GW直前の山頂ルート状況(4/28)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

お待たせしました。いよいよ明日よりグリーンシーズンの開幕です。ランチも営業再開(10:00〜14:00)です。新メニューも始まりますので前回のブログをチェックしてください。

新メニュー始めます(4/26)

春になっても最低気温の低い日が多く、残雪も多く残っています。今朝は5:00の気温がマイナス5℃でした!。山荘から山頂まではルートのほぼ半分が雪に埋まっている感じ。深いところもあり、氷化しているところもあり、雪が融けた場所はぬかるんでいたりして大変・・・ではなくて面白い状況です。「あっ、まだ雪が残っているんだ」とか「どこに足を乗せると踏み抜くか?」なんて面白がって残雪の入笠山を楽しんでいただければと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただし、スニーカーやローカットのシューズでは歩きにくいのでトレッキングシューズ以上をご用意ください。雪で滑って手をついてもいいように軍手や防水の作業手袋。靴下の替えやパンツ(ズボン)の替えもあると安心です。必要であればストックも。

雪道を楽しんで(苦労して?)登ればそこは大展望の山頂。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山岳エリアの残雪が美しい季節です。

ルートの詳細は動画をご覧ください。

山荘から山頂。岩場コースはほぼ山荘に埋まってます。 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

山荘から岩場コースを経由して山頂。岩場コースは雪に慣れた方なら楽しいコース。(地図の赤ルート)

続いて山頂から巻き道ルート。雪のないところはかなり泥濘んでいます。 #マナスル山荘本館

Nobuyoshi Yamaguchiさん(@club_manaslu)がシェアした投稿 –

 雪になれたない方は巻道ルートを登山下山に使用してください。(地図の青ルート)

下りに雪道はちょっと心配という方は首切清水への登山道を下山して林道経由で戻ることができます。雪は全く残っていません。(地図の緑ルート)

濃厚プレミアムソフト(フル400円、ハーフ300円)も明日から販売開始です。

Follow me!


GW直前の山頂ルート状況(4/28)” に対して 3 件のコメントがあります

  1. 浩司 より:

    こんにちは。
    入笠山で検索してて辿り着きました。
    山登り初心者なのですが、一度入笠山に登ってみたいと思っております。

    まだ、登山靴しか持っていなくてちゃんとしたリュックを購入しようと考えています。
    入笠山に登る際は、何ℓくらいのリュックを使用したら良いでしょうか?
    山用用品店に行っても、リュックの種類が多くてどれを選べば良いのか悩みます…。
    オススメのリュックなどあれば教えて頂けませんか?

    入笠山以外でも、今後登山を趣味として続けれたら良いかなと思っています。

    1. yamaguchi より:

      こんにちは。

      リュックには雨具、軽食、水500ml程度、地図、ライトがあれば入笠山に登るだけでしたら十分です。なので小さなリュックで登山は可能です。火器や調理用具、春秋の防寒具が入れば20〜30Lのザックが必要です。
      今後目指す登山スタイルに合わせてザックは購入されるといいと思います。日帰りの登山が中心なら30Lくらい、山小屋宿泊を考えているなら40L前後。
      自分の体形とのフィット感が大切なのでお店で背負ってみてください。ポケットがあちこちにいっぱいついているタイプは一見便利そうですが使いにくく、パッキングなどの基本も覚える妨げになります。

      1. 浩司 より:

        ご返答ありがとうございます。

        30Lくらいのリュックを購入しますね。
        ポケットが多い方が使い勝手が良いと思っていたのですが、違うのですね…。
        パッキングも覚えたいので、ポケット無しのタイプを探してみます。
        老舗メーカーの定番モデルを選ぼうかなと思っております。

        先日、友人達と伊吹山1377mに登ってきました。
        体力の無い私でも、ゆっくり登れば登頂出来ました。
        先ずは、基本的な装備類を揃えたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。