入笠山も梅雨明け

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

関東甲信地方の梅雨明けが気象庁から発表されました。正確には「梅雨明けしたとみられる」という表現です。速報値としての発表なので、梅雨明け確定するのは9月頃になります。

今日は「梅雨明け」のキーワードでブログを書かれる方も多いでしょうね。

入笠山も、梅雨明けの日にふさわしい夏空になりました。ということで、久しぶりの布団干し。午前中にガス(山用語で霧のこと)がかかって、ちょっと慌てました。が、ガスは間もなく消えて、今は夏らしい強い日差しが降り注いでます。

P1030061

P1030062

マナスル山荘本館の屋根の上 2014/07/22 梅雨明け宣言日の空  – Spherical Image – RICOH THETA

 ↑360度の全天球イメージもお楽しみください。

 

昨夜はマナスル山荘新館(建物はくっついていますが、営業は別)で、35cmの大きな望遠鏡で天体観測を体験させていただきました。

P1030063

この観測ドームの中に、

P1030056

大きな望遠鏡が設置されています。土星、天の川、こと座のドーナツ状の星雲を見ることができました。写真はフラッシュで明るく写っていますが、実際の観測は真っ暗なドームの中で行われます。

P1030054

私のカメラではこれが精いっぱいの土星の写真。最近近くのものが見えなくなってきた(老眼?)私は、意味なく緊張して望遠鏡をのぞきましたが、きれいに見ることができました。

マナスル山荘本館に宿泊でも、新館での天体観測はご利用いただけます(お一人500円)。天体観測ができる天気であることと、新館のご主人さんがいらっしゃることが条件なので、ご希望の方は事前にお問い合わせください。

マナスル山荘新館は、星や天体観測のお客様が集まる宿泊施設。マナスル山荘本館は、登山のお客様が集まる山小屋です。それぞれ特徴のある宿泊施設ですので、目的に合わせて、どうぞご利用ください。

望遠鏡での観測の帰り道(といっても徒歩30mくらい)、見上げた空は満天の星空。天の川も夏の大三角形もはっきり見えました。

夕食後に星空を眺めに山頂へ!こんなナイト登山も企画しようと思います。ご希望の方はご案内しますよ。

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。