マナスル山荘本館の夕食

マナスル山荘本館の山口です。

今日は上空の寒気と南寄りの閉めた空気の流入により各地で激しい雷雨になったようです。入笠山でも時折強い雨が降り雷鳴も聞こえました。明日も引き続き日中は雨の降りやすい天気になりそうですが、マナスル山荘本館は無料で休憩できますので雨宿りにご利用ください。持参のお弁当の方にもお茶を無料でサービスしています。

ランチメニューは時々このサイトでご紹介していましたが、宿泊者の食事はまだお見せしたことがありませんでした。

今日の夕食メニューです。

P1020568

前菜に味付きたまご、長門牧場のゴーダチーズ2種、信州ハーブ鶏の自家製鶏ハム。飲む方にはお酒がススムおつまみにもなります。(中央手前の四角いお皿)

サラダはすべて八ヶ岳山麓でとれた高原野菜。レタス、キャベツ、キュウリ、トマト、ルッコラ。

後方の四角いお皿は信州サーモンの粕漬け。信州サーモンとは長野県水産試験場が約10年かけて開発したニジマスとブラウントラウトをバイオテクノロジー技術を用いて交配した品種です。川魚特有の臭みがなく美味しいのですが味が淡泊。なので粕漬けにすると身がしまりうまみが増します。

右奥の鉄鍋は信州ハーブ鶏と八ヶ岳山麓野菜のエスニック鍋。スパイシーなだしはご飯によく合います。スープにご飯を入れて雑炊にするのもありですよ。

左の黒い丼は「高野豆腐の煮物」と「なすの煮びたし」。テーブルに一鉢ずつ置いて皆さんで分けて召し上がっていただきます。

お漬物は自家製糠漬けか信州みそ漬け。

ご飯は圧力釜で炊いたふっくらモチモチのご飯です。安曇野産コシヒカリを使用しています。味噌汁の味噌も地元の味噌蔵から仕入れています。

写真にはありませんが食後のデザートには長門牧場のクリームチーズに勝沼・ぶどうばたけの干しブドウをジュースで煮詰めたソースを添えてご提供しました。

山小屋ですが地元の食材が手に入りやすい立地ですからこのようなメニューを作ることができます。今後も手に入る野菜に合わせてメニューを組み立てていく予定なので楽しみにしてください。

マナスル山荘本館の夕食、いかがですか?今夜のお泊りのお客様にも好評でしたよ。

 

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。