マナスル山荘本館のコーヒーの美味しさの秘密

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日は、阿佐ヶ谷の喫茶店・対山館のご主人、大森さんが入笠山を訪ねてくださいました。

対山館とは、長野県大町市にあった旅館の名前。大正から昭和初期にかけての近代登山の黎明期に、登山基地として、多くの登山家が訪れた旅館です。この旅館の主人が、百瀬慎太郎。登山案内人組合を日本で最初に組織し、後に針ノ木雪渓を登りつめた峠に立つ、針ノ木小屋を建てました。百瀬慎太郎は若山牧水の門下生であったため、多くの文人も、対山館に滞在したようです。

私の最初の山小屋生活が針ノ木小屋、所属していたのが大町山案内人組合。百瀬慎太郎ゆかりの場所で私の山の生活はスタートしました。

現在、対山館は大町にはありません。その歴史ある名前を受け継いたのが東京・阿佐ヶ谷の喫茶店「対山館」なのです。

針ノ木小屋

対山館

P1030093

マスターの大森さん。

マナスル山荘本館に入る前、今年の1月に対山館へコーヒーについて教わりに出かけました。だって、ほんとうに美味しいコーヒーを入れてくれる店ですから。

どんなスタイルのコーヒーにするか?

マナスル山荘本館はHARIOのドリップスタイルを選びました。

CIMG7342

おかげさまで、好評なマナスル山荘本館のドリップコーヒー。

大森さんからコーヒーを淹れる心構えを聞いたおかげでしょうか、「香りがいい」「美味しい」と本当に評判いいんです。大森さんありがとうございます。

そしてもう一つ、美味しさの秘密があります。

それは、入笠山のおいしい水を使用していること。

P1020810

突然、クリンソウの写真ですが、この場所がマナスル山荘の水源です。正確には入笠山ではなくて大沢山。この山は水を貯めるチカラがとても優れていて、冬でも枯れません。すぐ下に高所湿原があるくらいですからね。

入笠山系のおいしい湧き水!これがマナスル山荘本館のコーヒーの美味しさの秘密です。

P1030095

また、いろいろ大森さんにアドバイスを頂きましたので、更に美味しいコーヒーがご提供できると思います。

P1020446ガトー・ノア¥280

美味しいコーヒーに、エルフェンの美味しいお菓子が合いますよ!

注文菓子工房 Elfen

焼き立てパンとの組み合わせもどうぞ。

P1030104

大森さんはヤマケイ別冊「Hutte vol.12 p102」で喫茶店店主推薦の本を紹介しています。

百瀬慎太郎と親交の深かった槇有恒の本を紹介しているのはさすが。槇有恒はマナスル初登頂の登山隊長でしたから、マナスル山荘本館ともちょっとしたつながりですね。

今日の夕焼け。

P1030103

先日、下山した時に寄ったセブンカフェのコーヒー。それまでは美味しいと思って飲んでいたのですが、マナスル山荘本館のコーヒーの味に慣れてしまったせいか、ただの苦いコーヒーでした。

 

Follow me!


マナスル山荘本館のコーヒーの美味しさの秘密” に対して1件のコメントがあります。

  1. 松川村住人 より:

    先日は美味しいビールとソフトクリームに癒されました。
    長門牧場ソフト私も大好き!
    マイ ベスト1です。
    珈琲も美味しいんですね。残念( ; ; )淹れていただけばよかった〜
    ウニちゃんも気になります。
    そして、青い空と雲 プラネタリウムも、是非またうかがいます。

    1. yamaguchi より:

      松川村住人さま

      コメントありがとうございます。
      自転車を漕いで坂道を登った後だけに、美味しかったでしょう。
      こだわりのコーヒーですが、水がいいので素直なコーヒーです。
      山の空気の中で、肩肘張らずに飲んでいただきたいと思っています。
      ソフトクリームは長門牧場の濃厚ミルクですが、夕食のデザートや前菜にも長門牧場の乳製品を使用しています。
      ぜひ次回はお泊りでお越しください。

      ありがとうございました。
      山口信吉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。