【速報】スノーシュー!(1/21)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

山荘前のゲレンデ

まだまだ少ないですが、山荘前のゲレンデでは新雪をスノーシューで楽しめるくらいの積雪になりました。山頂への登山道もところどころ吹き溜まりになっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入笠湿原はまだ積雪が少なく、スノーシューで斜面に入るのはためらわれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂も風で飛ばされて積雪はありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

積雪状況をまとめると・・・

富士見パノラマゴンドラ山頂駅〜入笠湿原                 スノーシュー△、チェーンスパイク◎

入笠湿原〜マナスル山荘本館                       スノーシュー〇 チェーンスパイク〇

山荘前ゲレンデ                             スノーシュー◎◎

山荘〜入笠山山頂                            巻道ルート スノーシュー〇 チェーンスパイク〇             岩場ルート スノーシュー△ チェーンスパイク〇

山荘前のゲレンデから山頂へ上るスノーシュールートの開設は雪が少なくまだ先になります。

山頂へ上る夏道も雪の少ない場所もありますから、スノーシューで通して登ることはできません。状況を見ながらスノーシューの脱着を判断してください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なお、一見素敵な雪原に見える入笠牧場の牧草地ですがすべて対入り禁止区域です。所有者のある管理地ですから不法侵入になります。安易に立ち入らないようにお願いします。よく見るとわかりますが、入笠牧場は入笠山の西斜面に位置するので冬の強い季節風により雪が飛ばされて見た目ほど積もってません。飛ばされた雪は山荘前のゲレンデや東斜面に吹き溜まり、スノーシューのフィールドを作ります。

明日以降も雪の降りやすい状況が続きそうです。さらなる積雪を期待しましょう。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。