宿泊の方にオリジナルステッカープレゼント
  • 6月末まで2泊目が平日の時は2泊目以降半額

を、このように変更して対応いたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここで手を洗うことが、山荘ご利用のファーストステップ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山荘の館内への誘導もこの通り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ランチの席も窓側に向いて一列横並び。席数は半分以下です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外ならそれほど警戒はしなくて済みそうなので、外でお召し上がりいただける席数を増やしました。ただ、雨の日などは館内の席数を考えると対応人数がかなり限定されそうです。

今回の【マナスル山荘本館がご提案する 「新しい入笠山の生活様式」】は、兵庫県立加古川医療センター救急科医長 およびJMGAファーストエイド/新型コロナ対策担当である伊藤岳先生のアドバイスを受けながら作成いたしました。簡易版は一般的な登山にも引用できる内容になっていますので、今後の登山の再開の参考にしてください。

伊藤先生、ありがとうございました。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。