積もりました!(2/2)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

冬の入笠山にはマイカーで登ることはできません。富士見パノラマのゴンドラをご利用ください。例え4WDのチェーンで新雪を駆け抜けたいと思ってもたくさんの登山者が楽しみにしている雪山をタイヤの跡で荒らすことはご遠慮願います。このお話は後にして……

昨日の正午前から降り出した雪は静かに積もり続け、朝までにたっぷり積もってくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤ポールのスノーシューコースではこんな景色を楽しめます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂では気温差のせいか雲海が広がっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

静かな降りだったので、山頂も珍しく雪に覆われています。

山荘前のゲレンデはこんな感じでルートを使い分けていただけるとどなたも楽しめます。ヒップそりは登山道となるメインのトレースでは絶対にやめてください。ゲレンデ内で楽しみましょう。山荘でそりを無料で貸し出ししていますが、山頂へもっていこうとする方にはお断りしています。

最初の話に戻って......

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

満月の夜に山の上で月食を見ようと無理に雪道を登ってきた結果。車の持ち主は春まで車を引き揚げることを諦めました。というか、無理に掘り出して雪を荒らすのはやめてほしいとこちらから伝えました。

入笠山は2000m近い雪山を手軽に楽しめるエリアです。車の輪達でスノーシューや登山の楽しみがどれだけ失われるか・・・4WDでもチェーンでも車を乗り入れることは本当にやめてほしい。この話はまた改めてお伝えしたいと思います。いま山で起こっている『自分だけ楽しければいい』というスタイルを行政がどう考えて山を規制していくか、どのような人たちに楽しんでもらうのか、『エコパーク』としてもっと議論すべきではないでしょうか?

入笠山は本当に山の好きな方が楽しめる山でいてほしいと思っています。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。