連休の天気は?

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

電話が通じず、皆様に大変ご迷惑をおかけしています。今日、NTTに修理に来てもらいました。詳しくはわかりませんが、雷でケーブルに損傷があった模様。山の上と麓を行ったり来たりで、暗くなるまで作業にあたっていただいた業者さん、お疲れ様でした。ひとまず復旧したようですが、私の携帯090-7632-5292も、予約・お問い合わせにご利用ください。

マナスル山荘本館の屋根の上 2014/07/18 色々な雲が出ていて楽しい! – Spherical Image – RICOH THETA

P1030034

P1030039

17:00ころ、空がなんだか賑やかなので、屋根の上に登って雲を眺めました。高層から低層まで、雲の重なりがよく見えて、いつまで見ていても楽しい空です。天気が崩れる前兆の雲も多いので、楽しいなんてあまり言うと怒られそうですが。

今日はアチコチで、連休中の山の天気を心配する声が、聞かれました。

まず、明日の天気。

2014-07-18-09-00-00-large

天気図はtenki.jpより

本州の南に高気圧があり、一見良さそうな天気ですが、これは地上天気図。上空5000mには-9℃の寒気が日本の上空に入って中部地方はすっぽり覆われます。地上では解析されない梅雨前線も上空にはそれに対応する大気の状態が予測されています。見えないけど梅雨前線は本州上にあります。

本州南の高気圧より、湿った南風が流入し、上空の寒気とのあいだで対流が活発になります。積乱雲の発達による急な降雨、雷など山では注意が必要な天気となりそうです。

明後日はさらに上空の寒気が楔形に本州を突き抜けて居座ります。場所によってはさらに荒れた天気になるでしょう。

海の日となる月曜日は、上空の寒気は抜けますが、潜在的な梅雨前線によりぐつついた天気になりそう。

この3連休、長野県の山岳エリアはあまり良い天気ではないですね。

そこでご提案。

この3連休、高い山はやめて、入笠山で八ヶ岳の雲の観察をしませんか?上空に寒気が入ると八ヶ岳ではどのように対流雲が発達するのか?なんて山の天気が、入笠山ではよくわかります。夏山シーズン直前の天気の勉強にもってこいの場所です。

宿泊の方には山の天気のお話などもしたいと思います。まだお部屋に余裕があるので、明日、明後日の当日予約もOK!ご連絡をお待ちしていますね。

といっても入笠山が雨で、視界がないということも考えられます。山の天気ということでご了承くださいませ。

 

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。