これも仕事です!

4月から入笠小屋の山小屋・マナスル山荘本館のマネージャーとなる山口です。

14日に八ヶ岳をぐるりと回る現地視察と取引先訪問に行ってきました。

天気も良く、高崎からも八ヶ岳が良く望める絶好の天気です。

ルートは佐久から清里経由で小淵沢〜白州〜富士見〜茅野〜諏訪〜松本の6施設。普段あまり通らない清里ルートから八ヶ岳東面をまわって小淵沢到着。

最初は「ウィンドスター八ヶ岳」。

WIND STAR 八ヶ岳

CIMG6701

入笠山を舞台にしたスノーシューツアーが人気で地元ならではの山を知り尽くしたイベントを企画しています。団体ツアーにはできないアウトドア体験ができますよ!

 

続いて八ヶ岳の山裾を下りて甲斐駒ケ岳のふもと白州へ。

第2の目的地は「シャルマンワイン」。

シャルマン

甲斐駒ケ岳を見上げるヨーロッパ系ワイン専用自社ブドウ農園があり、45年間栽培からワイン熟成まで、本格熟成ヴィンテージワインに取り組んで いる栽培醸造ワイナリーだそうです。

unnamed (4)

お隣りの県ですが、入笠山がある南アルプス前衛の峰々の山麓のワインです。山の上で楽しく飲めるワインを試飲をしながらピックアップしてきました。

 

次はJR富士見駅。

駅に用事があったのではなくてオーナーの速水氏が地元の銀行に立ち寄っている間に富士見駅周辺を散策してきました。

CIMG6702

駅の周りに店舗は無くひっそりとしています。入笠山の電車での玄関口になるのにこれはちょっと寂しい。シャッター通り化した駅前商店街には面白い商店が数件ありました。

続いて茅野へ移動。

八ヶ岳登山の玄関口となる街です。

ここに業務用食品が購入できるスーパーがあるということで見学。

CIMG6703

急ぎ必要なものはある程度ここで揃いそうです、押さえておきましょう。

 

続いてお愉しみ第2弾、真澄のお酒のテイスティングに諏訪へ。

unnamed (5)

全量自社精米の米を使ったこだわりの酒造りをしている蔵元。

真澄 (宮坂醸造株式会社)

長野県のお酒というと真っ先に浮かんでくるのがこの「真澄」ではないでしょうか。マナスル山荘本館の立つ入笠山の山裾に「富士見蔵」という真澄の蔵があり、入笠山の森を流れてきた水を仕込みに使っているようです。まさに入笠山のお酒ということでぜひ取り組みたいお酒。

unnamed (6)

 

試飲はお一人300円で、試飲に使うグラスを試飲後にお持ち帰りできます。冬限定の酒から始まり〜純米〜山廃〜吟醸と進みます。1本1本説明を聞きながらの本格的な試飲。違いがよくわかり納得でした。

unnamed (7)

この時の試飲テーブルに置かれていた塩、これが旨い!

CIMG6704

越後の「藻塩」という塩で、料理に使ってみたい旨みの多い塩でした。

最後に以前の山小屋生活でお世話になっていた食品の業者さん「日本冷食販売(株)」を訪ねて松本へ。何年かぶりに訪れた私たちを専務の二木さんが温かく迎えてくださいました。ありがとうございます。

山小屋といっても食事はとても大事。食材を何を選ぶか?どのように調理するか?どのように提供するか?どのようにおもてなしするか?

マナスル山荘本館でも登山やハイキングに訪れたお客様に提供させていただく料理にはこだわっていきますので話が通じる業者さんがいるのはとても心強いです。これからもよろしくお願いしますね。

こうして八ヶ岳をぐるりと回るこの日の仕事は終了、家に帰ったのは22:00でした。運転していただいた速水オーナー、ありがとうございました。

お土産に買ってきたシャルマンワインの白、今夜はこれで晩酌します。

CIMG6705

 

 

 

Follow me!


これも仕事です!” に対して2件のコメントがあります。

  1. 関良一 より:

    長野は日本酒もワインもいいのがありますよね。私はお酒は強くはありませんが、好きなので、ますます楽しみです。(だんだん目的が変わってきた・・・)

    1. yamaguchi より:

      関様
      コメントありがとうございます。
      「お酒が楽しめる山小屋」も私たちのコンセプトの一つです。
      甲府〜諏訪に通じる甲州街道沿いには美味しいワインや日本酒を熱心に作っておられる方が多いので選ぶのも仕事と言いながら私たちの楽しみにもなっています。
      山口信吉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

黒斑山登山

次の記事

北八ヶ岳・天狗岳登山