入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の一日

マナスル山荘本館の山口です。上空の寒気の影響で肌寒い日が続きます。6月に入ると湿原のお花を目当てに大勢のハイカーが登ってくるということなので、5月中の平日にできるだけ作業を済ませたいところです。今日は山荘の一日の様子をお伝えします。

朝は犬を連れて散歩に出かけました。宿泊者がいなかったので入笠湿原から大沢山の林道を探索。歩いてみると色々な場所と道が結びついて山の全体像が見えてきます。意外なところからあんな山が見えたり、いろいろ発見があって面白いですね。

P1020345

今朝の入笠湿原。湿原全体が緑色になってきました。

2014/05/23 入笠湿原 AM7:00 緑の新芽が増えてきましたがまだ目立った花は見られません。 – Spherical Image – RICOH THETA

↑全天球イメージ

通常の掃除や業務を済ませて、午前中は客室の部屋名プレートの作成。

P1020351

数えてみたら14座のうち13座分しかない!作成から漏れた山はどこか?チェックをしたら「アンナプルナ」がありませんでした。ペンキを乾かしている間に急ぎ作成です。

今日も小学生のグループが2校、入笠山に登っていきました。

P1020346

この学校も先頭の先生のリュックの背負い方がペケ!しかも先生のペースが速すぎて列の途中にスペースが空いて慌てた子供が駈けて追いつくを繰り返していました。訓練じゃないんだからねぇ。大人もそうですが山歩きで必要以上にペースを上げると上体の前傾が強くなりすぎ、身体を倒れないように支えながらつま先で蹴らないと前に進めなくなります。一見理に適っているように思えますが、単に身体が前に進まないのを蹴って無理やり身体を前に進めるという無駄で無理な身体の動きです。

つまり、前傾した上体を倒れないように支えるのは身体を前に倒れないように後退する動き、倒れないように頑張っているのに身体を前に進むために無理やり足で地面をけるという矛盾した動きなのです。

人間本来の動きである、足(かかと←重要!)の上に上体の重心があってそれを前に倒すことで自然に足が出て身体が前進するという動きをもっと先生方は勉強してくださいね。山歩きは特にこの動きが重要です。余計に必要のない筋肉を使って無理やり体を動かすことの実害をもっと考えてほしいものです。

昼食の営業が終わった後は外の作業再開。

P1020353

外のテーブルのペンキ塗り。最近自分の姿があまりアップされていないので(気のせい?)、セルフタイマーで撮りました。刷毛を動かしていますがカメラ目線、ちょっと不自然ですね。

ペンキ塗りをしていると八ヶ岳付近に積雲がモクモクと背を伸ばしてきたのが見えました。これはシャッターチャンスとカメラを持って入笠山へ。

2014/05/23  入笠山山頂 PM4:00 積雲の発達が見られますが、積乱雲までに成長したものは入笠山周辺にはありません。 – Spherical Image – RICOH THETA

↑山頂での全天球イメージ

P1020355 P1020356

ここでもセルフタイマー。甲斐駒、仙丈もまた白くなったようです。積雲は伸びたりしぼんだりを繰り返していましたが積乱雲まで発達することはありませんでした。上空の寒気が抜けましたね。南アルプスの南部、北アルプスの南部、群馬県方面、大菩薩方面には発達した積乱雲が見えましたがその方面の天気はどうだったでしょうか? 新緑がきれいなのでそのまま大阿原湿原まで足を伸ばしてみました。  

2014/05/23 大阿原湿原 PM4:30 山が緑色に染まってきました。 – Spherical Image – RICOH THETA

 ↑大阿原湿原の全天球イメージ

P1020365 P1020360 P1020364

カラマツが芽吹いてきて山全体が緑色になりつつあります。新緑の季節がやっと入笠山に到来。グリーンシーズンは今年初めてなので山がどんな姿に変化していくのか楽しみです。

山荘に戻ってきて週末の仕込み、終われば夕食+晩酌とブログの更新。ということで今日の一日終了です。他にも雑用という名の大事な仕事はたくさんありますが全部は書ききれないので主だったものだけご紹介しました。

山小屋にいるとよく「のんびりできていいね!」などといわれますが一日中何かしら仕事して忙しいです。自分で動かないと何事も始まりませんから。決まった休憩時間など無いのでほとんど動き続けています。山小屋リズムともいうのでしょうか?それがまた山小屋にいる醍醐味、楽しいんですけれどね。

 

 

Follow me!


入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の一日” に対して1件のコメントがあります。

  1. ひだか より:

    湿原もようやく緑が戻ってきましたね。
    青々とした湿原の景色が楽しみです。
    部屋の名前も予告通り14座に変わって、また伺える日を
    探る今日この頃です。

  2. yamaguchi より:

    ひだか様

    コメントありがとうございます。
    山に緑が増えてきました、これからの植物の成長が楽しみです。
    部屋の名前もマナスルにちなんでつけてみました。
    またお越しください、楽しみにしています。
    山口信吉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。