連休の登山は再考を(10/9)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

日本気象協会 https://tenki.jp/bousai/typhoon/japan-near/

台風19号が接近中、この週末に広い範囲で影響が出そうです。12日(土)から13日(日)にかけて日本列島に直撃するコースが予想されています。

予報円の中心をとおる進路を進むと入笠山に最接近するのは12日の昼頃になりそうです。また暴風警戒域も本州の中部山岳エリアをスッポリ覆っています。

入笠山の場所から考えると12日は東〜北寄りの強風となり、13日は北〜西の強い風が吹くでしょう。11日夜から13日午前中は強い雨にも警戒が必要です。

台風の風は地形によりかなり変化し、それに伴い変則的な突風や局地的な雨になりやすく、予報がとても難しい。台風が接近してもそれほどの風雨ではなく通り過ぎてしまうこともあります。最近は気象庁以外のヨーロッパやアメリカの天気予報モデルが簡単に見られますが、それぞれに若干の予報のずれがあってどれが正しいとは言えません。

山荘はこの週末は営業していますが、ご宿泊の予約をされている方は今後の台風の予報を継続して確認して下さい。 台風の接近ですから前日のキャンセルもキャンセル料なしで対応いたします。

お客様の住んでいるエリアが出発の時にはそれほど荒れた天気ではなくても宿泊翌日に帰宅困難になったり、向かっている道中で大荒れのエリアに入り込み災害に遭うことも考えられます。道路の通行止めや交通機関がマヒしていて行けない帰れないという状況も考えましょう。目的の山の天気だけではなく、移動エリアや時間軸で天気を判断することはいつもの登山でも大切なことです。

12日は『教えて、マナスル先生「みやび養蜂・渡辺先生」』がありますが開催は難しそう。13日は『Jazzlive in Manaslu Gentle山本と仲間たち』のイベントがありますが、こちらは今のところ開催予定です。ただ奏者が山に来られない事態も考えられますから何とも言えませんが。

いずれにしても明日までは台風接近前の準備ができる日ですから、予報を何度も確認をして備えてください。何度も言いますが、台風の接近ですから前日のキャンセルでもキャンセル料なしで対応いたします。ご宿泊予定のお客様、入笠山登山予定の登山者はこの機会ですから天気予報の各資料をじっくり検討して、連休の行動を再考ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は快晴の一日。朝の最低気温は2.3℃でした。久々の冷え込みでカラマツの色づきがやっと進みました。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。