どこに「Go To」するのか?(7/17)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

東京都内の1日の感染者数が、過去最多のであるとの報道がありました。感染拡大はじわじわ広がっているのでしょうね。

マナスル山荘では、今日現在も特定の居住地域からのご利用を制限しておりません。

マナスル山荘の感染対策は、「新しい入笠山の生活様式」に則った取り組みをしています。

ここでは、

  • スタッフとお客様の感染防止
  • お客様とお客様の感染防止
  • 地域での感染拡大の防止

を主たる目的とした対策に取り組んでおります。利用者数制限や積極的手洗い、スタッフの衛生管理に取り組んでおります。

ご利用にあたっては、お客様のご協力も必要です。

  • 普段から大人数の集まる飲食飲酒の場に出かけていない
  • 夜の街や感染対策のできていないイベントへ出かけていない
  • 毎日の検温や体調管理をしている
  • 密を避ける行動や必要な場所でのマスク着用をしている

というような生活・行動様式が、旅行・登山への条件として求められているわけです。これが「新しい生活様式」ということですね。コロナ禍の今だけではなく、これからずっと続く生活様式だと私は認識しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

と、ここまでが昨夜書いた内容。


ここから7/17の朝。

22日に始まる観光支援策「Go To トラベル」キャンペーンが昨夜、東京発着の旅行を対象から除外する方針となりました。「Go To トラベル」はコロナ後の観光産業の救済が目的のように思われがちですが、旅行での経済効果は観光業だけではなく各産業への波及効果があると考えていますから、「Go To トラベル」のキャンペーンは私は悪いこととは思っていません。むしろ経済全体を回す動機付けにはとてもいいプランだと思っています。

ただ、このタイミングでの前倒しスタートは賛成できません。そもそも、私の山荘のような末端の宿泊施設には、まだ詳細や登録方法の案内もないのです。やっと数日前にキャンペーンの事前説明会の案内が届きましたが、その説明会の日程は長野県では7月28日でした。しかも県内一カ所だけで先着400事業所という少なさ。もちろん申し込みは済ませましたが。「連休にキャンペーンを利用して泊まりたい」と問い合わせをいただいても何も説明できない状態です。

当初は8月上旬のスタート予定だったこのキャンペーン。ここ数日の「Go To トラベル」キャンペーンをめぐる国や東京都、地方公共団体の混乱は、『旅行』そのものがいけないことと思われている方も多いのではないでしょうか?これでは本末転倒。新しい生活様式と各施設での感染対策で、少しづつ緩やかに始まった「旅行」や「登山」が、また『自粛』という名のもとの批判に晒されてしまうのはどうにも納得いきません。

我々のような、小さな宿泊施設には行先の見えない「Go To」になってしまった。どこに「Go To」するのか、事業所にも目的地を教えてほしい。腹を据えて山荘経営に取り組んでいるのだから。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マナスル山荘では「新しい入笠山の生活様式」に則った感染対策、衛生対策をしています。そのうえで、「新しい生活様式」をご理解して生活をされている方をお客様としてお迎えしたいと思います。それでも地域や移動時のリスク、特に周りの人の目など、気にすることはいろいろあるでしょう、職場やご家庭での外出のルールも。お出かけの際のいろいろなリスク判断はお客様にお任せするしかありません。山荘では滞在されるお客様が、ゆっくりのんびり山の生活を静かにお楽しみいただけるよう、今日もお客様を安心してお迎えできるよう、いつもの取り組みを、いつものように進めています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、あじの散歩に出かけましょうか。

※今後も感染の推移を確認し、医療的・政治的な対応をみながら柔軟に取組を変更・修正していく予定です。

Follow me!


どこに「Go To」するのか?(7/17)” に対して4件のコメントがあります。

  1. hiro より:

    マナスル山荘スタッフがコロナ感染防止のため真摯に取り組んでおられるのを知り安心と応援の声を大にしたいと思います。GoToトラベルキャンペーンの協賛説明会も申し込みされたと事を知り頼もしく思いました。しかし現状は、小規模事業所には当初案内もなく説明会の対象も400事業所とは少ないですね。県の観光課は何を考えているのでしょう。
    しかし、利用者には事業者の経営姿勢が肌で感じられます。応援しています。頑張って下さい。

    1. yamaguchi より:

      応援ありがとうございます、頑張ります!

  2. まつえつ より:

    山口さんの発信は、非常にわかりすく、いつも納得しなから読んでます。先日マナスル山荘に行ったとき、しっかり対策をとっていて、安心安全な環境だったし、居心地もよく、過ごせました。陰で相当の努力をされているからこそ、できることなんだと実感しました。その環境を作り出して頂いていることに心から感謝して、利用者もルール遵守はもちろん、一緒に努力しなくてはいけませんね。

    1. yamaguchi より:

      ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。