入笠山を知っていますか? 2

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館のマネージャー山口です。

今回マナスル山荘を新規運営するにあたり友人知人へ「入笠山」「マナスル山荘」と伝えてもなかなか場所や様子を理解してもらえません。

なので地図をアップ、入笠山はここにあります。

※Google mapより

入笠山の地図

長野県富士見町からのアプローチが一般的、電車では東京からJR中央線の「特急あずさ」で富士見駅下車、新宿からの所要時間2時間15分です。富士見パノラマスキー場の営業期間は駅からシャトルバスが運行されています。シャトルバスの時間はスキー場HPよりご確認ください。

マイカーなら中央道・諏訪南ICより富士見パノラマリゾート駐車場(無料)へ。諏訪南ICから約10分でスキー場に到着です。

ここからは富士見パノラマリゾートのゴンドラ利用します。入笠湿原近くまで一気に上り詰めます。往復の料金も冬山登山券(滑走しないゴンドラ往復券)が設定されていて、1600円でゴンドラの往復利用が可能です(スキー場HPにお得な割引券が用意されています)

ここからマナスル山荘本館までは歩行時間約30分です。

P1060611CIMG6645

冬季期間、ここからは雪山の世界になります。雪山登山の装備が必要ですから安易に入り込まないようにお願いします。

 

入笠山

入笠山(PDF)←クリックしてご確認ください

 

冬季期間は積雪のためマナスル山荘本館まで車で上がることはできません。11月〜4月末まで沢入登山口にある駐車場に車を止めて登山道を歩いて登ります。歩行時間は約1時間です。電車の場合は富士見駅から沢入登山口までタクシーをご利用ください。

 

5月〜10月の雪のない時期のマイカー規制期間以外はマイカーで登ってくることができます。雪が解けたら詳しくお伝えしますね。

諏訪南ICからマナスル山荘本館まで17km、所要時間は約40分です。道路は舗装されていますがところどころヘアピンカーブやガードレールのない山道を通りますので運転は慎重にお願いします。

入笠山入笠山

これも夏季限定ですが、もう一つ伊那谷からアプローチする方法があるようです。私も未だ通ったことは無いのですが、伊那市観光協会公式ホームページで紹介されていました。桜で有名な高遠城址公園のある伊那市です。

伊那谷 入笠山

伊那谷(PDF)

ざっくりな案内ですが、おおよその位置はご理解いただけたでしょうか?

手軽にアプローチできて山の魅力を存分に味わえる入笠山のアクセスはこれからも季節ごとにご案内していきますね。

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。