ちょっとだけスノーシューできます(12/24)

入笠山の山小屋、マナスル山荘本館の山口です。

今日は山頂へルート偵察。トレースを付けるためにスノーシューで行きましたがとても歩きにくかったです。山全体に雪が積もって雪山らしさはたっぷり味わえます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

場所は限られますがスノーシューができるくらいの積雪になりました。20〜30㎝の積雪量ですが山荘前のゲレンデではスノーシューが楽しめます。山頂へのルートにはチェーンスパイクや軽アイゼンのほうがいいでしょう。スノーシューでは木の根や岩にスノーシューをひっかけて歩きにくいです。場合によっては壊してしまうかも。スノーシューは山荘前のゲレンデでお楽しみください。

今日のルート偵察のコースはこの冬のおすすめ周回コースです。

山荘〜夏道登山道〜岩場迂回コース〜山頂〜首切登山道〜新道(入笠山東周回ルート)〜ゲレンデ〜山荘

山荘〜分岐
巻き道と岩場コースの分岐

分岐は「岩場迂回コースへ」。岩場コースは吹き溜まりができ結構埋まります。冬の季節風ももろに吹き付けるので冬はおすすめしません。

迂回コースからの山頂直下

登山道には岩や木の根が露出しているところもあり、山頂へのルートはスノーシューには不向きです。軽アイゼンやチェーンスパイクが歩きやすいですよ。

入笠山山頂

山頂からはぐるっと雪山を眺めることができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

秋に開通した新道からの八ヶ岳。正式名称がないので命名したほうが混乱しなくていいのですが。とりあえず「入笠山東周回ルート」と呼んでおきます。冬は大阿原に向かうのにとても便利なルートになりそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山荘前のゲレンデ最上部に出ました。逆コースでここから入ると山の知識のない方は山頂ではなくさらに南の大阿原に向かってしまいます、地図を確認して歩いてくださいね。ここには道標が必要かな。

ゲレンデを下から見たところ。スノーシューをやるならこの斜面がおすすめ。

富士見パノラマゴンドラ山頂駅から山荘に向かうとこの景色に出会います。入笠山の知識のない方は赤ルートで山頂に向かってください。青ルートは山頂を巻いて首切清水〜大阿原に向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日も冬山らしい一日でしたね。ちょっとだけですがスノーシューにも楽しい雪質です。

Follow me!


ちょっとだけスノーシューできます(12/24)” に対して2件のコメントがあります。

  1. 富沢 隆 より:

    山口さん、こんばんは!
    大晦日にお世話になります富沢です。

    入笠山にスノーシュー履けるくらいの雪が付きましたか!嬉しいですね。
    ここ数年の大晦日は少な目の雪で悲しかったので、今年こそはとおおいに期待しております。
    まあ、どちらにしてもマナスル山荘での年越しは心地よくて、最高なのですが…。

    みなさんとの再会が待ち遠しいです。

    1. yamaguchi より:

      富沢 隆さま
      まだ降りそうな予報ですね、積もったらぜひスノーシューを。
      楽しみにお待ちしております。

      山口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。